R’s NOTEBOOK

40代・バツイチ・ワーキングウーマンの浅知恵雑記帳です。

「超」コンパクト洗剤

容器の上から撮った写真は、洗濯用の・・・

【青】=これまで使っていたコンパクト洗剤、【ピンク】=オシャレ着用洗剤、そして【緑】=「超」コンパクト洗剤。

イメージ 3

超コンパクト洗剤は、ヘアスプレー缶よりひと回り大きい位のサイズ。ほんとに超コンパクト。
いま、常盤貴子さんがCMキャラクターをつとめている『アタックNEO』です。モラタメの当選品。

イメージ 1

収納は随分省スペースだし、買って帰るのもラクな軽量だし。
でも、最大の魅力に感じるのは、「すすぎが1回で良い」というところ。

ウチの洗濯機はドラム式のため、
縦型式に比べ、「1回あたり30Lの節水」ができているらしいのですが、

イメージ 2


その上すすぎが1回ですむとなると、さらに「15〜24Lの節水」ができるとのこと。
(縦型式の場合は「5〜50Lの節水」)

届いてから、これで7-8回洗濯してみましたが、汚れ落ちもすすぎも問題なさそうでした。
アクアW(ダブル)ライザーという、水に溶けやすく、汚れと一緒にセンイからサッと離れる成分」
のおかげのようです。

これ、モラタメから入手した12個目の商品ですが、
「(ワタシ的には)少しも突っ込みを入れるところがない、(12個目にして)初めての商品」かもしれません。

この洗剤に乗り換えます。

まったく関係ないですが、
今日は、3月11日のあの大地震が発生して以来、はじめて一度も余震を感じなかった日。
でも1ヶ月以内にまたですか?(涙) もう、誰の命も奪われませんように・・・。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

許せる安ワイン 3

代官山のオシャレなスーパーで販売されてる、輸入物のジュース・・・

イメージ 1
みたいでしょ?

久々の「許せる安ワイン」の記事は、とうとう紙パックのワイン。 (過去の「許せる安ワイン」→その1その2
モラタメで当選したので、これまで避けてきた紙パックを初体験。

チラっとでも「紙パックワインが気になったことがある」方へ、
良いと思われる点、良くないと思われる点をご参考までに。

今回いただいたのは、

   サントリー『TAVERNELLO(タヴェルネッロ)』
   イタリア 
   赤: サンジョヴェーゼ・ライトボディ    白: トレッビアーノ・辛口

1Lで、819円。 
750ml(フルボトル)に換算すると、614円。(税込)
白の「トレッビアーノ」と言うぶどうの品種は初めて知りました。

以下、歯に衣着せぬ感想です。


パッケージデザインが良ければ、紙パックでもありかも?

これまで紙パックを避けてきた最大の理由は、「雰囲気が好きじゃない」から。
でも、こんな感じのちょっと凝った八角形や輸入物ジュースのようデザインだと、
さほど安ワイン感もなく、テーブルにも馴染むような。(気のせい?)

イメージ 2

むしろ、「いかにも安ワインなラベル」のボトルよりもいい気も。


紙パックは利便性がいい

ボトルより軽いし携帯性もいいので、買って帰るのがラク。
横にして積み重ねたりもできるので、収納性も良い。
飲み終えたら紙のゴミなので、捨てるのがラク。

利便性はボトルより断然良い気がします。


「開封後は冷蔵庫で保存」が、いただけない

開封したら、赤も白も「要冷蔵」。
牛乳のように、冷蔵庫をあけて「ちょっと1杯」と気軽に飲めるのはいいです。
「ランチワイン」も気軽にやれます。

でも、白はいいけど、冷蔵庫で冷え冷えになった赤は飲みたくないかも。


味は値段なり

今回いただいたTAVERNELLO』の場合、フルボトルに換算すると600円代ですが、味はまったく値段どおり。
「紙パックのお酒はお得」というイメージがあったのですが、お得感はありませんでした。


・・・と、いうわけで、
赤をよく飲む私の場合、「冷蔵庫で冷やしきった赤は好みじゃない」ので、日常利用はなさそう。
でも、携帯性の良さと飲み終えた後の捨てやすさから、「アウトドアの場合は、これがいい」と思えました。
さっそく、お花見利用かな?

