ここから本文です

書庫エントランス

すべて表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

カントリーサインは、市町村章入りタイプ(シンボルマークの場合もあり)が一番の標準仕様と思われますが、市町村章の代わりにイラストが描かれているタイプや、北海道のような大型のカラーイラスト入りといったオリジナルタイプもあります。(これらを総称して「標準型」と表現します)
 そんな中で、上の写真のような、「文字のみタイプ」と表現してきた簡易タイプも結構存在します。下記に挙げた所は、これまでの調査の結果、「文字のみタイプ」しか存在しないと思われる自治体です。

 この中には、自分が見つけていないだけで「標準型」がちゃんと存在する自治体もあるかもしれません。もしあれば、情報提供をお願いします。

 今後「標準型」の設置が増え、このリストからどんどん削除できればいいと思います。

                            2018.5.1更新
【青森県】風間浦
【秋田県】大潟
【山形県】大江
【福島県】檜枝岐、(矢祭)
【群馬県】下仁田、南牧、神流、上野
【新潟県】五泉、(弥彦)
【山梨県】忍野
【岐阜県】東白川
【大阪府】摂津、能勢、豊能、熊取、千早赤阪
【兵庫県】明石、加古川、高砂、播磨、稲美、猪名川
【奈良県】桜井、宇陀、曽爾、御杖、東吉野、川上、上北山、下市、黒滝、天川、(野迫川)、安堵、三郷、平群、上牧、広陵、河合、明日香
【和歌山県】美浜
【岡山県】総社、瀬戸内、里庄、矢掛、早島、和気
【山口県】周防大島
【徳島県】佐那河内、上勝
【愛媛県】鬼北
【高知県】馬路、北川
【福岡県】行橋、豊前、中間、小郡、築上、吉富、上毛、水巻、遠賀、糸田、大刀洗、久山、志免、須恵、(宇美)、大木
【佐賀県】玄海
【長崎県】時津
【熊本県】合志、南関、長洲、小国、南小国、産山、高森、西原、嘉島、御船、甲佐、山都、球磨、山江、五木、錦、あさぎり、多良木、水上、苓北
【宮崎県】西都、日南、えびの、小林、五ヶ瀬、諸塚、美郷、椎葉、木城、国富、綾、西米良、三股
【鹿児島県】薩摩川内、阿久根、南さつま、枕崎、西之表、奄美、長島、さつま、錦江、南大隅、中種子、南種子、龍郷、大和、宇検、瀬戸内、伊仙

・高速道路等、撮影不可の道路に設置されているものは除きます。
・美浜(和歌山県)は、カントリーサイン自体が存在しません。
・檜枝岐(福島県)は、かつては「標準型」がありましたが、何故か撤去されてしまい現存しません。
・矢祭(福島県)、弥彦(新潟県)、宇美(福岡県)はイラスト入りタイプ、野迫川(奈良県)は村章入りタイプが一応存在しますが、「標準型」とは様式が異なる変形タイプとなっているため、上記では( )書きしました。
・他、有田川(和歌山県)、吉備中央(岡山県)、南城(沖縄県)は「標準型」はありますが、全て市町章が描かれるべきスペースが空白のままとなっています。
 

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 屋久島のヘキサ

    2018/8/15(水) 午後 5:56

     屋久島のヘキサ、補助標識もちゃんと「屋久島町」に修正されていました。  ちなみに屋久島内ではヘキサの設置数は極めて少なく、r77・79・594は宮之浦周辺、r592も安房周辺でしか見つかりませんでした。またr593のヘキサは存在していないようです。

  • 屋久島、縄文杉

    2018/8/14(火) 午後 2:56

     お盆休みは屋久島へ。この島の訪問は3回目です。そして、「屋久島町」初訪問です。(前回、前々回はまだ上屋久町・屋久町時代)  縄文杉、19年ぶりに行ってきました。前回は晴天でしたが、今回は途中から生憎雨となって大変でしたが、無事に往復10時間弱の行程を歩いてきました。  個人的には、縄文杉よりも、登山道となっているトロッコの軌道の方が気になります。

  • 新大阪駅 1、2番ホーム

    2018/8/5(日) 午後 9:19

     新大阪駅の1,2番ホームが完成したので行ってきました。  来春、おおさか東線がここに入りますが、現時点では上りの「はるか」「くろしお」のみの発着となっており、ホームの案内表示もそう記されていますが、足元の乗車位置案内表示はちゃんとおおさか東線のものが既に設置されていました。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事