全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


28日、921分の普通列車で津軽湯ノ沢に行き、平川源流の津刈(つがり)川を撮影した。4km上流の津刈ダムの少し前で流れに架かるコンクリートの小橋に下りて、やっと涼しい空間に入れた。しかし、水は赤く濁っていた。
 
砂子沢との合流地点から見ると、滝があった。そのあたりの水の流れは赤茶けていた。
 
高台にもどり民家をながめると、絵画のような印象だった。蕷ヶ平(いもがたい)という妙な地名と対照的だ。しかし、元気なのは〈たけのこの里〉の旗だけで、空しく揺れていた。
 
リンゴは、小さい果実ができていた。
 
津刈橋たもとにある温泉は、廃業していた。大雪で建物が潰れかけている。
 
津刈橋を前景にして船岡山とハイウェイを撮影した。平川と津刈川の合流地点にある小高い三角山、船岡山の撮影が今日の第一の目的。駅から来るとき〈舟岡〉バス・ストップの近くで撮影したが、排気ガスが邪魔だった。
 
津刈橋左岸には船岡神社があった。馬の彫像が鳥居のうしろに立っている。小屋のような神社の中には5円玉を鳥居のかたちに並べた奉納品。しかし、金色に輝く5円玉だ。
 
平川の船岡山は京都建設の基点とされた船岡山とどんな関係か、分からない。同じ名前で船のフォルムだから、起源にも共通点があるだろう。津軽の語源と言われる津刈は日本書紀に出る地名である。
 
船岡橋は今、塗料を塗りなおす補修工事中でベニヤ板が橋桁を蔽っている。国道7号線が船岡山の東斜面を削り取ったことを残念に思った。2015年のように丘のふもとを半分回ってみたが、登れそうなところは見えなかった。
 
3時半ごろ、大館に帰った。
 
 

Filming;2016.9.22 津軽湯ノ沢 船岡山


イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19



イメージ 20



イメージ 21



イメージ 22



イメージ 23



イメージ 24



イメージ 25



イメージ 26



イメージ 27



イメージ 28



イメージ 31



イメージ 29



イメージ 30



イメージ 32




Filming; 2017.6.28



List-関連記事一覧

 
 
 
 
RIVER PORTHOUR 2 SELECTION ARCHIVE
 
*大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
*水源シリーズ
*環境の危機
*歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 







閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事