凛と蘭と気まぐれ日記

東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

島根の風景

[ リスト | 詳細 ]

全国で1、2を争うほど認知度の低い島根県。でも、こんないい所もありますよ。
記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

松江市街地のほぼどこからでも、確認できる建物がある。それは、山陰合同銀行本店のビル。1997年に建てられたもので、高さ75m、14階建てのビルである。景観上の理由もあって高い建物がない松江ではもちろんのこと、島根県内でも1番、山陰でも1番高いビルである。
 
案外と知られていないが、最上階の14階は展望室となっており一般に開放されている。もちろん無料である。
 
建設時には景観論争があった。私もどちらかというとよろしくないと思っていたので今まで行くことはなかったが、考えてみるとどこからも見えるということは、展望も素晴らしいということである。変なこだわりは捨てて、上がってみることにした。
イメージ 1
 
銀行の入口とは別の場所に直通のエレベータがあり、そこから直接展望室に行ける。
 
エレベータを降りると東側が見える。
イメージ 2
 
眼下には大橋川、  松江大橋からくにびき大橋、その向こうには小泉八雲も登ったとされる嵩山が見える。
イメージ 3
 
続いて、南側の展望。
イメージ 4
 
宍道湖と嫁ヶ島。県立美術館の銀屋根の反射が眩しい。
イメージ 5
 
最後は西側の展望。宍道湖東岸の一等地からの眺めはやはり一番である。
イメージ 6
 
南側には、嫁ヶ島。その向こうには玉造温泉がある。
イメージ 7
 
西側は宍道湖西岸までが一望でき、その向こうには出雲ドームまでが見える。(中央部分の白い点)
イメージ 8
 
眼下には宍道湖大橋と  松江しんじこ温泉。
イメージ 9
 
北側は壁があって展望が悪いが、小さな覗き窓を覗くと・・・。
イメージ 10
 
松江城を望むことができる。松江城に遠慮し、相対的な高さでは天守閣より低い位置となっているはずである。
イメージ 11
 
山陰合同銀行本店展望室
 住所 島根県松江市魚町10番地
 休日 年中無休
 営業時間 11月〜3月  9:30〜17:30
         4月〜10月 10:00〜18:00
 入場料無料

開く コメント(2)

雪の舞う松江を歩く

夜中にしんしんと雪が降ったらしく、朝起きたら雪が積もっていた。気象台発表だと23cm積もっているらしい。
イメージ 1
 
県民会館で研修があるという妻を送っていくついでに、松江城近辺を歩いてみることにした。幸いなことに空は晴れている。
イメージ 2
 
しかし、冬の山陰。天気はめまぐるしく変わる。県民会館についた時には雪が降り出していた。
 
松江城のお堀に浮かぶ水鳥たちも寒そうだ。
イメージ 5
 
松江城の天守閣がある本丸には多くの観光客が訪れていた。松江に住んで長いが、雪が積もった天守閣を見るのは初めてである。
イメージ 6
 
本丸からの天守閣もいいが、二の丸から垣間見える天守閣も意外にいい。
イメージ 7
 
塩見縄手にまわり北堀橋から天守閣を見る。この近くに昔住んでいたので、見慣れた風景なのだが、雪が積もっているとまた新鮮だ。
イメージ 8
 
モノクロームの世界に、市内遊覧バスの赤が映える。
イメージ 9
 
堀川遊覧の船はこの時期こたつ舟なのだが、風が強く寒そう。実際に何年か前に乗船したが、陸上とは違った風の強さで異常に寒かった思い出がある。
イメージ 10
 
昼時になったので、武家屋敷横のそば屋「八雲庵」に立ち寄る。
イメージ 11
 
ここのお勧めメニューは「鴨なんばんそば 900円」。先ほどカモをいっぱい見てきたのでちょっと微妙だが、暖かくてコクのあるだしは文句無く美味しい。
イメージ 12
 
割子2枚とセットで、1360円。
イメージ 3
 
そのあと、宍道湖の夕日スポットへ寄ってみた。やはり人影はなく、水鳥たちが静かに浮かんでいた。寒そう〜。
イメージ 4
 

開く コメント(0)

