全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全608ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2MODE ACTUEL MODE ACTUELLEイメージ 3
JR大館駅の新築と駅前広場の整備計画に反対する。
大館駅の建物は1955年の駅前大火のあと新築されて、老朽化していない。社員
の証言によれば、どこも悪くない。しかし、大館市の福原市長はそれを取り壊さな
ければならない計画を立てた。
理由は、大館駅前再開発計画の論理にある。
1駅前周辺のにぎわい再生をめざす。
2駅前広場の交通安全のためにロータリー方式にして、駅前広場を整備する。
3今のJR大館駅舎が邪魔になる。

この論理は、現実と照らし合わせれば、正しい方向に進んでいない。
大館駅の2階建てコンクリート・ビルを破壊しなくても、今の広場でロータリーのような道路をつくれる十分な広さがある。バスとタクシー、乗用車は駅に向って左側から入り、駅の正面を右回りに進んで広場を出る。ところが、〈タクシー・プール〉と名づけられたタクシー専用駐車場を広場の真ん中に置く設計なので、ロータリー方式の道路をつくるためには今の広場の北側をプラットフォーム前まで拡張して大館駅舎を解体しなければならない。16台分のタクシー専用駐車場を真ん中に置く必然性は何か?問題はそこにある。しかし、大館市当局は説明しようとしない。

こういうタクシー専用駐車場は市民に迷惑な存在である。大館市の出入り口で公共空間でありながら市民は今までと反対に広場の空間を有効に活用できなくなる。広場でのイベントや市民の自由な表現行為が不可能になり、災害のときの利用がむずかしくなる。自動車のにぎわいだけだろう。広場という貴重な空間を大事にしなければならない。
 
これは市民の基本的人権の侵害ではないか、という疑問が出る。実際、民主主義
憲法に衝突することは明白だ。大館市は所有する公共空間をタクシー会社に占有
させる。市民は排除される。それで大館市は占有料を取らないというのだから、財
政危機の中で気前がいいサーヴィスである。

タクシー専用駐車場を真ん中に置く必然性が市民には理解できない。控えめに言
って、大館駅の2階建てコンクリート・ビルを破壊して新駅を建設することが本当の
目的なのではないか、という疑惑が強まるばかりである。
にぎわいをつくり出すためなら、新駅の建設にこだわる必要はないだろう。今の大館駅に連絡する公共の付属施設でも駅前の活気を十分創出できるはずである。この構想なら、事業費縮減の努力をしているという福原市政に一致する。そして、市民に親しまれてきた大館駅を大火記念として残すことができる。

財政面から見れば、佐藤芳忠市議が市議会で批判したとおり、この計画では大館市と国が駅舎の新築と広場整備事業費154550万円をすべて負担して、巨大企業のJR東日本は1円も出さない。福原市長は2016年度961億円の借金がある財政危機の荒波の中でさらに重い荷物を無理に船に積みこんで平然と冒険している。新駅で期待する効果が上がるという保証は全然ない。逆に新駅の維持管理などで赤字が増えつづける。当然の成り行きとして市民生活に密着した他の事業が後回しにされたり、例えば御成町区画整理事業のように予定より何年も遅延する事態に行き当たる
 
要するに、これは市民だましの計画であると同時に市民生活の劣化と快適な環境の悪化につながる。計画を白紙にもどすべきである。
☆ H


注記 : 
 福原淳嗣市長が市民に説明責任を果たさないので、この記事は6月定例議会前に市長に送り、市長の意見を求める予定。






Filming;2018.8.27 大館駅



イメージ 4



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]




イメージ 5



 
  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
*List8 歴史 世界と日本; 湊城と菅江真澄 
              佐竹藩によるキリシタン町の破壊



