リリィの苺ブログ

ぐうたら主婦の徒然(映画、読書、フィギュアスケート)雑記なう

全体表示

[ リスト ]

劇場鑑賞しました
 
ヒューゴの不思議な発明
  
 
イメージ 1
 
 
 
制作国 アメリカ (2011年)
 
原題 HUGO
 
原作 ブライアン・セルズニック 
 
監督 マーティン・スコセッシ
 
キャスト
 
ベン・キングズレー (パパ・ジョルジュ)
ジュード・ロウ (ヒューゴのお父さん)
エイサ・バターフィールド (ヒューゴ・カプレ)
クロエ・グレース・モレッツ (イザベル)
レイ・ウィンストン (クロードおじさん)
エミリー・モーティマー (リゼット)
ヘレン・マックロリー (ママ・ジャンヌ)
クリストファー・リー (ムッシュ・ラビス)
マイケル・スタールバーグ (ルネ・タバール)
フランシス・デ・ラ・トゥーア (マダム・エミール)
リチャード・グリフィス (ムッシュ・フリック)
サシャ・バロン・コーエン (鉄道公安官)
 
 
 
 
 
 
予告編
 
 
 
 
 
 
 
解説
ブライアン・セルズニックのベストセラー小説をマーティン・スコセッシ監督が、自身初の3Dで映画化したファンタジー・アドベンチャー
1930年代のフランス、パリを舞台に、駅の時計台に隠れ住む少年が父の遺した機械人形の謎を追って不思議な大冒険を繰り広げるさまを、ジョルジュ・メリエスはじめ映画創成期へのオマージュをふんだんに、美しく幻想的な3D映像で描き出していく
  
あらすじ
1930年代のフランス、パリ、父を亡くした少年ヒューゴは、駅構内の時計台に隠れ住み、時計の整備をしながら孤独な毎日を送っていた
そんな彼の心のよりどころは、父が遺した壊れたままの不思議な“機械人形”、その修理に悪戦苦闘していたヒューゴは、おもちゃ屋で万引きを働いて店主の老人に捕まり、人形について書かれた大切な父のノートも取り上げられてしまう
そんな中、ヒューゴは老人の養女イザベルと仲良くなり、一緒に機械人形の秘密を探ってゆくのだが・・・
 
 
 
 
 
リリィの評価 ★★★★☆
 
 
感想
 
 
3月3日(土)のレイトショーで、2D字幕版を旦那と観てきました
 
 
幻想的かつ緻密な映像美で、引き込まれるような臨場感を作り出し、どの場面も観ている者を瑞々しいイマジネーションの世界へと誘う
ヒューゴの波乱に満ちた運命がノンストップで動き出した物語は、脇にも魅力的なキャラクターを配置し、一筋縄ではいかない感動をじわじわと、そしてクライマックスで一気に解き放ってくれました
 
駅構内に聳える時計台の裏、毎日正確に時が刻まれるよう修整しながら、活気溢れる地上を見下ろす
フランスのパリを舞台にするヒューゴの環境は、まるで「ノートルダム・ド・パリ」みたい
カジモトは醜い容貌ゆえ教会の屋根裏で人目から隠れて鐘の音を鳴らすのを生業にしていたけれど、ヒューゴもまた下界を闊歩する人々を観察して、こそこそと暮らす
何より恐れているのは、駅を巡回する公安官に見つかって、孤児院にしょっ引かれること
そんなヒューゴの孤独を唯一紛らわせてくれるのは、壊れたままの“機械人形”
それを“友だち”と呼び、いつか正常に動いてくれると信じ、不慮の死を遂げた父が最期に遺した細い糸を辿るように、修理にいそしんでいる
転機になるのは、第一印象は最悪であるジョルジュとの邂逅
 
出会い頭、盗みを働いたヒューゴ相手に、ジョルジュは容赦なく辛辣に当たる
ヒューゴの持つ赤い手帳を奪って、「どこでこれを手に入れた?」と問い詰める表情は、いかにも複雑な事情が潜んでいると知れるが、じっと見詰め返すヒューゴの聡明な瞳も、それが大切な物であることを雄弁に物語る
主人公ヒューゴの、この少年らしい探求心と強い意志を秘めた眼差しに、ふと既知感
何のイメージが重なったのだろうと思い、さっそく帰宅後に調べてみると、エイサ・バターフィールド君は「縞模様のパジャマの少年」でも主演を務め、やはり大人社会の傲慢な支配と矛盾に子供の無垢さで抵抗する役どころを見事に演じ切っていました
繊細と強情が同居しているみたいな表情が、すごくいい!
青灰色の双眸は綺麗に澄んでいて、インパクトがあるし、この先どんな成長を見せてくれるか、実に期待が高まる男の子ですね
 
