全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全608ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2街路イメージ 3
特派員―1956818日の大館大火から63年。しかし、今年も大館市は記憶を
新たにするためのイベントを開きませんね?
編集長―他の364日と同じ1日だな。
ナモネ氏―あれを忘れていいわけがない。毎年818日が来るというのは、天の贈りものだ。特別な1日にしなければならない。
アロマ―大火の記憶を共有しなければ、大館市民になれませんか?
ナモネ氏―どこか他の土地で生活してもらいたいもんだよ。
編集長―大火の真実を問題にすると、十人十色、いろんな破片の集まりを見るだろう。破片は日付が変われば、それまで見えなかったフォルムと色を映し出す。見る人がアングルを変えれば、破片はそれに応じてちがうフォルムと色を見せる。記憶と想像は一緒に仕事をしたがる。複雑な仕事だ。しかし、事実の存在を認めることは新しい世界への第一歩になる。
ナモネ氏―そうだ。大火とは何か、という話ではない。大火の善悪が問題なのではない。
特派員―形而上学は後回しにしましょう。
半分半分放送局長―防災について考えることが第一歩の目的だ。
編集長―そう、ぼくは今日そういう話をしようと思っていた。1953年、1955年、1956年と4年間で3度連続的に起きた大火について記憶が混乱したとしても、不思議はない。日付入りの客観的なストーリーも読んだことがなかったから、混乱は必然的だ。ぼくは、それを想い出すと、いつも事実の整理に悩んだ。それは、市役所に行くメイン・ストリートの片町連鎖店舗で見た光景だった。桂城交差点にある洋装店ひつじやの角だった、というのは自分で正確な記憶だと思ってる。1953年の風呂屋町大火のあと、焼跡にコンクリート防火建築の連鎖店舗が完成して、西側の角にはパチンコ屋が入った。3年後、俗に言う大町大火が東大館駅前からその辺まで徹底的に焼きつくした。防火建築の角は黒く焦げていたように思う。歩道に面したドアは鉄枠なので、壊れていなかった。鉄枠のガラスが割れていたら、内側の水たまりにネズミの群れの死骸を見るなんてことはなかっただろう。それは赤と黒の映像だったね。ともあれ、こういう話ができるのはHHJで大火について事実らしい事実に即して、ああでもない、こうでもないという調子で考察したから、だ。ただ想い出すだけでは、何にもならない。ぼくがそれを見たのは事実だと信じてるけど、
なぜ大火の生々しい焼跡の前を歩いたか?もう桂城幼稚園に通う道すがら、じゃなかった。56年にはふだん通らない街だった。
放送局長―ぼくは存在していたか?目撃したのはぼくなのか?連続大火の悲喜劇。
特派員―そうです、ねえ。大館市は大火の詳細な正確な記録を作成して後世に歴史として伝える責任があると思いますね。市民生活のために。
放送局長―心理学者も反対しないだろう。今の回想を聞いて、アプレ・ゲールのヌーボー・ロマンの理由が分かった、な 
アロマ―でも、国が援助するかな?公文書廃棄のときだけ、ね。
編集長―環境世界の破壊が文章の破壊につながるなら、迷惑だ。


*1953.4.29 風呂屋町大火 B; 雨の中で公立大館病院が廃墟に
*1953.4.29 風呂屋町大火 E;電報電話局が燃えて市内外線の電話通信が不可能に 


Filming;2017.8.3 桂城交差点


イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                                                            


イメージ 5



         
    RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 6




---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 






開く コメント(0)

イメージ 1RIVER UTOPIAイメージ 2
Filming; 2002.9.22  2007.10.4

冷水間瀬川は、冷水川と間瀬川という二つの源流を合わせた名前である。地域住民にはどちらも重要な川なのだが、事実から考えて、間瀬川の歴史が古いらしい。

 

それは別にして、間瀬川は山の向こうの米代川源流の水を柴平発電所に引いている川なので、冷水間瀬川と米代川合流地点の自然環境はそれに大きく影響される。洪水の原因を構成する場合がある。


治水の点で他に注意を引くのは、花輪大堰の水が冷水間瀬川と米代川の合流地点の少し前で冷水間瀬川に合流していることである。花輪大堰には3本の川の水が流れていて、流量が多い。行政の構想が正しかったか、疑問である。







Filming; 2002.9.22  2007.10.4


イメージ 3



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]

*船型遺跡の丘 きみまち阪 2007  video 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 

 藤琴川 きみまち阪の建設工事と対岸からのながめ 2017 video

*きみまち阪 船のイメージと羊の蹄のイメージ video

*クルマンタ遺跡は文化財として保護されていない!!! 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート;  

