女3人放浪の旅

すべて表示

ブログへようこそ!

イメージ 1

イメージ 2

旅やグルメ、温泉など、日々のできごとなど、まったり書いているブログです。


≪「ちょっと危ない世界を見た!女3人放浪の旅」本の紹介≫
イメージ 3
 好奇心旺盛な女3人のロンドンから始まるヨーロッパ、モロッコ、エジプトを巡る珍道中。後進国では朝から晩までボッたくりとの戦い、泥棒に荷物やお金を取られたり憲兵に銃を突きつけられたり怖い思いもたくさんした。
物価の高い国では乗り放題の2等列車が宿代わり、安い国では贅沢を楽しむ。高級ホテルから娼婦の集う安宿まで国によって使い分け、ときにはゴージャス、ときにはチープ。そう、それは「ちょっとプチセレブなバックパッカー」の旅!                                                                            この本は、数々の出会いにスポットを当てて、失敗、驚き、感動、怒り、そこから学んだことを旅行記風にまとめた旅エッセイです。ネタは古いし観光の情報収集には、あまり役立たない話ばかりですが、これから旅に出る若者には行動に充分に注意しつつ、出会い、旅の経験を存分に楽しんで欲しい!そんな思いが詰まった1冊。私が感じたイギリス、ヨーロッパ、イスラムの食文化・国民性の違いなども盛り込んであります。                                             海外1人旅をすすめる書籍も多いですが私は長期の若い女性の1人旅はおすすめしません。海外では日本女子はモテる。「身なりが綺麗、優しくて従順」なイメージを持つ外国人が多いからです。語学が堪能とか自己主張できる人でない限り危険もいっぱい。友人と行くかSNSを使い現地で信頼できる仲間を見つけ行動するほうが良いと思います。
旅行って、やはり連れがいた方が行動範囲は広がるから安心だし、人との出会いも広がり楽しさも倍増です!!


(目次より抜粋)
飛行機に乗り遅れたおバカな女たち/ ロンドンで労働者だらけの安宿/ ストレス溜まった恵理子と喧嘩/ 奥さん天国、旦那さん忍耐/ 話す英語に階級の違いがでる/ パリ警官にナンパされ/ 奔放に旅を楽しんだ日本女性の話/ 高級店では見た目が大事/ ミラノで娼婦に間違われ逮捕寸前/ ローマ付近の列車は泥棒天国/ 熱気に包まれた闘牛に違和感/ 娼婦や売人はびこる通りの宿/ タンジェの飛ばしや運ちゃんに冷や汗/ イスラム教の国で挑発スタイルはまずかった/ カイロの市場で見た強烈な人たち/ 旅に甘い誘惑や危険はつきもの/ アルバニア共和国の男たちと雑魚寝/ 帰国前にモスクワ1泊無料旅行   アマゾン(書籍)    アマゾン(電子出版)

その他の最新記事

すべて表示

サザンテラスがシャンパンゴールドに染まりイルミネーションがキレイ♪ 去年のピンクより今年のゴールドの方が品があって私は好きだな。 明日から「新宿ミナミルミ」が開催され、さらに華やかな光りの演出で南口エリア一帯 ...すべて表示すべて表示

娘がウッドデッキに夜ご飯を用意してくれました!(ほぼ成城石井の惣菜を皿に盛っただけだが)😆 そんなことめったにしないから、なんか裏があるんじゃー?と思ったら、、、 料理の写真をあれこれ撮 ...すべて表示すべて表示

今日も1日お疲れさまです! さて、この画像はどこでしょう? 読書をしたり優雅にティータイムも楽しめそうなほど綺麗な、、、トイレです! パウダールームがあったり、フィッティングルームがあったり授乳室まであるところ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事