grunerwaldのブログ

ドイツと音楽、歴史や旅行を楽しむ憩いの森へ
細川俊夫作曲、サシャ・ヴァルツ振付け・演出のオペラ「松風」の公演二日目を初台の新国立劇場で鑑賞して来た。

イメージ 1

2011年5月にベルギーのモネ劇場で初演されて好評を博し、以後ポーランドやルクセンブルク、ベルリンなどでも上演され、高い評価を得ている。個人的には2013年の2月にベルリンを訪れたのがちょうど「松風」がベルリン国立歌劇場(シラー劇場)で再上演された翌週で、現地で話題になっていたのを覚えている。その時は鑑賞は叶わなかったが、その夏のザルツブルク音楽祭のN響初出演演奏会(指揮デュトワ、フェルゼンライトシューレ)で同作曲家の「嘆き」(ソプラノ:A.プロハスカ)を聴いている。なので、「松風」はずっと気にかかったままだったので、ようやく「凱旋公演」のかたちで東京で観ることが叶ったのは同慶の至りである。この日のチケットは完売だったようだ。

「松風」のタイトルでわかる通り、素材としてはもちろん能の「松風」から取られている。ただし、能の表面的な真似事をオペラでやるのではなく、あくまでも新しいオペラのかたちを模索したと、作曲者は「作品ノート」で書いている。私は庶民なので、庶民の娯楽の歌舞伎や文楽は好んで観に出かけるが、能の実演にはまだ接していない。その意味でも、能の世界への「橋架かり」になることも意識して、この公演を楽しみにしていた。

舞台は在原行平が一時遠国送りとなっていた須磨の浜辺で、作曲者によると、浜辺というのはあの世とこの世の境界線であり、この世とあの世が交通するところであるらしい。能の舞台では演者(霊)と舞台(この世)を結ぶ「橋架かり」に結びつく。行平はここで地元の潮汲みの松風と村雨姉妹と懇ろになったが、行平は都に呼び戻された後に病にたおれ、それを伝え聞いた松風・村雨姉妹もこの世を去る。この悲恋の物語りを聞いた旅僧が体験した松風と村雨の霊との一夜の交流が音楽とコンテンポラリー・ダンスで表現される。その世界は予想の通り大変幽玄で幻想的なものだった。同じコンテンポラリー・ダンスと言っても、二年前のザルツブルクの「ダナエの愛」で観た妙ちきりんなタコ踊りに比べれば、その動きは躍動的で説得力があり、また書画の筆さばきのような美しさも感じられた。

舞台はとても抽象的で、樹木の茂みのような(というか「かすみ」のような)目の細かい網が舞台正面に張りめぐらされ、その向こうでワイヤーで吊られた松風と村雨が浮遊するように無重力的な動きを取りながら歌唱することで、彼女らが霊であることが表現されているようだ。すべてが幻想のような曖昧模糊としたビジュアルのなかで、唯一、浜辺を照らす月だけが明るく美しいのが印象的。

細川の音楽も動と静の対比が印象的で、無調性の弦の浮遊感が絶妙だ。ところどころで聴こえる風鈴の音は、霊鎮めの響きだろうか。音楽自体が、風の音や波の音、松葉のざわめく音など、自然界を意識した一種のアニミズムであるように感じられる。なお、潮汲みの桶の水音や風の音、波の音などはSEで効果的に演出されていた。

能に触発されるかたちで、こうした本格的な世界的鑑賞に堪えうる芸術にまで昇華させるのは並み大抵ではない。近年日本のメディアで多く見受けられるところの、表面的で底が浅く内容の薄い、自画自賛の「日本美化」キャンペーンで大衆の消費に供せられる権力者の玩具的風潮と、今回の「松風」凱旋公演はまったく異次元の別物であり、むしろ日本は7年もの遅きに失していることを露呈したとは言えまいか。なお本公演はNHKのTV収録が入っており、後日「クラシック音楽館」で放送予定とのこと。一幕で上演時間は一時間半。午後三時開演で余裕の日帰り鑑賞だった(ドイツ語上演・日本語字幕)。

