全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
☆県道大館十和田湖線を通ると、大館市内で一番印象的な建物が雪沢小学校校舎。設計はアトリエ建築設計だと覚えているが、完成してから20年過ぎたか?
 
雪沢小学校は長木小学校と統合されて、今年3月末で廃校になった。子どもたちはバスか自動車で約10km離れた小学校に通学しなければならない。統合の理由は何か?HHJは、運が悪いのか、その説明を見ていない。
 
校舎はどうなるのか、という当然の疑問がある。大館市は長木公民館雪沢分館の移設を計画したが、5月定例市議会で予算が反対多数で否決された。
 
 
Filming; 2014.6.22
 
 
 
イメージ 2
 
■教育産業委員会(佐藤久勝委員長)16日 [1]
「公共施設の維持管理費が課題で、施設を減らす方向に進んでいる。今回は現施設をどうするか説明もない」
「雪沢地区の人口を考えると、費用をかけて整備する必要があるのか」
 
■総務財政委員会(花岡有一委員長)17
「(当局の)提案の仕方や準備に不十分な点があるのではないか」
「分館をなるべくなくすとの方向性を示したのに、なぜ雪沢は『分館』に小学校を使うのか。維持管理費も市の負担となる」
 
総合的に考えれば、これは周辺地域いじめのパターンである。統合は立派な校舎を無用化する口実でしかない。市議たちの反対意見は小畑市長の腹話術のように聞こえる。例によって民主主義議会芝居である。
 
とはいえ、本当のことも混じっている。大館市の財政は重病で、予算の数字はなかなか現金に変化しないということだ。その理由は安倍内閣に聞けば分かる。
 
最近の傾向から考えれば、旧雪沢小学校の美的な建物の運命は、老朽化、解体だろう。小畑市長と市議会は、市民を不安の中に投げこむような非民主的な態度を取るべきではない。
 
 
 
1 北鹿新聞 平成26620
 
 
 
 
*水源シリーズ
*環境の危機
*歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
 
---リヴァー・ポートだより---
 
        広告募集
 
G mail;  odatebridge@gmail.com
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事