炭谷川 日詰の橋と神明社 Photo collection  video 

平川 唐牛から福島橋まで  2018 video  

 *リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 藤琴川  

引欠川ドキュメンタリー全編、完成!!!  New

大館市 取り壊される桂城体育館 2015 video New

                                                                       


イメージ 4



              

RIVER PORT HOUR 2 SELECTION ARCHIVE

    RIVER PORT HOUR 2  

 

FB  River Utopia 

ジャニー

HHB  New

 
 

大館市役所西側本庁舎を保存しよう

*Odate city hall Spiral staircase 大館市役所 らせん階段とドーム 2013

*大館橋を復元する会のプラン

*大館大火を映画化する市民の会

 

水源シリーズ

*Nagakiriver Documentary: 長木川源流-皆倉橋 上下流 1997

*平川源流 折橋沢川 2011 

*中山沢川 源流 2014

環境の危機

*山田川支流 保滝沢川の水源と集落 2006 video

*沼館川 八方山の自然 2006

*曲田沢川のページ

歴史遺産の保存

*旧田村鉄工所

*BigFire Memories 1953

*防火建築第1号 片町連鎖店舗の今

 

*今日のリンク

*List 10 はせ川食堂

*あん・ぱさん; 国の指針/文化の前進/公正な文化

*あん・ぱさん; キリシタン刈り/100年後の関係/枯葉作戦 

*あん・ぱさん; 大正天皇について証言/ WWW創設30/遺伝子操作の不安

*NHKのずるい歴史フィクション

*それでも、黙殺が大好きなNHK

*世界の記憶/記憶は何のために?/ 模造品の都市

*テロ組織が炭鉱を支配する 

*大館大火の疑惑 

*大文字焼きの恐るべきメッセージ

*1953.4.29 風呂屋町大火 A ; 雨の中で泣きくずれる女たち





イメージ 5




---リヴァー・ポートだより---

*ライブ・スタジオ案内 

*ハーフ・アンド・ハーフ・スタジオの歴史

*ロケ

 

       広告募集

■ 川のスポンサー募集

            












開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2メディア・ストーリーイメージ 3
特派員―あんまり暑いと、街の騒音が消えますね?
ナモネ氏―そうだな。紫外線はやはり危ない。北海道の最果てでしばらく暮らしたいもんだ。
半分半分放送局長―クーラーがいらない。島の領有権で金属音がひびくけど、日本政府はソフト・タッチの関係ができないのか 
特派員―尖閣諸島で中国とごたごた、竹島で韓国とごたごた、エトロフとクナシリでロシアとごたごた。日本を応援する国は見当たりませんね。
ナモネ氏―メドベージェフ(Dmitri Medvedev)首相の訪問に対して日本政府は形式的に抗議したが、ロシア外務省は、それを内政干渉であるとソ連時代のように厳しく批判したな。もう終わり、出る幕がありませんよ、という意味だ。[1]
放送局長―幕の内弁当がだめなら鶏めし弁当で。
アロマ―上月ロシア大使は反論して、〈日本の一貫した立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので極めて遺憾である〉と言った。感情を優先して話を決めようなんて、後もどりよ。
放送局長―そう、後もどりすれば、こわいな。今は感情の話をするな、と言いたい。
ナモネ氏―やはり冷えてくる。
特派員―ところで、82法律に明るい知性はこういうことを話しましたよ。〈これは私たちの大地だ。ロシアの議員たちは他の国の許可を待たなくても、クリル諸島と他のあらゆる領土を訪問している。〉そして、学校などの施設を訪問したあと、ロシアのTVにコメントした。〈これが憤怒を煽ればあおるほど、ますますここに来る複数の理由があるだろう。〉[2]
放送局長―冷静に話し合えるときを待つということだろうな。
アロマ―エトロフで。
放送局長―エトロフ・アイスクリームを食べながら。
«C'est notre terre. [...] Lesreprésentants de l'Etat russe visitent les Kouriles et tous nos autresterritoires sans attendre l'autorisation d'autres pays», a déclaré DmitriMedvedev, selon des propos retransmis à la télévision russe. «Plus celasuscitera l'indignation, plus il y aura des raisons de venir ici»,



                                                 エトロフ島に関するアメリカとロシアの密約                                                             エリツィン以後の北方領土を眺める
*List8 歴史 世界と日本; 北海道の名付け親松浦武四郎の記録
                                                      小説《夜の風景》に見るアイヌの悲劇



1北方領土訪問への日本の抗議は「内政干渉」、ロシアが抗議
TBS 2019.8.7
2 Kouriles : Medvedevvisite une île disputée, protestations de Tokyo
Par  Le Figaro avec AFP   Publié le 02/08/2019 à 09:26