[指揮]デヴィッド・ロバート・コールマン [演出]サシャ・ヴァルツ [独奏・独唱]イルゼ・エーレンス(S) / シャルロッテ・ヘッレカント(Ms) / グレゴリー・シュカルパ(Br)/萩原潤(Br) / 他 [演奏]東京交響楽団 [合唱]新国立劇場合唱団

イメージ 2


イメージ 3



この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1
いつもドイツやウィーンを旅行してホテルに連泊する際、スーパーやコンビニで必ず購入して部屋に備蓄しておくミネラルウォーターがある。ホテルの部屋の水道の水を飲んでも一向に差し支えはないようなのだが、とにかく飲みくちがきわめてスムーズでとてもおいしく、価格も高くないこのミネラルウォーターが買えるのも、毎回訪独・訪維のひとつのささやかな楽しみになっている。

 薄いグリーンのペットボトルの Römerquelle と言うオーストリア産のミネラルウォーターで、たいていのスーパーやコンビニや売店で販売されている。日本では「ローマクエレ」と表記されているようだが、発音としては、「レーマークヴェッレ」が近いのではないかと思う。現在はコカ・コーラ資本の傘下のようだ。

緑色のラベルが炭酸ガス入り(prickelnd)で、赤色のラベルがガス無し(Still, Non gas, ohne Kohlensäure)。ほかに弱炭酸の mild やレモン風味、ハーブ風味のものもあったと思うが、いつも買うのは赤いラベルのガス無し、Still のほうと決まっている。


これが実に口当たりがスムーズで飲みやすく、常温でも冷蔵庫で冷やしても、とてもおいしい。喉に引っかかることなく、ゴクゴクと一気に胃まで落ちていき、疲れた身体を癒してくれる。日本の水道水やミネラルウォーターとはまったく異なる飲みやすさで、病みつきになってしまうのである。

ミネラル含有比率を表す硬度で言うと、日本で一般的な軟水の基準のものはたいてい30〜100程度(単位はmg/ℓ)で、フランスのボルヴィックが60くらい、エヴィアンが291、ペリエで400などとなっていて、レーマークヴェッレはそれより高い635となっている(辻調グループ資料参照)。この数字だけ見るととても高い数値に思えそうだが、イタリア産で人気のサンペレグリノは674、フランスのコントレックスは1551、他にもイタリア産で1600以上の数値のものもあるようだ。日本の軟水を飲み慣れていると、この数値だけを見ると、なんだかとても飲みにくそうな印象を受けるかもしれないが、これが案外さにあらずで、上に記したように、大変くちあたりや喉ごしがスムーズで、味わいもよく、硬水はおいしくないのではという印象を大きく覆される。あくまでも個人的な印象でしかないが、そのまろやかさは日本で一般に市販されているミネラルウォーターとは比べものにならない。レストランで注文すると、500㎖の瓶入りで2〜2.5ユーロくらいは取られたと思うが、スーパーなら1.5ℓのペットボトル6本パックが4〜5ユーロ程度(だったと思う)で買える。重いのでせいぜい1本くらいしか買えないけど。とにかく、水でこんなに感動したのはこの水くらいで、これを飲んだら、そう簡単に「やっぱ日本の水が一番おいしい!」とは軽々に言えないな、と感じるのである。日本では取り扱いしているところはあるのだろうか。