機械人形の謎を解読したいヒューゴに、共謀して親しくなっていく少女イザベルは、健全な色気が可愛いクロエ・グレース・モレッツ
2人が手を繋いで歩くシーンとか、映画館に忍び込んでデートするシーンとか、微笑ましくて嬉しくなる
ヒューゴが機械人形の修理が上手くいかなくて大粒の涙をぽろぽろ零したとき、イザベルが同調したように顔を曇らせ、抱き締めてあげるシーンでは、肉親を早くに亡くした共通の寂しさを胸にしまっている2人に悲しくなった
機械人形を稼動させるのに不可欠な最後のパーツ、それがハート型の鍵で、しかも持ち主がイザベルだったと言う演出は、何気にドラマチック
イザベルはジャンヌから譲り受けたそうなので、もとはジョルジュが恋女房に渡したロマンスが安易に想像できます
 
残念ながら映画史には詳しくなく、実在のジョルジュ・メリエスの功績はさておきますが
何事もいきなりフルカラー、フルデジタルとは当然いかないから、擬人化された満月が煙草を咥えてウインクする斬新な映像や、モノクロフィルムに色彩を塗ったのが、当時いかに画期的だったか推し測れる
映画創成期にオマージュを捧げているらしいですが、監督が新たな映像革命に自信満々と挑んだようにも感じました
物語のジョルジュが葬り去ってしまった過去=映画愛を、再び甦らせていくのに次世代のヒューゴが一役買うのも、とても意味深です
 
自分の存在価値が見出せなくて、でも誰かに必要とされれば、ようやく社会の一員として認められる
健気にひた走るヒューゴ
「今じゃなきゃダメなんだ、今やらなきゃ後悔する、あなたにも身に覚えがあるでしょう」
じわじわきていた感動が、この瞬間爆発したのは、私だけじゃないはず!
  
 

閉じる コメント(20)

顔アイコン

ファンタジー・アドベンチャーかと思いきや、ほんの近場での話。
子供目線で演出していたので、子供から見たらこんな出来事もアドベンチャーなのかなぁと思いました。

映画の専門学校で観た映像と人物が登場し、非常に懐かしい思いが込み上げて来ました。
映画という空間の中でボクは限りない時を過ごした事を実感しました。
今作を観て思い直したこと。「映画が好きで良かった!」

TBヨロシクです。

2012/4/2(月) 午後 8:45 どらごんづ★

ラストのヒューゴの台詞、これはもう堪りませんでした!
普段は3Dはあまり乗り気ではないんですが、これは良かったです(^^)
TBさせてくださいね☆

2012/4/2(月) 午後 9:41 なぎ

これは自分も最近見に行ってきました^^
良かったですね、スコセッシの映画愛!
自分は3Dで見たんですが、3Dで見たかいがあったかな?って初めて思った映画でしたよ^^
世界観とか映像とか、やっぱりきらびやかで美しかったです。
メリエス時代の映画を、3Dでやっちゃうって、現代らしい試みでしたね〜笑。

2012/4/3(火) 午後 4:06 WANTED222

あ、2D版をご覧になったんですね^^;
出来れば3Dで観て欲しかったなぁ…。
3D否定派の僕も今回の映像にはかなり満足しました♪
映画館に忍び込むシーンとか、良かったですよね〜〜^^
何気ないシーンからも映画愛がひしひしと感じられて、凄く幸せな気持ちになれました!!
エイサ・バターフィールド、今後が楽しみな役者さんですね♪
ヒューゴの台詞はどれも胸に響きました^^
僕もリリィさんと同じく映画史に疎いのが悔やまれます…。
多分これは今年のマイベスト10に入るかなぁ♪
素晴らしい作品でした!!
明後日記事UPするので、その時にTBしますね^^

2012/4/3(火) 午後 6:04 れじみ

顔アイコン

これはスコ爺の映画愛を確認するためにも、彼が初めて撮った3Dでの鑑賞となりました。元々はファンタジー系は好きなジャンルではないので、監督が彼でなかったら観なかったと思います。大人向けな内容だったので、それが私には良かったですが、お子様連れには、がっかりな作品だったと思います。
TBこちらからもお願いします。

2012/4/3(火) 午後 6:45 オネム

どらごんづさんo(^ー^)o

映画専門学校に通われていたんですか
それは懐かしい映像が登場して、想い入れもひとしおの映画になりましたね
映画愛溢れていました
この部分に関しては勉強不足だった私は弱く、もっと感じたかったですね

TBありがとうございました♪(゚▽^*)ノ⌒☆

2012/4/3(火) 午後 10:12 リリィ

なぎさんo(^ー^)o

ラストのヒューゴのせりふにはやられました!
もうどかんと感動が押し寄せちゃって・・・
私は2Dを選択しちゃいましたが、3D良かったみたいですね

TBありがとうございました♪(゚▽^*)ノ⌒☆

2012/4/3(火) 午後 10:14 リリィ

WANTEDさんo(^ー^)o

そうなんです、3Dは疲れるだけで、物語を純粋に楽しむ邪魔をするし、いいところないと最初から通常版を鑑賞してしまいました
でもこれは3Dの意義が感じられたのですか、損したかしら?