Filming; 2019.8.11 大館橋 長木川



イメージ 4



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                                                                



イメージ 5



     
    RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク




イメージ 6




---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集

 

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
ナモネ氏―今日は夏祭り。花火と大文字焼きだ。
特派員―大館橋の上をゆかた姿の若い女たちが歩いていましたよ。大館橋の下にもいましたよ。風情がありますね。
アロマ―デザインが悪いわよ。
ナモネ氏―アロマのゆかた姿を見たいもんだ、なあ。
アロマ―お断り。
ナモネ氏―あっ、そうだったな。
編集長―自分の田舎に帰らない人はめずらしくない。きらいだから、だ。
アロマ―大都市で暮らす人たちに聞けば、非常に多いと思うね。しかし、そういうことは言いませんね。
特派員―適当な理由を言って、逃げる。
ナモネ氏―私は自分の田舎を嫌ったことがない。大館は大館だ。
アロマ―ナモネ氏はハッピー。若い人たちが自分の田舎に帰らない理由を想像してほしい。
ナモネ氏―第一に仕事がないことだろう。
編集長―それはちがうな。地域の伝統の半面を忘れてる。どんな市町村でも伝統を継承させられ、伝統への参加を強制される。
アロマ―その結果、大都市に逃げるのね。実例は数えきれない。
特派員―そう、歴史の法則と言ってもいいですよ。
ナモネ氏―なるほど。そういう一面もあったな。若者は未来を見て生きるから、な。自分の人生の可能性に賭ける。立派なことだ。
編集長―実際、過去の否定がない青春は青春じゃないね。
ナモネ氏―そうすると、国と自治体が力を入れてやってることは現実認識失調症か?地域創生は昔のゴミを拾い集めて持ってくる運動だぞ。一般的に言って、他の地域で育った若者でなければ、おもしろがるわけがない。
特派員―ええ、その傾向はデータにありますよ。地域の伝統文化を受け継ぐのは、そういう他者(よそもの)であるということです。
編集長―国際的に見れば、外国人が日本の伝統文化を守り育てるような状況だな。悪いことじゃない。しかし、ナショナリズムの感情は黒い煙を噴き上げるだろう。
ナモネ氏―反対に誇らしく思う民族主義者もいる。文化が世界的に認められたことになるから、な。
アロマ―外国人労働者は非人間的な生活に落とされてるけど?
特派員―米さんもそういう人だね。いつの間にか〈無意味な破片〉の中心的存在になった。
ナモネ氏―あれは誤解されやすい生きものだが、とにかく日本文化を深く理解しようとしてる人間だ。米放送局長の肩書きが広く奥羽地方に親しまれれば、言うことはないな。
アロマ―ええ、本当に。米放送局長が大館の芸術文化デストロイヤーたちの恨みを根こそぎにしてくれないかな?
特派員―感情は勘定だから、ね。うまい話だけでは、けりがつきませんよ。
編集長―そう、今日はメッセージが乱れたな。


*List7 :芸術 文化 ; 毒入りの文化



Filming; 2019.8.11 ギャルリー



イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                                                        


イメージ 5



    RIVER PORT HOUR 2  
   
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
*List 9 自然 環境凶悪犯オゾン


イメージ 6




---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集









開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2街路イメージ 3
特派員―市民とのコミュニケーションを馬鹿にしてるのか、企画調整課は回答する気がありませんね。527日送信した質問に回答がないので、619日返信を求めたけど、だめですね。
ナモネ氏―なるほど。〈慌てる乞食はもらいが少ない〉
特派員―質問の内容は、
 
1社会資本整備総合交付金という制度がありますが、どんな事業にいくら使われていますか?
2御成町区画整理事業は国の社会資本整備総合交付金の他にどんな財源で行なわれていますか?
 
ナモネ氏―6月定例市議会で福原市長が社会資本整備総合交付金という制度をはじめて口に出した。それまでは国の交付金としか言わなかった。
特派員―おかげで地方自治体にやる地方交付税交付金とこんがらかってしまった。
アロマ―市議会だよりによれば、〈大館駅のリニューアルではだめか〉という小畑新一議員の質問に答えて、福原市長は、社会資本整備総合交付金はリニューアルではもらえないと言った。新築でなければ、だめなのよ。
編集長―5億円の社会資本整備総合交付金をもらうために大館駅をぶっ壊すということだ。これは、そういうナンセンスを自治体にやらせようとしてる。






Filming;2019.6.28 JR大館駅



イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                                                                     


イメージ 5



  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 6



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集

 
                                                             














開く コメント(0)

全608ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事