全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
共通する構図
フランスのジャーナリスト、ジャン・フランソワ・ジュリアールは2008年から〈国境のない記者団〉の代表である。彼のweblogのレポートから重要な部分を翻訳する。
 
ウクライナ共和国では、2月ヤヌコヴィッチ大統領が就任して以来、メディアの仕事の条件があらゆる注意の対象になった。情報の複数化主義は減少した。ジャーナリストへの暴力は、主謀者が処罰されないような微妙な方法で増えた。
他のどんな国なら、安全保障局(SBU ウクライナ保安庁)のパトロンが同じようにいくつものTV局の所有者であることを受け入れるだろうか?しかし、大統領の取り巻き連とプレスのパトロンたちの間の絆は非常に緊密である。
 
これはかなり世界的に共通する構図を抜き取っている。国家権力とTV局、新聞のヘッドは同一であること、表現の自由を邪魔されるのが社員である、ということだ。
強迫観念に悩まされるジャーナリストは、ギリシア神話のオディッセウスを見習えばいい。彼は単眼の巨人(キュクロプス)に捕らえられたが、名前を聞かれて〈ウー・ティス〉と答えた。誰でもない、という意味。オディッセウスと部下に目を潰され.ると、単眼の巨人は仲間に言った。〈誰でもないにやられた。
 
現代のメディア・ネットワークは、閉鎖的な国であれば、簡単に同じストーリーのフィクションをつくって人をだませる。
日本では満州帝国に立派な前例がある。ラジオ放送局を裏で支配していたのは、有名なテロリストたちだった。その奇妙なドラマが終わったという話は聞いたことがない。事実、終わりそうにない。

 
親ロシア派の政治は表現の自由に反対する、と単純に考えるべきではない。反ロシア派の政治がどんな残酷な活動をしたか、ということは戦前の日本を見れば明らかだ。
 
1 En Ukraine, les télés ont comme patron les services de sécurité
Jean-François Julliard  25.07.2010 Nouvel Obs

 
戦前と戦後の放送局の一面について
 
 
Filming; 2010.7.25  JR東大館駅前交差点
 
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事