メリエス時代の映画、無知でした
でも映像美も申し分ないし、面白かったですよ♪(゚▽^*)ノ⌒☆

2012/4/3(火) 午後 10:18 リリィ

れじみさんo(^ー^)o

2Dで観ちゃいました
「アバター」も「アリス・イン・ワンダーランド」もぐったり疲れただけで私には楽しめなかったので、3Dは懲り懲りしていました
でもそんなに満足されたのなら、もう一度挑戦すればよかったかしら@@;

まだ今年はじまって間もないですが、私の中でも上位はみんな生涯心に残るような素晴らしい映画たちです
これ、今のところ4位なのですが、同じく10位から消したくないです!!

れじみさんの記事、楽しみにしています(゚∀^)ノ

2012/4/3(火) 午後 10:36 リリィ

オネムさんo(^ー^)o

監督3D自信ありげでしたよね
確認するべきでした、失敗だったかな?@@;

ファンタジー苦手だと聞いていましたね
私は大好物ですが、子供には確かにちょっと小難しいでしょうか
映像は壮大なので見惚れてしまって、これから映画ファンになるなんて稀有な子供も現れそうです・・・
それはそれで素敵なことですね!

TBありがとうございました♪

2012/4/3(火) 午後 10:44 リリィ

あ、けど「アバター」以上の3Dではないですね^^;
逆に言えば、疲れるような映像じゃなく、世界観に浸れるような3D映像だったとも言えますけど♪
僕も今の時点では上位5位に入ってますが、同じくこれはベスト10から消したくないです^^;
まぁけど、これを上回るような作品を観たいって言う気持ちもあります…笑

TBお願いします♪

2012/4/5(木) 午前 7:50 れじみ

れじみさんo(^ー^)o

3D疲れます
でも世界観に浸れるような出しゃばらない3D体験なら、歓迎です
今度話題になった3Dはもう少し検討してから決めますね!

わかります
この映画もすっごく良かったけど、さらに上、もっと面白くて、心に響くものを常に待っていますよね
高望みというか、向上というか(笑)

TBありがとうございました♪

2012/4/5(木) 午後 3:53 リリィ

あ〜ノートルダムのパリみたかったですね〜
スコセッシ監督の映画愛に満ち溢れラストはヒューゴ…若い世代に受け継がれ・・・それが3Dにもつながるのかな?と思ったりとっても楽しめた作品でした。TB遅くなりました。お願いいたします。

2012/4/6(金) 午後 10:45 ひかり

ひかりさんo(^ー^)o

いえいえ、TBありがとうございました♪
お忙しそうなのに、催促しちゃったみたいで・・・

やっぱりスコセッシ監督のこだわり3Dで観なかったのは惜しかったですね
映画愛、満ち溢れていました♪

2012/4/6(金) 午後 11:19 リリィ

アバター

“ノートルダム”のカジモト…

言われてみれば上から見下ろす生活と孤独感…

色々共通点がありそうですね。

とても情熱的なレビューに色んなシーンを思い出しました♪

(追伸)
最近全然家観が出来ていないんだよね…

まずは“縞模様”を観よう♪

2012/4/19(木) 午後 8:54 ちゃーちゃん♪

ちーちゃんo(^ー^)o

なんとなく、フランスのパリを舞台にしていて、人の目を盗んで孤独に生きるヒューゴが、カジモトと重なりました
ヒューゴは愛くるしい容姿ですが(笑)

私も最近まったく家で映画観てないですよ><

2012/4/19(木) 午後 11:08 リリィ

顔アイコン

遅ればせですがぁ〜m(__)m
TBよろしくです〜凸

2012/4/22(日) 午後 11:57 ちゃーちゃん♪

ちーちゃんo(^ー^)o

TB&凸ありがとうございます

この後、「サラの鍵」を鑑賞しに遠出してきます
記事アップされていましたよね
私がレビュー書けるのは遅くなりそうですが、またお願いします♪

2012/4/23(月) 午後 1:03 リリィ

顔アイコン

温かみのある作品でしたね。
ヒューゴの健気さが自分の周りに人と集め結果として温かい手を差し伸べてくれる。
そして自分で未来を切り開いたわけですし、感動でした。
TBお願いします!

2012/6/12(火) 午前 7:19 かず

かずさんo(^ー^)o

ヒューゴが環境にも挫けず、ひたむきに生きていたから、いい出会いがあったんですよね

TBありがとうございました

2012/6/12(火) 午後 5:11 リリィ

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事