只、なんとなく

北海道におけるショアからの釣り、釣った魚で料理をしたり、小さな畑で野菜を育てたり気儘な生活を綴ってみる。

何はともあれ

前の投稿から予定通り翌日には再びアナゴ釣りに挑戦!今回は弟子も一緒に参戦です。

日没前にはポイントへ到着。

まだまだ明るいので近くの釣り人のところへ訪問。

元マラソンのオリンピック選手で元焼肉屋さんをしてたと言うじいさんがいらっしゃいまして、サビキで何かを狙ってる様子。

…釣れてません。

サバの回遊が見えるにも関わらず釣れてませんね〜。

釣れない釣れないってぼやいているのを見かねてお手伝いを。


じいさんの道具を使ってさくさくとサバを釣り上げてあげます。

じいさんは釣れたサバを拾うので大忙し。

じいさんはなんで釣れるンだ〜?って言ってたけど

原因は撒き餌の撒き方。

仕掛け直上に撒いても潮で流されてどっか行っちゃう。仕掛けをさびいても意味無いのよね。

となれば潮上に撒いて仕掛けと撒き餌を同調させればいいわけで…

弟子にも釣らせてやろうとじいさんからサビキ仕掛けを貰って撒き餌のおこぼれに与る(笑)

上手いこと群れを寄せて数匹釣らせてやる。

撒き餌が切れて群れも離れたのでストップフィッシング。

本来の業務に戻ります。

さてさて釣れますかな〜?




……


…………

さ〜っぱり釣れねw

一度アナゴっぽいのが掛かったけど途中でバレた。

あか〜ん!

蒲焼きが…(´・ω・`)










結局12時くらいまで粘ってみたものの結果は大ハズレ。

むぅ〜、何故だ。

まだまだポイントの見極め等、手探り状態なので仕方ないとは言えやはり悔しいものです。

イメージ 1


まずまず

貰ってきた、もとい他人の道具を使って自分で釣った魚(笑)

三枚にして骨を抜いて揚げて煮て

イメージ 2


出来た〜!O(≧∇≦)O

何はともあれ蒲焼きです。白いのはタマスラね。シメジの素揚げにも甘辛タレを吸わせます。

小サバは脂がないので油脂を使った調理で美味しく頂ける。

カリッと揚げたら甘辛なタレに入れて一煮立ち

油と甘辛でくどいのでさっぱりしたタマスラでまろやかに。

ご飯が進む一品になりました。

この記事に

開く コメント(4)

初物!

まさしく初物!

イメージ 1



生涯で初めてのアナゴ。

めっちゃ嬉しい!





先日、22日。

仕事終わりからの出撃で、港のポイントに入るも作業の為にすぐに撤退。別のポイントへ。

それが良かったのか一投目、糸ふけを取って軽くさびいたら直ぐ様アタリが!

おおっ?と思うより先に合わせて巻き取り。

無事に一本ゲット!

サイズは50くらいかな?

食べるには十分な良型です。

その後も打ち返し、アタリはあれども乗らず。の繰り返し。

たまに子ソイが掛かってくる。

あのアタリはソイのものなのかアナゴのものなのか、さっぱり見分けがつきません(笑)

じっくり食い込みを待つのがセオリーみたいですけどどうなんだろ?

即合わせで一本目が釣れたから大丈夫なのかな?

ともあれ、何とか初物をゲット出来たことに感謝!

プラまな板なので目打ちせず、持ち手に針金で頭部を固定。

イメージ 2



あとは通常通り背開きにして調理別に切り分け。

イメージ 3



煮アナゴ

煮込みが足りなかったか?思いの外プリッとした食感でしたがかなり旨い!

頭と中骨から出汁を取り、薄色で煮あげてから醤油をちょっと足して煮詰めたツメを回し掛けて。

あっと言う間にうちのに食われたw

イメージ 4



天麩羅

これは文句なしでしょ!

これもふわっと言うよりプリッとした感じ。まだ身が活きてたのかな?

それでも超旨い!

これもあっという間に食われましたw

イメージ 5




そして蒲焼きだったもの(笑)

………(´・ω・`)

ツメを塗ってからグリルに入れ直したんだけど、茄子の揚げ浸しを作ってるうちに忘れてしまい無惨な姿に。・゜゜(ノД`)

まぁ食べましたけどね。美味しかったよ?焼きすぎで乾き気味の身もしっかり味があったし、焦げの味も楽しめたし。

………

・゜・(つД`)・゜・

悔しいです!

