全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
イメージ 2
  
美を認めない思想
国土交通省は無電柱化を推進する計画案を公表した。バリアフリーが求められる道路を重点的に、2018年度からの3年間で約1400kmの区間の道路で電柱を地下に埋める。災害のときの緊急輸送道路では地方自治体が管理する道路の無電柱化事業に対して財政支援も行なう。ところで、大館市では長倉町と末広町の国道7号線で去年から電力線や通信ケーブルなどを地下の共同溝に埋める事業が進んでいる。目的は、景観・観光、安全・快適、防災。景観は警官ではない。普通は美観と言うが、行政機関はその言葉を使いたがらない。美という言葉がギリシア思想の美のイデアを想起させるからだろう。プラトンは〈想起は認識である〉と考えた。美という言葉をきらう人たちは美を認識する気がないどころか、その存在に反感を持っている。現実を見れば、分かることだ。
世界の恐怖
NHKの〈ニュース・シブ5時〉は夕食のとき何となく見る。ニュースの他に坊さんがスタジオに出ることが多い。母の話では、よく出るということだ。幽霊のようだが、仏教らしく墓などの話をする。食事しながら見る番組ではない。公正の点で放送法に違反するだろう。
仏教のイメージは、神道とキリスト教に比べて暗い。人の死をあつかうからか?しかし、仏像と用具、墓場などのように気持悪さを感じさせる雰囲気はこの世界の恐怖を表現している。仏教は言葉で説明して一般の人たちに理解させようとしない。逆に悪用してこわがらせる意図があるらしく、明かりが消えて世の中の不思議さは減らない。現象をただ何となく了解すればいいというのは、反知性的である。こういう思想は地震多発列島に来て他の地域よりも威圧的な力を持ったにちがいない。
説明すること
民主主義で大事なことは説明するということだろう。私はこう考える、と言って、他人が理解できなければ、理由を説明しなければならない。他人が精神と肉体を持った存在で自分のように知性と感性があると認めることである。それを好まないのは、冗談半分だが、伝統的な詩歌の影響だろう。しかし、説明して否定されたら?別の考えを聞けばいいが、利益の度合いに応じて話が感情的になる。自分の考えを否定するのは自分の存在を否定することにつながると思うのだろう。
言葉はコミュニケーションのためにあるが、根本的には自分が生きている世界を説明するためにある。まず自分に説明して、他人と話し合う。安全か?正しいか?疑わしいか?野球のように危機的な状況ではいい加減な話はできない。正直な対話が平和の設計図である。


Half and Half Journal [HHJ]



2 日本テレビ 2018220 12:09

  北鹿新聞 平成28826



Filming; 2018.3.18 末広町 国道7号線 長倉交差点から見る



イメージ 5


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]

*船型遺跡の丘 きみまち阪 2007  video 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 

 藤琴川 きみまち阪の建設工事と対岸からのながめ 2017 video

*草木根市川のページ  new  

*クルマンタ遺跡は文化財として保護されていない!!! 

 


イメージ 3



    RIVER PORT HOUR 2  

 FB  River Utopia 


 

大館市役所西側本庁舎を保存しよう

*Odate city hall Spiral staircase 大館市役所 らせん階段とドーム 2013

*大館橋を復元する会のプラン

*大館大火を映画化する市民の会

 

水源シリーズ

*Nagakiriver Documentary: 長木川源流-皆倉橋 上下流 1997

*平川源流 折橋沢川 2011 

*中山沢川 源流 2014

環境の危機

*山田川支流 保滝沢川の水源と集落 2006 video

*沼館川 八方山の自然 2006

*曲田沢川のページ

歴史遺産の保存

*旧田村鉄工所

*BigFire Memories 1953

*防火建築第1号 片町連鎖店舗の今

 

*今日のリンク

*List 10 はせ川食堂

*ゴミと絶滅作戦

*追い出された可愛い土偶たちにあいさつ

*日本はこれからどんな国をめざせば?

*環境サイン/記号問題

*きみまち阪に魔の手 6; 小繋インターチェンジの破壊力

*List 9 自然 環境   凶悪犯オゾン オゾンは有害物質!

*白黒バー・コード; 国会で日常生活防衛の話がない

*1953.4.29 風呂屋町大火 F;突然、あのマツダランプの映画会の広告 

*市民だましの連続/文書の散逸とは?/ 歴史隠滅



イメージ 4


 

---リヴァー・ポートだより---

*ライブ・スタジオ案内 

*ハーフ・アンド・ハーフ・スタジオの歴史

*ロケ

 

       広告募集

■ 川のスポンサー募集

 

G mail;  odatebridge@gmail.com

 

 

















閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事