全体表示

[ リスト ]

イメージ 3

イメージ 1無意味な破片イメージ 2
編集長―ケルト人の神話について分かったことをアロマに話してもらう。[1]
アロマ―アイルランドのケルト人の神話ではノアの孫娘セゼールが別の船で大洪水を乗りきり、アイルランドに上陸した。しかし、まもなくセゼールと父と男2人、女50人は洪水で死んでしまい、ただ一人フィンタンが生き残り、5000年生きて島で見た歴史を語る。アイルランドには5種族が次々と西から来た。1番目はギリシアから来たバーソロン。2番目はニュブズ。3番目はフィルヴォルグ。4番目はトゥアサ・デ・ダナーン(Tuatha DéDanann)この4種族は戦争で次々と滅びる。最後に勝ったのはマイリージャで、それから人間の歴史がはじまる。寒いアイルランドに住んだこの5種族はギリシアやスペイン、黒い海の北海岸にあるシシヤという今のウクライナに当たる国から来たと伝えられている。4番目は少しちがう存在で、巨人の神族ダナーンと呼ばれて、昼と光と知恵を表わす善の神々で、金髪、青い目、背が高く美しい姿をしていた。滅んでから妖精になったと信じられている。どこから、ということは明白でないけれど、〈天の船〉の最初に出た女神ダヌDanuを母としている。ドナウ川流域に住んでいたかもしれない。女神ダヌは生命の源の母なる神で全能の神ダグザの三人娘の一人。火とかまど、生命、詩歌の女神。他の二人は鍛冶と法律の女神。三人の女神は三位一体と言われてる。
編集長―生命の源と言えば、水だ。
放送局長―アルプスのきれいな水だろう。
 
特派員―アイルランドのケルト神話は歴史を明確に伝えてる。祖先はギリシアとスペイン、黒い海の北海岸にあるシシヤから来た。
アロマ―アイルランドのタップ・ダンスはスペインのフラメンコに似てる。
編集長―そう、信用できる神話だ。黒い海の北海岸はインド・ヨーロッパ語族の故郷で、分かっているかぎりケルト人の最も古い祖先の大地だ。そこからドナウ流域などに移り、イタリアとギリシアから地中海を通り、イベリア半島をへてブリテン諸島に住みついたルートがあると考えられてる。[2]
放送局長―女50人というのは突飛な話だな。しかし、メッセージは理解できる。
アロマ―青銅鏡を製作したけど、犠牲が大きかったということね。
放送局長―アイルランドに青銅鏡を50枚持ってきたのだ。
編集長―これは青銅鏡を表わすただの記号だろう。製錬から製作までの作業が多くのカタストロフを引き起こした。
 
 



*天の船 E: 船と大洪水
Filming;1999.9.27 きみまち阪上流 七座神社前



イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 
イメージ 5


  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク


イメージ 6



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集








閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事