全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
反旗
☆民主党の代表選挙で14日午後、菅直人首相が予想外の差をつけて再選された。
 
国会議員票(有権者411人、1人2ポイント)では、菅首相が206票(412ポイント)で、小沢一郎前幹事長の200票(400ポイント)を6票上回った。
党員・サポーター票では、菅首相が249選挙区(249ポイント)で勝利、小沢は51選挙区(51ポイント)にとどまった。
地方議員票では、菅首相が60ポイント、小沢が40ポイントを獲得した。
合計で菅首相は721ポイント、小沢一郎は491ポイント。[1]
 
自民党時代からの実力者小沢一郎にとって不運なのは、支持基盤の地方が反旗を翻したということだろう。建設中心の公共事業で地方のボスを養うだけでは国のリーダーに向かないと判断される時代なのだ。〈スクラップ・アンド・ビルド〉の手法を政治に持ち込むのは、限界である。しかし、民主党の国会議員の半分はあいかわらず古い観念で行動している。これが新しい菅内閣の悩みの種だ。
 
1毎日新聞 2010年9月14日

 
Filming; 2010.7.27 アトリエ
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事