ところで今日は、品切れでバックオーダーとなっていたポスター用のアルミパネルがようやく入荷したので近くのカメラ用品店に買いに行った。年末年始にウィーン国立歌劇場で鑑賞した「魔笛」と「こうもり」の公演当日のポスターを飾るためだ。ウィーン国立歌劇場では、公演当日の公式ポスターが、劇場に併設のCD店「アルカディア」(一階、ケルントナー通り側)で事前に頼んでおくと、幕間にホワイエ内に置かれる臨時の「アルカディア」のコーナー(CDやちょっとっしたおみやげを販売する売店)で購入できる(一枚5ユーロ)。その日の日付も入っているので、鑑賞の記念になる。ただし、丸めてビニールの袋に入れてくれるだけなので、帰国の際は手荷物にして折れ曲がったりしないように気を付けないといけない。公演後に気力と体力が残っていれば、建物一階外側(ケルントナー通り側、「アルカディア」の奥)の楽屋入口で出演者のサインがもらえるので、そのポスターにサインを貰うという手もある。ちなみにスカラ座では、オリジナルサイズでなく、A3サイズほどのミニチュアサイズのポスターが販売されていた。

※なんだか、途中でフォントが勝手に変わってるようだ。いつも通りに普通に入力してるのだが。ちょっと気持ち良くないな。

この記事に

開く コメント(0)

今回2017年末のベルリン訪問は二泊三日のみで、両日とも夜にはオペラの観劇を入れていたので、あちこちをゆっくりと歩く時間はなかった。なので、最近の訪問で比較的自由にベルリンを歩きまわれたのは、2013年の2月と、2014年の5月の訪問の時だった。それでも今回はシュプレー川沿いのベルリン大聖堂の向かいにあった、旧東ドイツ時代の「共和国宮殿」跡地の「フンボルト・フォーラム」の大掛かりな再開発工事の真っただ中の状況を確認することができた。

それ以前に、20年前の1997年の1月にベルリンを訪れた際には廃墟のような状態の旧「共和国宮殿」がアスベスト撤去工事の後、放置に近い状態で野ざらしになっていたのを見て、ベルリンのど真ん中にあるこの廃墟は一体、何なんだ?という興味が湧いた。たしか2005年の2月に再訪したときも同じような状態だったと記憶している。その後、8年のブランクの後、2013年の2月に訪れた時には、この巨大なコンクリートの近代建築が跡形もなく取り壊され、その跡にその地にもともとあった「ベルリン王宮(Berliner Stadt Schloss)」を再建すべく、大規模な再開発工事がはじめられた様子だった。旧「共和国宮殿」は、旧東ドイツ時代にホーネッカー政権のもと、かつて「ベルリン王宮」があった場所に、議会や5千人収容の多目的ホールに加え、ボーリング場やディスコなどの娯楽施設やレストランなどを併設した公共施設で、1976年に完成した。もともとの「ベルリン王宮」は18世紀からプロイセン国王の居城として使用され、19世紀にはヴィルヘルムⅠ世の時にドイツ皇帝の居城となったが、帝政終焉後のヴァイマール期には博物館として使用されるなどしていた。1945年の連合軍の空爆により破壊されたが、その後成立した東ドイツ政府により、1950年に取り壊された。

大通り沿いのベルリン大聖堂側には、再開発工事計画をPRするための「フンボルト・ボックス」という人目をひく八角形のパヴィリオンが常設展示され、この開発計画を一般に公開していた。後で調べると、総額で6億ユーロ、日本円で750億円近い公費をかけての巨大再開発事業は壮大だけれども、一体なんのために、どのような目的と用途に使われるのか、いまもってあまりよくわからない。フンボルトと名がつくだけに、大学関連や教育関連が主体になるのかも知れないが、それだけにしては支出額が莫大なので、市民は納得しているのだろうか。

偶然なのか、あるいはその全体の計画の一部分だったのかは知らないが、ウンター・デン・リンデンのベルリン国立歌劇場の修復工事がちょうどその時期と完全に重なったのは、関係者には吉と出たのか、あるいは凶と出たのか。つまり、大きな予算が必要とは言え、この「フンボルト・フォーラム」全体の費用に比べれば、国立歌劇場修復工事単体にかかる費用は、そこまで莫大ではない。しかし、「フンボルト・フォーラム」の莫大な支出に神経質になって、国立歌劇場修復工事までが無用な詮索の対象になってしまって、工事が中断し、完成が計画より延び延びになったのではないか、そんな気がしないでもない。とにもかくにも、こちらのほうはようやく去年の11月にオープンには漕ぎつけられた。

