ここから本文です
ブログ始めました!

TLヘッド

ヘッド外して
イメージ 1
TLのシリンダーヘッド外しました。
イメージ 2
前回のオイル漏れの修理です。
イメージ 3
合わせ面確認すると、平面ではありませんシクネスゲージで隙間確認すると0.05以上カムチェーン側に隙間が、どおりでオイル漏れするわけです、会社にヘッド持ち込み面出ししてきました。
イメージ 4
組み付けにはMキッズさんも使っている、高耐熱ガスケットを使い組み立てました。
スプレータイプなので均一に塗布出来てナカナカいいかも。
イメージ 5
車体に戻し試運転後の状態確認です、漏れ滲みもありません。
イメージ 6
作業ついでにサイドのゼッケンも付けて見ました、取り付け位置とラインはジャン熊君の指定です。





この記事に

昭和の商用車

行って来ました伊豆まで
イメージ 2
働く車に参加の為、朝4時30に牧之原SAに集合です、私はジャンクパパさんのキャブスターに同乗させて頂きました。
イメージ 1
3時に自宅を出発しパパさんとの待ち合わせ場所に向かいます。
4時チョイすぎには牧之原に到着です、当然誰も居ませんパパさんと食堂にて皆が来るのを待ちます。
チョイチョイ集まり始め4時30分頃Otty君よりTEL、ゲテモノ君寝坊の為遅刻しますとの事、行き先分かってる人現時点で誰も居ません行き先分かるOtty君ゲテモノ君の到着待ちます。
一時間後ゲテモノ君到着時の画像です、すでにもう終わったって感じの顔を二人ともしてます。
イメージ 3
話を聞くとこちらに向かって高速走行中に事件が発生した様です、牧之原到着まであと少しの所でフロントガラスがバンと音をたて一瞬で白くなったと話してます。
イメージ 4
皆でTNを見に行くと確かにガラス細かく割れてます、強化ガラス特有の割れ方です。
よくここまで来たね〜とゲテモノ君に尋ねると、窓から顔を出して走って来たそうです、車内にガラス落ちなくて良かったな〜状態でした。
イメージ 5
このままでは何も出来ないのでガラスを取り除きます、コンビにでガムテープ買ってきてゲテモノ君S太くんとで中から張ってきます。
イメージ 6
あまり力入れて貼るとガラス崩れてしまうので慎重にガムテープ張ってきます。
イメージ 7
張り終わり中から押します、ガラスが外へ崩れそうになり外すの中断です。
イメージ 8
雨の為ガラス濡れてますが外も張ります、慎重に慎重に張りますここで崩れたら大変です。
イメージ 9
外し終わり皆で残りのガラスの破片取り除きます、強化ガラスは細かく割れてしまう為後始末大変です。
イメージ 10
綺麗に取れました、この時点でゲテモノ君レッカー呼ぼうかどうしようか迷ってましたが皆が、ここまで来たなら行くしかないだろー的な皆の圧力でチョット駐車場内を走って決める事に。
イメージ 11
走ってみました、結構行けそうな感じ余裕ですよ〜との事で先に進むことになりました。
イメージ 12
さあ出発です、ですがゲテモノ君この後悲惨な状態になるとも知らず余裕の表情です。
イメージ 13
先に進みます。
イメージ 14
先に進みます、雨もチョット酷くなってきました。
イメージ 15
由比PAに到着です。
イメージ 17
ゲテモノ君の様子見に行きます、もう顔が逝ってますもう限界てきな表情してます、寒さで震え雨が降りこみ前だけ濡れてます、これ以上走らせるのはかわいそうなので皆で協議します。
イメージ 16
Iさんのデコトラにはレストア途中のTNが載ってます、さあどうしよう幸いデコトラにはユニック付いてます、もうキャブスターに載せるしかしかないでしょ、載せたまま現地に向かうしかないでしょ〜的な話になりキャブスターに載せる事に決定です。
イメージ 18
スリングベルトで吊り上げるにも幌が邪魔です、でも当時物の幌カチカチで破れそうです慎重に外してきます。
イメージ 19
幌を外し吊り上げます、昔の軽とはいえ流石に吊り上げると迫力あります。
イメージ 20
吊り上げキャブスターの上を旋回させ荷台に慎重に下ろしてきます、こんな時の団結力は流石です百戦錬磨の集団です。
イメージ 21
載せ終わりましたしかしよくまあ載ったもんです、測った様にピッタリ入りました、この時点で雨で皆結構濡れてます。
イメージ 22
後ろから見るとこんな感じです、横幅ピッタリ入ってます。
イメージ 23
