全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
廃鉱
☆加護山製錬所はきみまち阪の西斜面にあった。藤琴川と米代川と阿仁川のターミナルの位置が南蛮吹きによる銀製錬を支えた。しかし、自然が荒廃した。煙の大気汚染も恐れられた。二ツ井には眼病が多かったという話を聞いたことがある。加護山の加護は篭に由来するので、それから歴史の真実を探るべきだろう。というのも、長木川源流ナマズ沢に篭谷(かごや)という集落があるが、その奥の深い沢は廃鉱の影響か、惑星の空間のように生命の存在が感じられない。その無気味さの中を歩いてから篭のメッセージ(指示内容)について考えるようになった。
 篭は竹や蔓を編んでものを入れて運ぶ道具だが、〈仮面とガラガラ〉つまり銅と雷を屈折的に示し、鉱山と製錬作業の象徴である。それを何気なく表現したのが〈かごめの歌〉である。
 
HHJ 全部読みたい
 
Filming; 2008.10.18 小ナマズ沢源流 旧小坂鉄道2号トンネル
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事