宍道湖の夕景

昨日の夕方、突然思い立って宍道湖の夕日を見に行きました。
 
場所は国道9号沿いの夕日スポット。駐車場に車を止めて嫁が島が見える場所へ。もう、日が沈みかけていました。
イメージ 1
 
宍道湖岸には、すでに多くの観光客やカメラマンが。
イメージ 2
 
嫁が島と夕日が一直線になる場所を確保し、日没を待ちます。
イメージ 3
 
日没に合わせて、遊覧船も出航。いよいよ、クライマックスです。
イメージ 4
 
午後7時ごろ、北山山系に夕日が届く一瞬。
イメージ 5
 
そして、ゆっくりと隠れていきます。
イメージ 6
 
その時、私の前に一組のカップルが。夕日が沈みきるまで静かに見つめていました。
 
あまりにいい雰囲気なので、思わずシャッターを切りました。
イメージ 7
 

開く コメント(4)

松江城山の桜

つい先日開花宣言が出たばかりの城山の桜。その後、一気に咲き始めているといううわさを聞きつけ、あわてて花見に出かけました。
 
なるほど、かなり満開に近くなっているようです。
イメージ 1
 
普通の観光客みたいに、大手前の広場から突入。最近は、赤いジャンパー姿の観光ボランティアの人たちが頑張っておられるようです。
 
お疲れ様です。
イメージ 8
 
大手前の広場から中へ入ると、露店の列が。朝まだ早いので、開いてる店は数件でした。
 
右側の花が咲いてない木は、なんじゃもんじゃの木、花が咲き始める初夏までは枯れ木のようです。イメージ 9
 
二の丸茶屋の脇にひっそりと咲くしだれ桜を発見。
イメージ 10
 
濃いピンク色の花びらがソメイヨシノと違った輝きを放っています。花びらより一層濃いピンクのつぼみも鮮やかで、5分〜7分咲きといったところでしょうか。
イメージ 11
 
御広間跡のトイレ脇のソメイヨシノ。場所はあまりよくないですが、花はきれいです。
イメージ 12
 
朝日を浴びて白く輝いています。こちらも、7分咲きといったところでしょうか。
イメージ 13
 
広場では、花見の場所取り風景が。開宴は何時ごろなのでしょうか、少し気になります。イメージ 14
 
続いて、本丸へ。お茶席も設けられていました。
 
先ほどの御広間跡の広場もそうでしたが、以前に比べて桜の木が少ないようです。
 
昔は感嘆の声をあげる人がいるほど、素晴らしい桜だったのですが、少し残念です。
イメージ 2
 
お城を少しボケさせて撮影。
イメージ 7
 
松江城は国の重要文化財なのですが、国宝にしようという動きがあります。
 
現存する木造建築のお城としては貴重なものなので、ぜひ実現してほしいと思います。
イメージ 3
 
さて、本丸から下がって帰りかけたら、人力車がやってきました。しかも、3台。
 
どこへ行くんだろうと思って後を追いかけました。
イメージ 4
 
3台並んで、興雲閣の前で整列。どうやら、撮影のようです。
便乗して、写真を撮らせてもらいました。イメージ 5
 
3人とも、きりっとしてかっこいい。背中の「粋」の文字のとおりの人たちでした。
イメージ 6
 
 
 
 
 

開く コメント(8)

イメージ 1
新年、明けましておめでとうございます。凛と蘭ともども、今年もよろしくお願いします。
 
大晦日の夕方から大雪警報が発令された山陰地方ですが、近年にない大雪の朝を迎えました。
イメージ 2
家の前で計測したら、約50cmの積雪でした。
 
昨日は、私の実家に帰る予定でしたが、大雪のため断念。妻の実家にも向かったのですが、途中で断念。結局、自宅で年明けを迎えることとなりました。
車の上にも、こんもりと雪が覆いかぶさっています。
イメージ 3
隣の家の屋根にも。
 
今,妻の実家から救援要請が入りましたので、これから救出に向かうところです。まず、自分ちの車を出すのが精一杯のようですが。
イメージ 4

開く コメント(6)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事