イメージ 6


 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 
 

























開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
編集長―板張りあるいは板付というのは、トラックの荷台の内側に板を張ることだ。荷物が傷つかないように。木工所で何と呼んでたか、覚えていない。
半分半分放送局長―ハセは眠っているときにハルさんの昔語りを聞いたな?
編集長―そうかもしれない。
放送局長―おばあちゃんは偉い教育者だよ。
編集長―3中で野球生活をしていたとき、ある日、文庫本を買った。子供向けでない文学作品を読んだのは、それが最初だね。モーパッサン(Guy de Maupassant)の小説《女の一生》しかし、おもしろくなかった。
特派員―古い家族と住居というのは神話的な環境ですから、ね。意味ありげなシーニュ(記号)がいっぱいある。
編集長―あれから想い出したけれど、板付飛行場がある福岡はそういうサインだった。
アロマ―どんなサイン?
編集長―我が家のラジオはゼネラルのラジオで、1958年三菱のテレビ受像機を置くまで毎日聞いていた。大きいトースターのような箱型の戦前のラジオだった。めずらしいことに全国各地の放送局の名前がついていて、ダイヤルを合わせて聞く。福岡という地名は、それで知ったと言ってもいいな。もちろん大館で福岡放送局の電波はキャッチできない。
放送局長―しかし、福岡が何となく気になったというわけだろう。
編集長―そうだ。ぼくは、NHKの《とんち教室》を聞ければ、文句はなかった。
放送局長―長崎抜天さんの生徒だったよ。
編集長―福岡は距離が遠くて、無縁だった。しかし、高校で文化祭のとき近松の《曽根崎心中》を演出して、男の役に選んだクラスメイトが福岡だ。役柄にぴったりだと思った。
放送局長―想い出の福岡放送局とのリンクは? 
編集長―別になかったな。福岡という地名が不幸なサインだと思ったのは、1997年の秋、父が脳梗塞で倒れたときだった。その前の日か、天気が悪いので、腕時計の電池交換に行ってくれるよう頼んだら、父はいとくショッピング・センター内の福岡時計店に4WDで行った。それが最後の運転になった。料金が高い店だと文句を言ったけれど、父は気分が悪い感じで黙っていた。
放送局長―シェーンらしくないようでシェーンらしいな。
アロマ―福岡は想い出したくない名前なのね?
 






Filming;2019.5.26 大館橋 



イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 


イメージ 5



  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 6


 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


イメージ 1RIVER UTOPIAイメージ 2
519日午前1134分、大館駅始発の普通列車で津刈(つがり)川の撮影に。津軽湯の沢駅に降りると、プラットフォームに鉄道ファンが数人いた。トンネルを出る列車の撮影らしい。こういう光景は見たことがない。最近は津軽湯の沢駅と周辺が人気なのか、一人以上の乗客が降りるようになった。しかし、この地域は町の事業の挫折や何かで寂れ放題だ。
 
高速道路が横切る二ノ渡(にのわたり)集落に行き、津刈橋左岸たもとにある船岡神社の撮影からスタートした。2年前、金色の5円玉を並べてつくった小さい鳥居が奉納されているのを見て、おもしろいと思った。5円玉のデザインは歴史の奥に通じていた。


編集長―そう、5円玉のデザインは水の上に水車と稲だ。敗戦後、農業の発展を図案化したということだ。しかし、去年の暮れ、稲と水車が回転する円い穴を見て蘇我稲目のメッセージじゃないか、と気がついた。硬貨の穴は、何度も言ったように製錬炉の中を見る〈望遠鏡〉のメタフォールだ。
 
見落としていたが、その左側の壁に移設事業の記念があった。
平成24年。移設とは船岡山から移したということか?
近所で薪割りをしている男性に聞いてみると、その疑問はまちがいでなかった。
船岡神社はどんな神様を祭っているのか?
―山の神。
移設した理由は何か?
―船岡山は営林署の山だった。
ところが、森林管理署(旧営林署)が個人に船岡山を売ってしまい、新たな所有者が船岡神社の移設を要求した。奇襲のような異変だ。二ノ渡では裁判に訴えようという意見が出たが、結局止めて、山の上から神社を移すことにした。
 
森林管理署が国有地を民間に売却した理由は何か?船岡山は、国道7号線が山裾を切って通るので、安全管理のために重要な山だ。民間に売却したのは公正でない。
 
当然、宗教的な背景があるのじゃないか、という疑問が浮かんだ。


それから、津刈橋の下流を撮影した。水田とかんがい用水路。1kmほどで高速道路にぶつかる。川の流れは大きく蛇行して、船岡橋と船岡山の下を通る。白っぽい凝灰岩の山だ。[map]
 