かつてベルリンの目抜き通りだったリンデン通りの東側が現在大規模再開発工事中の「フンボルト・フォーラム」だが、その西側のポツダム広場周辺は、東西合併後の90年代後半から2000年代はじめにかけて、まさに新しい近代都市がゼロから築き上げられていく真っただ中だった。1997年2月にここを訪れた時は、まさにソニーセンターを核とした巨大で新しい商業集積エリアの再開発の大事業が目の前で進行中だった。どこもかしこもクレーンと巨大な掘削機、それにどこもかしこも巨大な排水ポンプだらけで、街全体が工事現場となっていて、まだ新しい街のイメージは想像できなかった。それが、2005年に再訪した時には、完全に新しい巨大な近代都市がすでに完成状態にあり、おおいに驚かされたものだった。2013年に訪れた時には、ポツダム広場の地下鉄駅構内で、この新しい一画がどのように開発されていったかを紹介するパネル展示が企画されていて、大変わかりやすく写真パネル付きで解説されていた。

それによると、1989年の壁崩壊後、早くも1991年にはソニーがまっさきにソニー・センター建設用地購入契約にサインしたところから紹介されている。もともとは、この一角は1920年代、30年代には世界的にも抜きんでた芸術とエンターテインメントにあふれた、にぎやかで繁栄したブロックで有名だった。ヒトラーのナチスが政権についてからは、その拠点となったのも、このエリアだった。ニュルンベルクの巨大ナチス都市計画とともに、このベルリンのポツダム広場周辺も、ヒトラーが夢想するナチスの理想都市を側近で建築家のアルベルト・シュペーアに描かせたところである。当然ながら、第二次大戦末期には連合軍の猛攻で破壊し尽くされ、戦後は長い間ずっと、世界的にも有名な手つかずの空白地帯となっていた。かつてヴィム・ヴェンダース監督の「ベルリン・天使の詩」という傑作ドイツ映画があったが、そのロケ地として、当時のなにもないこのエリアがチラリと映っている。その後、ソニーセンターが完成したのは西暦2000年。その後には超近代的なイメージの新しいベルリン中央駅も完成し、その後の巨大開発事業が「フンボルト・フォーラム」に引き継がれて、東西合併30年後もベルリンは成長し続けているということになるわけである。

イメージ 1
上:今回2017年の「フンボルト・フォーラム」再開発工事の状況
イメージ 2
                   上:2013年、テレビ塔展望台から同工事現場を望む
イメージ 3
                 上・下: 旧東ドイツ時代の「共和国宮殿」の写真
イメージ 4

イメージ 5
                 上:2013年、フンボルトBOXより同工事現場を臨む
イメージ 6
                         上:ポツダム広場周辺、1930年代
イメージ 7
                      同エリア、1950年代の写真
イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
ソニーセンター、2013年
イメージ 14
地下鉄ポツダム広場駅、2013年
イメージ 15
上下:ポツダム広場周辺、2013年
イメージ 16

イメージ 17
上下:ベルリン中央駅、2013年
イメージ 18

イメージ 19








この記事に

開く コメント(0)

音楽旅行記は昨日のウィーン編⑨で終了としたばかりだが、大晦日のウィーンの写真を載せていなかったので、おまけとして追加しておこう。大晦日は昨日書いたように夜7時30分からウィーン・フィルのニューイヤー・イブコンサートで、夜10時前くらいには終了。さてその後、新年のカウントダウンまでちょっと中途半端に時間がある。とりあえず、市庁舎前広場か、リンクの中心のシュテファン広場か、どっちに向かおうかと楽友協会からぶらぶらとリンク沿いを歩き始め、足は自然と国立歌劇場の前の信号で止まる。ケルントナー通り側のオペラ座前では、「こうもり」のパブリックビューイングが行われていて、まだ演奏の途中のようだった。

