全体表示

[ リスト ]

五輪の旗の色

イメージ 1


昨日の五輪の旗の色の正解です。

Wikipedeiaによると
近代オリンピックの象徴でもある五輪のマーク(オリンピックシンボル)は、クーベルタン男爵が考案し、

世界5大陸(青:オセアニア、黄:アジア、黒:アフリカ、緑:ヨーロッパ、赤:アメリカ)と

五つの自然現象(火・水・木の緑・土の黒・砂の黄色)と

スポーツの5大鉄則(情熱・水分・体力・技術・栄養)を、

原色5色(および単色でも可)と

5つの重なり合う輪で表現したものであるとする説が有力である。

他にこの五色で世界の国旗全てが表されていたとする説もある。

5つの重なり合う輪はまた、平和への発展を願ったものである。
なおこの五輪マークは、1914年にIOCの創設20周年記念式典で披露され、
1920年のアントワープ大会から使用されているが、
木綿で作られた五輪旗は一度盗まれ1980年のモスクワ大会では閉会式でアメリカに五輪旗が伝達されず
次の大会ではレプリカを使用された出来事があり、
そして1988年のソウル夏季大会閉会式から合成樹脂の五輪旗が使われている。



補足
なお、これとは別に、五輪塔というものがあるが、
これは主に供養塔・墓塔として使われる仏塔の一種である。
五輪卒塔婆、五輪解脱とも呼ばれる。 五輪塔の形はインドが発祥といわれ、
本来舎利(お骨)を入れる容器として使われていたといわれるが、
日本では平安末期から供養塔、供養墓として多く使われるようになる。

下から方形=地輪(ちりん)、円形=水輪(すいりん)、三角形(または笠形、
屋根形)=火輪(かりん)、半月形=風輪(ふうりん)、宝珠形=空輪(くうりん)によって構成され、
古代インドにおいて宇宙の構成要素・元素と考えられた五大を象徴する。

これらは密教の思想、特に空海(くうかい)(著作『即身成仏儀』等)や
覚鑁(かくばん)(著作『五輪九字明秘密釈』等)の影響が強い。それぞれの部位に下から
「地(ア a)、水(ヴァ va)、火(ラ ra)、風(カ ha)、空(キャ kha)」の
梵字による種子を刻むことが多い。
四方に梵字(ぼんじ)による種子(しゅじ)を刻むこともある。
種子は密教の真言(しんごん)(密教的な呪文のようなもの)でもあるので下から読む。

宗派によって、天台宗・日蓮宗では上から「妙・法・蓮・華・経」の五字が、
浄土宗・浄土真宗では上から「南・無・阿弥・陀・仏」の文字が、禅宗では
下から「地・水・火・風・空」の漢字五文字が刻まれる場合もあるが、
宗派をとわず種子を彫ることも多い。
日蓮正宗では必ず上から「妙・法・蓮・華・経」の五字を刻む。
また、種字や文字のない五輪塔も多く存在する。

木製の板塔婆(板卒塔婆)も五輪塔の形態を持つ。
板塔婆(板卒塔婆)には表に下から
「地(ア a)、水(ヴァ va)、火(ラ ra)、風(カ ha)、空(キャ kha)」の梵字による種子を、
裏には仏教の智慧をあらわす金剛界の大日如来の種子鑁(バン van)を梵字で書くことが多い。
木製には他に角柱の卒塔婆もあり、真言や念仏がかかれることが多い。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

五輪マークが最近は歓迎されていないみたいー

各国で主張する「現地ならではの象徴的マーク」が推されているみたい〜

2010/2/19(金) 午後 9:33 1082001(紫音)

アバター

s​h​i​*​n​*​0​8​2​*​01​さん、コメントありがとうございました。

最近はそういう傾向にあるんですね。勉強になりました。
ありがとうございます。

2010/2/19(金) 午後 9:37 リベラ

あッ黒の場所当たったぁぁ〜∩(´∀`)∩わーい♪
何気なく見てるけど‥
意味深くて‥5大鉄則はなんか深いですねッ*
絶対に想像しただけぢゃ分からない‥
勉強になりましたッありがとうですぅ***

2010/2/20(土) 午前 7:15 ☆*なぉ*☆

アバター

なおさん
はい真ん中の黒は当たってましたね。
私もこの旗にこめられた意味は、5大陸以外にもこんな意味があったことをはじめて知りました。
こちらこそありがとうございます。

2010/2/20(土) 午後 0:28 リベラ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事