最後に、最近安いワインを買う時に一応気にしてること。
ISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格をとっているかどうか?

イメージ 3

あった!

開く コメント(2)

無いなら、無いで

大変ご無沙汰しました!
今年に入って身近な人が亡くなったり、その後にあの地震が発生したり。
凹んだり、怯えたり、いろいろ追われたりしてました・・・。

今、首都圏では言わずもがなの節電体制、
そして、だいぶ緩和されたものの、幾つかの生活物資が店頭に無い状態が続いてます。
もちろん、被災地の方に比べれば全くと言っていいほどどうってことないのですが、
そんな中で私にできることは、義捐金、節電、
そして、経済を衰退させないように「カラ元気」を出すことくらい?

今、関わっている秋のイベント準備も、
「地震、電力不足、放射能で、一体どうなることやら?」とマイナス思考になるのではなく、
「こんな年にしかできない、特別なものにできる機会だぞ!」と発想転換。

そして、計画停電や物資不足で少し不便になった生活も、
「無いなら無いで、必要なものを見直す良い機会だ!」と発想転換。

ミネラルウォーターは手に入りづらいけど、
ワンランク上の浄水フィルターをとりつけて水道水をピッチャーに注ぎ、
レモンスライスを浮かべれば・・・

イメージ 1

カフェでサーブされるお水みたいでちょっとオシャレだし、美味しい。

料理をする時は、「並行して情報取得できるように」と点けっ放しにしていたテレビも
今は節電のために消し、以前使っていた携帯電話をカウンターに常設。

イメージ 2

「情報収集目的でテレビを観るなら、家の中でもワンセグで十分」と気づいたり。

牛乳が手に入らない時は、
毎日飲むココアをアミノコラーゲンで作ったら美容的にも良さそうだったり。

白米が入手できなかったら玄米かタイ米。

イメージ 3

これはある意味、本当にラッキーで、
これまで「白米派」の同居人と「玄米派」の私の間をとって「ハーフアンドハーフ」のご飯。
でも買おうと思った時に白米がなかったら仕方ないもんね?
これを機に同居人も玄米派になってくれることを期待。(笑)

最後に、最近感動した、倒壊した旅館の女将の言葉。
  「世界中が羨むような素晴らしい町を、“ゼロから作れる機会をもらった”と思って頑張ろう!」

そういえば私も、これまで幾度となく・・・
 「困難にぶつかった時は、“凹んでる自分”のイメージなんか切り捨てなさい!
 代りに“その状況をスマートに乗り越えていく、カッコイイ自分”をイメージしてごらん?」とか・・・
 「苦しい時は、ロールプレイングゲームの手強いボスキャラが出てきたぞ!と思って、
 いかにそのボスキャラを倒すかの戦略を楽しんでごらん?」とか・・・
自分はもとより、人にも偉そうに言い聞かせてきたのに、今年はすっかり忘れてた。

女将ほど強くはないけれど、私なりに目の前に起きることを前向きに捉えていこうかな?

開く コメント(5)

年賀状のシリーズ化

私の年賀状って、ワンパターンなんです。

背景のデザインは多少は変えるものの・・・
 
イメージ 1

内容は、毎年必ず、
「お決まりの挨拶文」と、「近況を伝える前年のトピックを4つか5つ」と、「その年の自分の
写真」という構成。

メンドクサイから、同じパターンを続けてきただけですが、

思わぬ効果があったみたいです。

最初の頃は、「社交辞令?」とも思っていたのですが、何度か
○○叔母さんが、RIOの年賀状を毎年楽しみにしてると言ってたよ」(by 両親)とか、
RIOの年賀状の到着が遅い年はね、うちの娘は、届くまでずっと気にかけてるんだよ」(by 友人)とかを
耳にするうちに、あることに気づきました。