トラムに乗って市庁舎に行くのも、ケルントナー通りをシュテファン広場まで歩くのも、そう変わらない。優柔不断なまま、そのまま人の流れについて行くかたちで、体はケルントナー通りのほうを向いて歩き始めていた。まあ、まだ十時過ぎだから、気が変われば市庁舎のほうに行ってもいいし、などと思いながら人の流れに乗ってケルントナー通りを歩いていると、途中から急に人が増え始め、おしくらまんじゅうのような状態になってしまった。隅田川の花火大会のような混雑ぶりだ。なぜ急にこんなに通りの人の流れが滞留してしまったかと言うと、通りのどまんなかで特設の小屋だか屋台のようなものを出して、なにかのイベントをしているのだ。それを避けて、大勢の歩行者が急に道路の片側に集中するのだから、たまらない。日本の街中でのイベントのように、警備員や誘導員のような気の利いた習慣はないので、なすがままと言った感じで、じわじわと流れに身を任せてちょっとずつ前に進む他ない。おまけに屋台のイベントでは、これは3年半ほど前にウィーンに来た時もそうだったのだが、巨大なサブウーファーで強烈なディスコのビートをこれでもかと言うくらいの大音響でドッカン、ドッカンとやっているので、こんな状態で聴覚まで奪われたら、なかばパニック状態である。

こういうお祭り騒ぎの時は、地元のヤンキーたちの血が騒ぐのは世界中どこでも同じ習性と見えて、そういうあんちゃんたちも何かのいざこざを起こして騒いでいるようで、なんだかよりによってとんでもないところに飛び込んでしまった。引き返すなんてとても無理で、15分くらい人並みにもまれて、ようやく空いてる脇道に出ることができパニック状態から脱することが出来たが、人混みを好む習性はまったく無いので、すでにもう疲労困憊である。ちょっとはまだ流れているグラーベン通りからシュテファン広場に出ることができたが、シュテファン寺院の前に特設ステージが設けられて、ロックのコンサートが行われ、カウントダウンに向けてのイベントが進行中だった。もう、とにかくうるさいのひとこと!これなら、最初から市庁舎のほうにトラムで行っておいたらよかったが、すでに疲労困憊。この後、新年のカウントダウンでさらに盛り上がり、花火やなんかも盛大に打ち上げられるのだが、こちとらもう、隣りのヤンキーのあんちゃんや若い観光客らにまじって「ヒュ〜!ヒュ〜!」とか言って盛り上がるようなノリはすでに持ち合わせていないので、ようやくたどり着いたカフェでひと休みし、11時半くらいにははやホテルの部屋に戻っていた。なので、新年はバスルームの浴槽のなかで迎えた。一汗流して部屋に戻ると、あちこちから花火があがる音が、小一時間以上は続いていた。こうして、結局どうと言うこともなく、ホテルの部屋で普通に新年を迎え、花火の音と救急車のサイレンの音を枕に、普通に夢のなかに落ちていったのであった。おわり。

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


この記事に

開く コメント(0)

クリスマスのライプツイヒからはじまり、ベルリン、ウィーンと続いた音楽旅行の記録も今回で終了。最後は大晦日の楽友協会の大ホールでのリッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィル・ジルベスター・コンサート(ニューイヤー・イブ・コンサート)と元日のウィーン国立歌劇場での「こうもり」(コーネリウス・マイスター指揮)で締めくくり。ともにウィーン恒例の大晦日と元日のお祝いイベントだから(もちろん元日のNYコンサートは言うまでもないが)、ああだこうだと言うのは野暮と言うもの。イブ・コンサートの写真とともに思い出として今回の旅の終わりとしよう。

※追記:TVの中継では豪華な花の飾りつけは映像で伝わるが、その香りまでは伝わらない。大ホールには結構濃厚な花の香りが充満していた。TV撮影用の照明の熱も相当なものなので、花のいたみも早いだろう。三日間のイベントとは言え、映像には映らないところでは花の管理のスタッフが大忙しというのは、よくわかる気がした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8




この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事