全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
特派員―ノルマンディ上陸作戦の75年周年記念のセレモニーが5日ポーツマスで行なわれました。第2次世界大戦のターニング・ポイントになった史上最大の作戦です。イギリスのメイ(Theresa May)首相は、兵士たちの犠牲と勇気に賛辞を捧げて恩義を決して忘れないと語った。〈自由の防衛での連帯と決意は私たちすべてに教訓として残ります。〉[1]エリザベス(Elizabeth)女王とトランプ(D.Trump)大統領も出席しましたよ。
ナモネ氏―自由の防衛は苦しい戦いだ。そうして、勝利はただ前と変わらない自由を得るだけだ。
半分半分放送局長―財宝や領土などという物質的な欲求がない。いつものように平和な生活ができれば、幸せだろうな。
アロマ―あの戦争の原因は何だと考えていますか?
放送局長―普通の枠で見れば、民主主義・共産主義対ファシズムの経済戦争だ。しかし、現実はヒューマニズムを中心に回った。
ナモネ氏―アメリカは賢くフリーダムの旗を前面に出した。
特派員―問題を解決すれば、戦争は止められるはずだけど、問題が多すぎたように思う。
放送局長―それは甘い。
アロマ―トロイア戦争についてこんなおもしろい話がある。デュラントの《世界の歴史》から。
 
古代のペルシア人やフェニキア人のいうところは、その大戦争の原因が美女を4回奪ったことにあるという点でギリシア人と一致している。つまり彼らの言によれば、エジプト人がアルゴスからイナコス河の神の娘イオを奪った。ギリシア人はフェニキアからアゲノル王の娘エウロパを盗み、コルキスからアイエテス王の娘メディアを奪った。秤の公平なつりあいをとるためにはトロイのパリスがギリシアの美女ヘレネをかどわかす必要があったのではないか。
ナモネ氏―ギリシア人とペルシア人、フェニキア人が声をそろえて?
放送局長―《歴史は美女がつくる》という映画がなかったか?
特派員―ビジュー(les bijoux)と言えば、宝石ですね。
アロマ―美女と宝石はいつも一緒。
放送局長―そうだ。金になることは確かだよ。
アロマ―単純な歴史ね。
"As we unite to pay tribute to those whose bravery and sacrifice onthe beaches of Normandy marked a turning point in the Second World War, we willvow never to forget the debt we owe them," May said. "Theirsolidarity and determination in the defense of our freedom remains a lesson tous all."[1]



*List5; 2次世界大戦;グレン・ミラー
名曲〈真珠の首飾り〉と〈リメンバー・パール・ハーバー〉
*List3高松宮日記メモ; パール・ハーバー 


1 Trump Joins Other Leaders for D-Day Ceremonies
June 05, 20191:31 AM      
VOA  PatsyWidakuswara



Filming; 2019.6.6 アトリエ


イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 


イメージ 5




  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク




イメージ 6



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事