「そういえば、私にも毎年楽しみにしている年賀状がある。」
 
ミスタードーナツ好きの知人から届く、「前年に入手した、ミスドの景品を山積みにした写真」の年賀状と、
従兄から届く、「飼っているメダカの様子のレポート」の年賀状。

毎年のことなので、郵便受けに年賀状の束を取りに向う時から
「さて、去年の景品は?」「そして、最近のメダカは?」と気になります。
 
年賀状って、年1回発行の定期刊行物のような側面もあるので、
ワンパターンに・・・もとい・・・「テーマを絞りこんで、シリーズに」すると、印象深くなるみたいです。
加えて、受け取る方も楽しみになるし、送る方もラクだし。
 
たとえ、そのテーマが、私のようにまったくヒネリのない「近況」なんかであっても。
そして、まったく大したことのない内容であっても。
 
イメージ 2


さて、今年もつたないブログにおつき合いいただき、ありがとうございました。
後半は更新頻度もかなり落ちましたが、来年はもっと落ちるかもしれません。
細々とでも続けるつもりですので、よければ是非引き続きおつき合いください。

(クリスマスも大掃除もまったく関係ない年末で、いまだに色々追われておりまして)
今年はこれにて失礼いたします。ちょっと早いけど年賀状です。↑(笑)

来年もよろしくお願いいたします。
どうぞ、良いお年を。
 
  /⌒)
   / /
   / /⌒丶
  |//てノ
  ()
  (uu)
 (二人二)

開く コメント(4)

蒸気で、髪サラツヤ!

以前、花王の『めぐリズム 蒸気でホットアイマスク』というのを使ったことがあるのですが、
すごく気持ちが良くて、寝る時に使うと、「すっこーーーん」と爆睡!

そして、今回、同じシリーズの『めぐりズム 蒸気の温熱シート』、
「直接肌に貼るタイプ」と「下着の内側面に貼るタイプ」をいただきました。(モラタメです)

イメージ 1

ホットアイマスクがあまりにも気持ち良かったから、もう期待大!

・・・でしたが・・・正直に表現していいかな?(笑)
私の肌が鈍感なのか、どちらも蒸気っぽさは感じられませんでした。
“使い捨てカイロの上品版”のような感じ。薄くて、軽くて、肌への刺激も少なそうなので、
「もしもカイロを使うなら、何かとコッチの方が良さそう」とは思いました。

ちなみに、アマゾンだと「直接肌に貼るタイプ」は8枚入りで700円位、
「下着の内側面に貼るタイプ」は5枚入りで500円位です。

さて、蒸気といえば・・・
最近、私の髪をサラサラ&ツヤツヤにしてくれる蒸気。

じゃん!

イメージ 2

パナソニックのイオンスチーマー。(4年前の機種なので面白い形ww)

普通は、デコルテ〜顔を中心に、肌だけに使う人が多いと思うのですが
私はお風呂上がりに肌に使ったあと、
「右向いて〜、左向いて〜、後ろ向いて〜」と、髪にも使っています。
すると、“ナノケアのドライヤーの強力版”のような効果で、
ドライヤー以上にサラサラ〜&ツヤツヤ〜!

ただし、スチームした後は、
肌と同じで、すぐに「乾燥止め」をしないと逆に良くないので、それをお忘れなく。
私の場合は、スチームした直後に少しだけムースをつけ、
最後はナノケアのドライヤーで完全に乾かしています。

イメージ 3

そういえば、このナノケアのドライヤーも4年前の機種・・・。

今では、スチーマーは、就寝時にも使える2WAYになったり、
ドライヤーは、UVケアができるようになったりと、進化し続けてますね。
どのタイミングで買い換えるかなあ。

(と、タイミングを見計ってる間にも老化は進むわけで・・泣)

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事