全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
編集長―ギリシア神話の神々が住まうオリンポス山は、エーゲ海から見えるかもしれない。
アロマ―地図で見ると、オリンポスの山頂は海岸から10kmほどだから、よく見える。田代岳より近い。
編集長―頂上が二つあるような岩山だな。
アロマ―ギリシアの最高峰ミティカス(Mitikas) が標高2,917m。スコリオ(Skolio)が標高2,912m。エーゲ海からながめると、アルプスに似てる?
編集長―そうだ。雪が降りつもる季節なら、ね。ドナウ川源流から来たケルト人はノスタルジーを感じるだろう。
半分半分放送局長―その地域の海岸に船を泊めて上陸した、か?ありそうなことだ。
 
編集長―オリンポス山には遺跡がないんだ。天空の支配者ゼウスなど12柱の神々の住居だけど、荒々しい岩の塊だ。そこがなぜ聖域とされたか?若いときに読んだギリシア神話の記憶を辿ってると、アルカディア地方の聖地オリンピアとオリンポスが混ざり合った。これもダブル・イメージだろうと考えた。そして、オリンピアとオリンポスについて調べた。
特派員―去年の6月、炭谷川の撮影からもどったあと、一生懸命ページをめくっていましたね。
編集長―そう、オリンピアとオリンポスは遠く離れていた。南北に約300kmだ。
放送局長―歩けば、1週間かかる。
編集長―ギリシア人はサンダル歩きだよ。それは別にして、オリンピアとオリンポスは似たような発音だけど、語源は分からない。どんな連関があったか、ということも明らかでない。そうしていると、幸運なことにオリンポス山の写真をインターネットで見ることができた。ミティカスは植物が生えない岩山で、頂上のあたりは青空に船の底をむき出しにしたようなフォルムだ。座礁した船の残骸のイメージなんだ。これは、きみまち阪の天の岩船を想い出させたね。天然銅の露天掘り跡だろう。ゼウスは雷の神様でもあって、電気伝導率の高い銅に雷が落ちやすいから、ゼウスが君臨する畏れ多い場所とされた。[1]
放送局長―ケルト人がオリンポス山に登ったとき、すでに先住民がいて岩船があったはずだな。
編集長―たぶんそうだろう。ケルト人の目的は太陽の光に恵まれた地域に住むことか、天然銅を取ることか、あるいはその両方だったかもしれない。テッサリア地方の銅石器時代は紀元前2100~1600年と言われてる。そのあと青銅時代だ。ところが、クレタの青銅時代はもっと早い。紀元前3400~1200年だ。[2]
特派員―天然銅をめぐる争いがなかったとしたら、奇跡。
 
 


注記:
トラベルコweblogによれば、2003年、
オリンポス山の北東約10kmの町ディオンでゼウス神殿跡が発見された。


* List 11 仮面について~ギャルリー; 31  天の岩船の創造


1 List 11 仮面について; よい踊りを盗む [1
2  世界の歴史; デュラント WilDurant
 

Filming;2018.5.1 対岸から見たきみまち阪の船型遺跡



イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 



イメージ 5




  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
 


イメージ 6



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
   

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事