全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全605ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 1RIVER UTOPIAイメージ 2
Filming ;2007.9.30
長木川支流の支根刈(しねかり)沢川から峠を越えて行った。方向感覚がなくなり、水の流れを見たとき、ナマズ沢川でないと思った。廃鉱がある辺りは無音の空間で、生物がいない惑星に来たような無気味な感じだった。
 
廃鉱は長木鉱山という。他のことは明らかでないが、鹿角花輪の文献によれば、篭谷地域に隠れキリシタンが多数いた。長木川流域の鉱山で働いていたのだろう。[1]
 
長木鉱山のコンクリート建造物を見て、鉱山地域に来たことがない人はピラミッドを連想するかもしれない。考えさせられる類似だ。今、水源の映像を公開するのはその理由からである。
 
次の映像は農業用のダムから下流だが、うっかり他の撮影に使って消していた。もう一度行って原始林のような森を撮影しなければならない。
 







1鹿角のあゆみ



Filming;2007.6.30 


イメージ 3



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                                                                     


イメージ 4




  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 5



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2ヨネシロ・ペイパーズイメージ 3
年代豊凶録
天保10年 1839
[]
南部と津軽はもってのほかの不作の趣で、2月中ごろより乞食多人数、午(うま)年と同じように来た。
[]
南部の三戸に大館柳町のあめ売りが行った。日が暮れて、ある家に宿を借りたところ、その家の火棚に人の片股があったので、気が動転して命がけで逃げた。近在で問うと、この辺では食いものを食らい尽くして,馬牛の肉も食らいつくして、人を殺して食らうということである。その家は親子三人の家内で、親父と子どもが女房一人を打ち殺して肉を食らったという、誠に前代未聞である。昔より凶作は幾度もあったが、人を食らうことは聞いたことがない。鬼神の住居と成り果てた。仏道で言う餓鬼道とはこのことを言うのだろう。不誠事なことだが、大館に行ったら、もっぱら風説が流れていたので、このように書きしるす。
                   [現代風に書きあらためた。]
通説では大飢饉の最終年だが、真冬に南部と津軽から乞食の群れが国境を越えて来た。南部藩は、天明の大飢饉と同じように民衆の生活を救うという観念を持っていない。一言で言えば、奴隷から奪えるだけ奪い取る政治だ。世界史に例がない。


大館柳町のあめ売りは鹿角花輪から来満(くるまん)峠を越えたのだろう。飴箱を背負って歩いて何日かかったか?大湯などであめを売って稼いだのか?大飢饉のときにあめを売りに行こうと思ったのは、採算が取れる当てがあったからだろうか?
 
あめ売りは三戸で民家を宿に借りた。火棚とは囲炉裏の上に吊り下げてある棚だが、煙で魚などの燻製をつくる平和な生活状況ではない。忌まわしい肉食の跡が目に映った。その辺から話が狂う。馬牛や牛馬という言葉は慣用的な言い回しで、事実を疑わせる。貴重な動力である牛と馬を食べて、犬などの小動物の存在が抜け落ちているのは合理的でないのだ。
 
疑問はつづく。あめ売りは家の人に頼んで宿泊の承諾をえたように読める。その家が犯罪現場だとしたら、立ち入り禁止だろう。空家であるはずだ。そこに人間の肉の塊が残っているのは、普通の社会ではありえないことだ。


しかし、普通の平穏な状況ではないが、近所の人がそんな話を聞かせたのはショッキンクだ。あめ売りが見たのは錯覚でも幻覚でもない現実だということである。犯罪現場に寝泊りしたことになる。
 
長谷川屋政(いえまさ)は〈鬼神の住居〉〈餓鬼道〉と批判しながら、風説に対して〈不誠事なこと〉と留保的な言葉を入れた。真らしくないこと、という意味だろう。流言や伝聞を懐疑的に受け取るのは、現地の利益のためにも良識な態度である。


三戸の悲惨なストーリーは大館でどんな効果を引き起こしたか 
こういう異常なストーリーは脳の働きを悪くして、知性と感性が変調を起こすにちがいない。第一、あめ売りがそうである。
平静に考えることができる人は、こういう疑惑に絡まる…南部藩は同情と食料を集めて秋田に伝染病を広めるのか?三戸の風説は人間どもの怖さを教えるためか?聞く人も餓鬼道の同類になりかねないと現世の暗黒に直面させるためか?支配階層の非人間性を悟らせるためか?
 
