炎の女みほ日記

ふるさとは火の国くまもと。りおん家族とどたばた生活スタート

舞台・演劇・芸術

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5




朝から 2人の時間で

市民劇場の 観劇にいきました。


民藝が 日本の民藝を生み出した柳宗悦を

舞台にしました。


絵手紙協会でも 学ぶ人柳宗悦!

篠田三郎さんが 演じます。


最初の出だしや、途中 反戦が重く出てくるのが ダンナちゃんには

キツそうかなと 気になってみると

その場面は 寝てました。



奥さんが 出てきたあたりから

入り込んでいったようす。


今夜、りおんが

感想を聞くそうだから

楽しみです。




ダンナちゃんとしては

三婆からの 二度目の市民劇場!




三婆の 回転する舞台と

SOETSUの 暗転の舞台や

劇団の 芝居の違いも 聞いてみたい所です。




私的には


日本と朝鮮の リアルな

関係と 感情が

SOETSUの 目。


生活の中の美しいものが

実は一番 身近にあり

名もなき人がつくる

素朴なものだと 知ること。

その美しさは

心の反映、いや、生き様であり


純粋な 素直な気持ちから

生まれるものに ひかれること。



器であり、食台であり

障子であり、畳であり、

食べ物であり、酒であり

着るものであり、建物であり、

唄であり

言葉であり。




方言が好き!


そのすべては

支配されるものでなく

文化として 尊重されるべきもの。




生活から生まれた芸術こそ、国の高い壁を超えて

差別なく 通じ合えるもの。



素敵なものなんだと 感じ

その 生まれたものを

これから たくさん見て触れて

感じていきたいと 思いました。



篠田さん、素晴らしかったです。



天神の 絵手紙展で 若い家族と合流し

父の日のプレゼントを

買ってもらったGIでした。

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2




きのうは

らんらんの 子劇デビュー!

忍者や、わらべ歌には 参加してましたが

例会は きのうが 初舞台でした。

時間帯が 眠くなる時間で

まわりは グズリ大泣きが 順番に

感染していく中、らんらんは

始終むつかしい顔で

ジーって見てました。


終わってからの ロビー交流会では

近くには いけないものの、

リラックスした表情にもどり

水を ぐびぐび飲みながら

感想を 聴きたいあたしは


一歳8ヶ月に どうだった?

ききます。


こくんと うなづくらんらんに

物足らず、


クマさんと チューちゅーどっちが
好きかと 質問を変えて見た。



とたん、

ちゅーちゅ。と ニッコリらんらん。



わっ、BA.ママに似て

イケメン好きなのね!笑



日曜日は

お出かけして

プールして

人形劇みて 図書館行って

GIは 夜発熱して病院行って

らんファミリーは

夜さくらんぼリズムを

はげしくやって


なんとも 充実した 日曜日でした。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3




夜明けまえの ウォーク。

弁当をさましながら

みなが 起き出すまえに 歩きます。


バタバタする1時間、ゆっくり

百恵ちゃんを口ずさんで。


東の空をほんのりとワインこぼした🍷



イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9




太宰府天満宮をスケッチで

時を待ち

これから

印象派展をみます。

開く コメント(2)

イメージ 1



久留米が生んだ 世界のブリジストン

創業者 が つい最近 石橋美術館を

久留米市に 寄贈してから

はじめての

石橋美術館。

名を改め 久留米市美術館へ。


我が家から 信号に引っかからなければ

15分もかからない。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5




ちょうど 薔薇フェスティバルで

開場まえから

公園には 人がちらほら。



岸田劉生で 有名な

麗子の絵。


イメージ 6





ずいぶんまえに

りおんと GWに大垣から行った

岡山の

いや、倉敷の 大原美術館で

その 恐い着物姿の女の子と

あって以来だ。


恐い麗子嬢は

娘で

実物の 写真は

恐いどころか

早くて 無くなった

父思いの 女の子だった。


やわらかくかく

椿貞雄とは

対象的だから

なおのこと おもしろい。


いちばんに
入ったが

次から次に

来場者で たちまち

1ブースが ごった返したから

2ブースから

ひとり、ゆっくり見始めた。



椿貞雄の 娘を スケッチして

岸田劉生も スケッチする。


かわいいやん!


テーマが 家族かなと


自分の 家族を

かこう!!


意を決して 心弾んだ

素晴らしい展でした。

開く コメント(0)

ひとり美術館

イメージ 1

イメージ 2




今日から あおちゃんの
ならし保育の時間が延び一時お迎えになったから
さっそく、
雨上がりのベランダを6人分の洗濯もので
はためかせ GOGO!!


きょうの
行き先は 佐賀県立美術館。


いまは、写真撮影OKの 展示物があって
ドキドキ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




イメージ 7




佐賀出身の岡田さんって 画家が育てた
女流作家の中で 観に行ったことあるのが2人。

安曇野にも東京にも 何度も行ったのが いわさきちひろ
愛知県の記念館に行ったのが 三岸節子

佐賀でみれて なんかうれしかった〜。


あー楽しかった。

開く コメント(6)

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事