午後317分の列車で大館に帰った。






Filming; 2019.5.19




イメージ 3



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 



イメージ 4




    RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 5










開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2遺跡-クルマンタetc.イメージ 3
ナモネ氏―国が地方文化を決めるのか?そうでないはずだ。
半分半分放送局長―現実はどこでもそういう仕掛けになってる。
特派員―民主主義も憲法も墓場の下ですね。市民は文句の一言も口に出せませんよ。
ナモネ氏―話をする雰囲気もないな。だから、鹿角市の大湯環状列石ガイド養成講座には一人しか受講者がいなかった。
放送局長―鹿角市は縄文文化や大日堂舞楽などで観光客を呼びこむ甘い夢を見てる、な。
アロマ―いい加減よ。かづのプレミアムツアーは〈世界級の歴史文化資源〉コースを回る1泊2日プランだけど、解説を聞いて、金を払った価値があると思うかな?
ナモネ氏―そういうことだ。聞きあきた話だ。〈鹿角の共通イメージとしての「黄金色」と結びつけたブランドストーリーを基に、観光誘客につながるアクションプランを〉策定したそうだが。[1]
特派員―ブランドストーリー?アクションプラン?理解できませんね。クルマンタ遺跡を横目で見ようともしない。
 
放送局長―要するに、右翼的なプロジェクトと国の機嫌を損ねないストーリーだろう。
ナモネ氏―そうでなければ、補助金も交付金ももらえないから、な。
アロマ―〈水晶の女王はどこかにいる〉…解説やストーリーは多角的、多面的、でなければ、うそよ。[2]
ナモネ氏―賛成だ。日本書紀には信用しがたいところがあるが、別の言い伝えなどを書き添える配慮があるよ。神話はともかく歴史に対する姿勢はそう悪くない。
放送局長―仏教のおかげで今は縄文文化も受難の季節だ。鹿角花輪の現在もオープンに知らせるべきだな。
特派員―それで、真っ暗な環境で国際級の知性が育つかな?
 
編集長―リヴァー・ユートピアの活動は川の自然環境保護が目的なので、こういう全体的な認識のないプロジェクトには否定的だ。
放送局長―観光客が金を落とせばいい、という考えしかないようだな。
ナモネ氏―それが実態だ。残念なのは、金の循環回路が公正でないことだ。
特派員―ええ、底辺には流れないけど、このかづのプレミアムツアーはかづの観光物産公社という株式会社への委託事業ですね。株主は鹿角市、かづの物産振興プラザ、秋田銀行、北都銀行、鹿角パークホテル。主な事業内容は、と言うと、見学体験施設の経営、レストラン等の経営、観光土産等の販売、貸会場、テナントの募集、旅行業。代表取締役は岩船勝広。
放送局長―岩船だって 
アロマ―岩船。
ナモネ氏―漬物屋の岩船屋でないか?
編集長―お馴染み乳牛川岩船屋の場。
特派員―あの辺に岩船の遺跡があるんですか?
編集長―それは聞いたことがないけれど、そういう名前の店があるね。観光コースだろう。
アロマ―馬鹿馬鹿しくて、おもしろい!!!
 
 

                              豊真木沢川の見棄てられた風景 2017



1 世界級の遺産めぐる かづのプレミアムツアー 特別料金で販売 今月中に予約開始
北鹿新聞 2019-05-18
 

Filming;2018.10.23 豊真木沢川から見た諸助山



イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 



イメージ 5



    RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 6



 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 









開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
編集長―ヘレニズムはエーゲ海とその周辺が舞台だった。ヘレニズムの語源は、大洪水のあとデウカリオンとピュラのあいだに生まれた息子ヘレーン。これがギリシア人全体の名前ヘレネスの水源になる。[1]

特派員ギリシア人全体と言うと?

編集長―ヘレーンはオルセーイスというニンフと結婚した。パルナッソス山に住むニンフか他の山か、明らかでないけれど、考えさせる結婚だ。生まれた子どもらがギリシア人を創造した。[2]
 
1ドーロス---ドーリア人の祖
2クスートス---子アカイオスとイオーン---アカイア人とイオニア人の祖
3アイオロス---アイオリス人の祖
 
半分半分放送局長―これは歴史でないな。
編集長―神話だ。アカイア人とイオニア人、アイオリス人はもっと古いギリシア人だ。
放送局長―ドーロスが長男というのはスパルタのドーリア人のフィクションだろう?
編集長―そう思っていいかもしれない。力の強い集団が神話でも勝つ。
 