天明と天保の大飢饉を考えるとき、キリシタン問題を忘れるべきでない。幕府と藩は民衆と農民を救済しない。救済策らしい政策は表面的である。隠れキリシタンとその共感者や協力者を地獄に落とす目的があったら、救済しないのは当然だろう。


江戸時代のあめ売りは映画とTVドラマによく出て、平和な社会のイメージを描いていた。あめ売りが街の中で歌うシーンを想い出す人も少なくないだろう。旧幕府勢力と仏教のひそかな戦略にはまったことを知らないで金を払っていた馬鹿である。
 
人食いは案外多く小説と映画などの材料に使われて、強迫観念を植えつける。特に映像表現ではトラウマの原因になるので、リアリズムの残酷なシーンには否定的だ。
 
小説と映画、オペラになった人食い疑惑には、第2次世界大戦末期に冬の知床半島で起きた〈ひかりごけ事件〉がある。これも事実があいまいなストーリーで、悪いことに捜査資料が火事で灰になってしまったという。[1]
しかし、意識されない人間と社会の暗い実体を見せることが隠れたテーマだろう。

               福士川 沢小路 花輪の街の理解できない風景

*年代豊凶録;  藩主の巡検のために〈少なからず金がかかった〉




1 wikipedia


Filming;2019.6.29 JR花輪線 鹿角花輪駅前


イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                                                   



イメージ 5



                  
  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
*あん・ぱさん;  ギリシアと正教会/歴史の足跡/北方問題の解決  長い歴史を生きてきた大館で時代錯誤の町割 -A


イメージ 6


---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集

                                                                                   







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2メディア・ストーリーイメージ 3
1 710日、市立栗盛記念図書館に行くとき、桂城交差点で風景が変わっていることに気づいた。
イチョウ並木がない!!!,
根元から伐採されていた。



Filming; 2019.7.10 明治安田生命ビル前:




イメージ 4

2 イチョウ並木は1953429日の風呂屋町大火で官庁街が灰になったあと、植えられた。

 イチョウの種類がユニークで、枝の群れが稲妻のイメージだった。炎に焼かれたように見えた。



Filming; 2019.7.10 洋装店ひつじや前





イメージ 5

3 新聞はそれについて報道していない。広報にもない。ちょっと通りの店で話を聞いてみるか、と思ったが、重要なテーマで忙しいので、止めた。

新しい並木にするなら、悪くないな?
といっても、最近の地方創生の手法は普通でない。






Filming; 2019.7.10 桂城交差点から大館市役所方向を見る




イメージ 6


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]

*船型遺跡の丘 きみまち阪 2007  video 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 

 藤琴川 きみまち阪の建設工事と対岸からのながめ 2017 video

*きみまち阪 船のイメージと羊の蹄のイメージ video

*クルマンタ遺跡は文化財として保護されていない!!! 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート;  

炭谷川 日詰の橋と神明社 Photo collection  video 

平川 唐牛から福島橋まで  2018 video  

 *リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 藤琴川  

引欠川ドキュメンタリー全編、完成!!!  New

大館市 取り壊される桂城体育館 2015 video New

                                                                                     


イメージ 7



RIVER PORT HOUR 2 SELECTION ARCHIVE

  RIVER PORT HOUR 2  

 

FB  River Utopia 

ジャニー

HHB  New

 
 

大館市役所西側本庁舎を保存しよう

*Odate city hall Spiral staircase 大館市役所 らせん階段とドーム 2013

*大館橋を復元する会のプラン

*大館大火を映画化する市民の会

 

水源シリーズ

*Nagakiriver Documentary: 長木川源流-皆倉橋 上下流 1997

*平川源流 折橋沢川 2011 

*中山沢川 源流 2014

環境の危機

*山田川支流 保滝沢川の水源と集落 2006 video

*沼館川 八方山の自然 2006

*曲田沢川のページ

歴史遺産の保存

*旧田村鉄工所

*BigFire Memories 1953

*防火建築第1号 片町連鎖店舗の今

 

*今日のリンク

*List 10 はせ川食堂

*NHK独裁体制に海外から皮肉

*テレビ朝日の狂言~変なウェッブログを偽造

*国家権力、TV局、新聞のヘッドは同じであるという話

*高松宮日記メモ: 三笠宮の反発 洋服か和服か?

*バス・ストップ 

*JR大館駅前広場の横に廃棄物運搬用タンク!!!