先を急ぎますミニキャブ先頭で走ります、雨が酷くなってきます。
無事沼津インターに到着し一般道に入った所でガチャが外れてしまい掛け直します、しかし途中の有料道路入った所で点検したら簡単に外れた為、ワイヤーを使い掛け直し会場近くの山道に備え出発します。
イメージ 24
ヤハリ道路状態悪いし坂道急だし雨も降ってるしパパさんの巧みなステアリングさばきとアクセルワークで会場を目指します。
途中下りる道を間違え皆とハグレタのはここだけの秘密です、ですが用心の為に小型のナビを持っていったので直ぐに合流できました。
イメージ 25
会場近くは霧まで出ていて何処に行かされるのか一瞬不安になりました。
イメージ 26
無事会場に到着しました、家を出発して7時間後の事です会場にはミサイル号がチャンとあります、その横には親方のジュニアが。
イメージ 27
会場はデコトラ一杯です、見学者も一杯で大盛況です。
イメージ 28
アイドルグループのお姉ちゃん達がウイングトラックの荷台で歌って踊ってました。
イメージ 29
物売りの中には電飾キラキラのデコトラのラジコンも販売してるし飾り等出店一杯ありました。
イメージ 30
デコトラ沢山来てましたが、昔の働く車が雨のせいで少なかったのがチョット寂しかったですね。
パパさん雑誌社の取材受けてました、4月号に今回の記事が載るそうです。
イメージ 31
しかしこの人達は元気ですWゴロウです、親方と北の国からのゴロウさんにコスプレしたゴロウさんです。
イメージ 32
当時の土方にコスプレしてポーズを決める三人集です、当然手にする道具も当時物です、しかし会場は寒いですですが親方達は熱く燃え上がってました岳南組恐るべし。
イメージ 33
私はといえば伊豆は暖かいイメージしかなく、まさかこんなに寒いとは思わずこんな草履で行ってしまった為、ド寒い思いをしました最後の方はブルブル震えてました。
イメージ 34
寒さで現地を何時に帰路についたか忘れました、帰り道はお約束の様に渋滞にはまりやっと高速に乗りました、ここは愛鷹PA各々食事をします冷えた体には暖かい蕎麦、うどんが一番ですね。
パパさんのキャブスターは今回が初めての遠出らしかったのですが、よく働いてくれますコレゾ働く車ですね、ここで遠州組みは解散です各々帰路に着きました。
イメージ 35
私たちはIさん家でゲテモノ君のTNを降ろす為向かい、無事任務完了しました、因みにゲテモノ君はこの後雨が降る中自走で自宅まで帰ると言ってました。
またアァ〜〜〜〜ッと叫びながら走ったのでしょうか?
TN降ろした時のジャンクパパさんホットした顔してました、まさか軽トラを荷台に積んで走るなど思ってなかったでしょうから、本当に疲れたでしょうお疲れ様でした、前日から準備で入っていたジャン熊君もお疲れ様、参加された皆さんもお疲れ様でした。
追伸
ゲテモノ君、Otty君本当に無事で良かった、一歩間違えば大事故になりかねないことだっただけに無事帰って来れてホットしてます。















この記事に

働く車

ここから始まった
イメージ 1
事の始まりはこの事件から。

この記事に

カブC50

Yさんのカブ
イメージ 1
Yさんカブ大好きです、油田王のカブに負けじと新しくカブを購入しました、試乗しましたが吹き上がりスピード変です、ゴボゴボもたつくしエンジン上の伸が駄目です。
イメージ 2
エンジンは88ccとの事で購入されたようですが、ヘッド外して確認したら80ccでした、残念ですこれではYさん乗るには非力です。
イメージ 3
エンジンの中にオイル回ってるきがします、排気側だけカーボンの堆積多い気がします、分解時ゴムシール切れてる奴と変形して潰れてるのがありました、多分組み付け時の問題もあるのではと思いました。
イメージ 4
こうゆう所の作業見るとチョット考えます、オイルシール折れて嵌ってます、隙間出来てオイル滲んでます。



この記事に

木箱

森永の木箱発見
イメージ 1
片付け中ふと棚の上を見たらこんな木箱が、森永ドライミルクです右から文字です。
イメージ 2
中もわりと綺麗ですね。
イメージ 3
横はこんな感じです、海外にも輸出してたんですかね高さ約240幅260長さ340ぐらいでした、何時持ってきたか記憶にありません。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事