全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
イメージ 2言葉の樹  イメージ 3
家系のミッシング・リンク
 
歴史のストーリーで悩まされるのは、家系にミッシング・リンクがある場合だ。その実例はめずらしくないが、理由をあらためて考えると、第一に権力の干渉である。これは名前を消してしまうので、後世の人が追跡できない。名前が残っていても、異説で思考の歩みを妨害する。どんな人間か、分からないように他の資料へのリンクを断ち切る。
;
しかし、そういう常識と別の理由が見えてきた。一族あるいは家族がみずからミッシング・リンクをつくる。政治や仏教の権力が絶滅作戦的な迫害と処罰を行なうと、生きのびる可能性は血縁関係を霧の中に紛れさせることだ。家系図にも言い伝えにも表わされないが、遺伝子(DNA)は正常に保存継承される。戦国時代末期と江戸時代に普通にあったことだろう。最大の犠牲者は、本能的に知性の劣化を恐れる公家だったと思う。



*List 10 長谷川一族の風景 長谷川歌野という名前から思うこと

 

Filming;2018.10.21 アトリエ


イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 


イメージ 5

                                              
 
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク


イメージ 6


 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 







閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事