アロマ―でも、アイオロスの子孫は特別な位置にいると思う。エリスの国でオリンピックの開催地になるという栄誉をあたえられる。
編集長―そう、神話ではエリス王アエトリオスはヘレーンの妹プロトゲネイアとゼウスの子だ。プロトゲネイアは最初に生まれた女という意味だそうだ。[2]
特派員―大洪水とオリンピックの変な関係。
編集長―一方、ヘレーンの弟アムピクテュオーンはアテナイの王になる。デルフォイの聖域を守るために隣保同盟を結成したと言われている。悲劇の創始者ではないけれど、何か関係があるような神話だね。
アロマ―アテナイを建設したのはイオーンの子孫の一人ケクロプス。女神アテーナの援助でアッティカ地方のペラスギが定住していた丘に街を建設して、文明化した。
編集長―ヘレーンの弟アムピクテュオーンは先住民ペラスギつまりミケーネ人の街の王だったということになるね。歴史的に見ても、イオニア人というのはペラスギとアカイア人の混血だ。〈活動的な好学の精神に富んだ〉〈中肉中背の浅黒い容貌を持った複合地中海種族〉とアメリカ人の歴史学者は言っている。[1]
 
アロマ―白い人たちじゃないの?
編集長―白い人はアテナイ市民がアクロポリスから追い出したドーリア人で、背が高く、金髪だね。
アロマ―瞳の色はいろいろ?
編集長―どこにも書いてないけれど、DNAはたぶんそうだろう。ドーリア人は文字を知らない好戦的な遊牧民らしくて、ハルシュタット文化の鉄の武器で精神と肉体を固めていた。紀元前1104年ごろ、バルカン半島を南下してギリシアに侵入した。これは暗黒時代と言われている。アカイア人の支配階級の首が切り落とされて、クレタ島も無残に破壊された。逃げおくれたミケーネ人は農奴にされた。北からギリシアに入るコースは二つあるね。
 
西:アドリア海沿岸---イリュリア---イオニア海沿岸---エピロス
:ヘレスポントス海峡---エーゲ海沿岸---トラケー---テッサリア
 
放送局長―ドーリア人はどこにいたのか?
編集長―アメリカ人の歴史学者によれば、出発点と進出経路は不明だ。しかし、ドナウ川源流に住んでいたかもしれない。アルプスを越えてアドリア海沿岸に来たケルト人がドーリア人と呼ばれたんだろう。
放送局長アドリア海に入れば、ドーリア人だ。
 
 

*天の船 E: 船と大洪水

*恋文の町で; 羊と牛のいるのどかな風景



 

1世界の歴史; デュラント WilDurant

2ギリシア神話; アポロドーロス
 
 

 Filming;2017.10.27 きみまち阪 二ツ井町歴史資料館 




イメージ 4

 

List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]

*船型遺跡の丘 きみまち阪 2007  video 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 

 藤琴川 きみまち阪の建設工事と対岸からのながめ 2017 video

*きみまち阪 船のイメージと羊の蹄のイメージ video

*クルマンタ遺跡は文化財として保護されていない!!! 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート;  

炭谷川 日詰の橋と神明社 Photo collection  video 

平川 唐牛から福島橋まで  2018 video  

 *リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 藤琴川  

引欠川ドキュメンタリー全編、完成!!!  New

有栖川宮通り 87 パリで北海道・北東北縄文遺跡群のむだなJOMON展 New

 



イメージ 5



RIVER PORT HOUR 2 SELECTION ARCHIVE

RIVER PORT HOUR 1

  RIVER PORT HOUR 2  

 

FB  River Utopia 

ジャニー

HHB  New

 
 

大館市役所西側本庁舎を保存しよう

*Odate city hall Spiral staircase 大館市役所 らせん階段とドーム 2013

*大館橋を復元する会のプラン

*大館大火を映画化する市民の会

 

水源シリーズ

*Nagakiriver Documentary: 長木川源流-皆倉橋 上下流 1997

*平川源流 折橋沢川 2011 

*中山沢川 源流 2014

環境の危機

*山田川支流 保滝沢川の水源と集落 2006 video

*沼館川 八方山の自然 2006

*曲田沢川のページ

歴史遺産の保存

*旧田村鉄工所

*BigFire Memories 1953

*防火建築第1号 片町連鎖店舗の今

 

*今日のリンク

*List 10 はせ川食堂

*日常生活にあるデザインの善と悪を見る

*言葉の樹市議会で大館駅新築計画に反対する声

*大館駅前再開発計画; G タクシー駐車場を広場の中央に置けば、広場の活用が不可能になる

*古い世界の単語に注意

*きれいな生活

*きみまち阪に魔の手 4; 地方文化を侵略する計画

*女性と子どもが気分よく快適に住める街でなくなった





イメージ 6


 

---リヴァー・ポートだより---

*ライブ・スタジオ案内 

*ハーフ・アンド・ハーフ・スタジオの歴史

*ロケ

 

       広告募集

■ 川のスポンサー募集

 

 

 

 

 


  

 

 













開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全608ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事