*1956.8.18 大館大火  D; 内部の火災に強い建物は個人と街を守る


イメージ 8



---リヴァー・ポートだより---

*ライブ・スタジオ案内 

*ハーフ・アンド・ハーフ・スタジオの歴史

*ロケ

 

       広告募集

■ 川のスポンサー募集


                                                                          


 




開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
アロマ―いろんな解釈があるわね。でも、50という数字のトリックが分かった。編集長から聞いて、アイスキュロスの悲劇の作品《救いを求める女たち》を読んだ。ダナオスの50人の娘がダナオスの双子の兄弟でエジプトの王アイギュプトスの50人の息子との結婚をきらってギリシアの祖先の国に逃げる。エジプトから使者が追いかけてきて、女たちを奴隷あつかいにする。ペラスゴス王と市民は戦いを覚悟して彼女たちを守る決意をするというストーリー。そのアルゴスという市は100の目を持つ英雄アルゴスが建設した。ドラマの終わりはこんな歌と踊り。[1]
 
そして、勝利を、女のほうにお授けくださいますように、と---
まあ、悪い中ではましなのを。
二つ分ので結構です。


放送局長―ミラー・イメージだ。半分と半分という意識がある、な?
編集長―そう、女の存在論のドラマだ。青銅鏡製作の悲劇だよ。
アロマ―合唱団は12人だけど、最初のころはディテュラムボス(酒神賛歌)と同じ50人編成だった。ダナオスは船の最初の建造者と言われていて、どういう連関があるのか、イアソンとアルゴナウタイ(アルゴーの船乗り)50人で黄金の羊の毛皮を求めて冒険に行く。ユーラシアの東の海にも同じ50のメッセージが見い出せる。伊勢神宮の聖域を流れる五十鈴(いすず)川。五十個のベルは
青銅製ね?
編集長―そうだろう。50のメッセージがユーラシアの東西に伝わってるのは、おもしろいことだ。
アロマ―伊勢神宮は五十鈴川と島路川が合流するY字にあることに注目すると、アマテラスとオリンピアのへーラーが二重写しになる。
放送局長―なるほど、ね。
アロマ―そして、オリンピックの起源も二つの聖域を結びつける。エリスに伝染病が蔓延したとき、イピトス王はアポローンのご託宣どおり争いをやめて競技会を復活するためにスパルタのリュクルゴス王と協定を結んだ。〈オリンピアに武力を使って入る者は神にそむくものである〉という言葉が金属製の円盤に彫られた。青銅製とは言われていない。この円盤はヘーラーの神殿に捧げられた。でも、現存しない。[3]
編集長―アマテラスの青銅鏡に反射するね。
アロマ―伊勢神宮の内宮にある八尺(やた)鏡は、いつか分からないけど、複製を一枚つくった。そして、皇居の賢所(かしこどころ)に置いた。仮面の複製というギリシアの祭の形式に似ている。
放送局長―畏れ多いから、な。
アロマ―米さんは五十鈴川という漢字を最初に見て正しく読めましたか 
放送局長―そういう人はいないだろう。妄想的だよ。
特派員―五十と書いて、〈い〉と読ませるのはおかしいですよ。
編集長―硫黄と関係があると考えてる。魚(うお)は古代〈いお〉と読んでいたから、硫黄と同じ起源があるね。
アロマ―ダナオスの祖先はアルゴス地方を流れるイナコス川の神の娘イオ(Io)とゼウス。
 
特派員―50はもっとある。三笠宮崇仁の五十日祭が行なわれてニュースになった。死んでから50日目に行なう神道の祭儀で、これは不幸な数字ですよ。[3]
放送局長―50円玉は5円玉と同じく円い穴が開いてる。銅製錬の〈望遠鏡〉のメタフォールだ。
編集長―50(五十)の目と言っていいな。[4]
放送局長―こわい目に会う危険な仕事だ。
編集長―凶悪犯罪者を〈ホシ〉と呼ぶのは、そういう理由からだな。
アロマ―銀色の目玉と金色の目玉。
 ☆




1ギリシア悲劇 アイスキュロス ; 呉茂一 訳
2wikipedia
3 三笠宮崇仁さま「墓所五十日祭の儀」
日本テレビ 2016.12.15 
4 List 11 仮面について~ギャルリー; 33 五社神 五城 五十目 




Filming; 2017.10.27 きみまち阪 きみまちハーバー


イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                                   



イメージ 5



                                  
  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
 長い歴史を生きてきた大館で時代錯誤の町割 -A



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1αMOVIEイメージ 2
629日、10年ぶりにJR花輪線鹿角花輪駅で降りて、アーケード街を歩いた。
人影がないのは昔と同じで、予想したとおりだ。


信号機の撮影はさりげなさすぎると思われるかもしれない。
何でもなさすぎると思われるかもしれない。








Filming;2019.6.29


イメージ 3


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 

イメージ 4


     RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 5



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集

                  

開く コメント(0)

全605ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事