また明日行ってくるわ

この記事に

開く コメント(12)

鱈他で

なんのかんのでそれなりに釣れた先の釣行。

さくさく食べていかないとダメになってしまう。

イメージ 1


トマトとじゃがいもの鱈スープ。

ホントは煮込みにして汁気を飛ばしたかったんだけどね(笑)

イメージ 2


蒸し鱈の中華風キノコソース

蒸してあるのでヘルシー!ふわっとした身がまた美味しいです。

イメージ 3


ウニ

イメージ 4


モリモリだぁ!

ちゃんと買ったやつだよ?(笑)

イメージ 5


西京漬けにした鱈で

ゴルゴンゾーラとじゃがいものミルクグラタン。

ちょっとしょっぱくしちゃったけど、味噌の風味とミルク、チーズと良く合うんですよね〜

イメージ 6


ガヤと柳の舞は炙り刺

じんわりと脂があってなかなか美味しい。




ホッケは開いて冷蔵庫干し

鱈の西京漬けは保存食になります。

暫くは釣りに行かないで済みそう?

いやいや、また美味しい魚を求めて出掛けませんとね!

もうすぐ土用だし、アナゴ狙いでも行ってみっかな?

この記事に

開く コメント(12)

オフショアのちショア

13日、お休みでしたので久しぶりのオフショアへ。

出船は7時半と遅め。

遅いのは遅いでゆっくり寝れるから楽なんだよね〜

今回は特に狙いもなく沖五目ジギング。

イメージ 2


朝霧が出ていて幻想的。雨予報だったけど降らなさそう。

ベタベタな凪なので釣りはし易いかも?

100mラインを流して

イメージ 1


小鱈(笑)

イメージ 3


柳の舞

う〜む、潮が速い!

0.7ktでも速い?ってのに倍の14ktだと。これは釣りにならないわ!(って船長が言ってた)

通例通りなら100m前後なら200g程度のジグで問題ないのだが、この日は400gでも流れる流れる(笑)

自分以外のお仲間方は餌釣りの胴付き仕掛け。絡んで絡んで大変そう。




………ボッチのワイ、高みの見物(笑)






とは言え絡みをほどいている間は船も止まっているのでゴロ寝こ。

仕掛けあげてからやればいいのに…

イメージ 4


うむ、まぁまぁの良型

イメージ 5


もう一本。

もう鱈は要らないわ〜

ソイ場行かんの?と聞いてみたけど今日は行かないみたい。

12時頃。船長も嫌になったのか「もう一流しで帰る!」って。(柳の舞が欲しいと船長も釣りしてたが絡んで釣りにならない)

まぁ十分楽しめたし取り敢えずは良し。

しかしながら自分としてはソイが欲しかったので、一眠りしてからショアで夜の部へ。

根際を中心に攻めてみるも食いも浅くバラしてばかり。

イメージ 6


良型のガヤだけでした(笑)






次回の休みは27日。

この日は函館まで出張ってクロマグロキャスティング&ジギング。

手持ちのタックルでも行けるかな〜?キハダの50kgくらいならイケるキャパはあるんだけど、クロマグロは別物みたいだしね〜

30kgくらいならギリいけるか?

一抹の不安を抱えながら

天気良くなるといいなぁ〜(*´ω`*)

この記事に

開く コメント(8)

やってくれました

先日、雨模様でしたがこれも修行と弟子と行って来ました。

なんでも弟子の母親がいらっしゃるらしく、自分が釣ったのを食べてもらいたいのだとか。

ええ子やないの〜(笑)

そんなわけで無理を押して出掛けた次第です。




明るい内はブラクリを使い穴釣りで狙ってみるも子ガヤばかり。

自分は静観。長めのロッドじゃやりにくいし、本人に釣ってもらわないとね!

暗くなってからはワームで。

ソイなら手堅いだろうと思ってましたがなかなか渋い。

食いが浅くヒットしてもバラしてばかり。

おまけに雨も本降りに。

とりあえず手ぶらじゃアレだからと食べるにはいい位を釣ってあげてキープ。

手前の根際でいいアタリがあったので、弟子にやらせると

「キタ〜!」って

柔らかいロッドだから弓なり(笑)

抜けなさそうだったので自分がテトラ下に降りて取り込み。

イメージ 1


推定40くらいの黒ソイでした!

これなら小さいの逃がしてあげたら良かったな(笑)

しかし漸くまともなのが釣れましたね〜!

釣りをしたいと言って連れていく様になってから3ヶ月くらいかな?

初釣りはオフショアでサクラマス釣りに釣れていったっけ。

いきなりサクラマス釣られて焦ったのも今じゃ笑い話。

キャストもままならない感じだったのに今やすっかりフィッシャーマン??

何だか巣立つ子を見てるようでした(笑)



後日、母親に料理して食べさせてあげたようですが喜んで貰えたとの事でした。

これからも楽しい釣りが出来るといいですね〜!

この記事に

開く コメント(10)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事