過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
特派員―安倍首相とプーチン(V.Poutine)大統領は11月シンガポールで日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速化させることで合意しました。ラブロフ(Sergei Lavrov)外相はヨーロッパ安全保障協力機構(OSCE)外相理事会が開かれた127日、記者会見でいわゆる北方領土問題についてこう語りました。〈平和条約を締結することは、第2次世界大戦の結果を認めることだ。これが不可欠の第一歩で、そうでなければ、なにも話し合えない。[1]〉安倍首相は不可欠の第一歩を踏み出すようですね?
編集長―第2次世界大戦の結果を認めなければ、どういう現実になるか?ポツダム宣言を破り捨てて連合国と戦争を継続する意志があると言うに等しい。平和条約は無意味だ。安倍首相は対話を選んだ。
半分半分放送局長―第2次世界大戦の結果というのは、日本列島周辺ではエトロフとクナシリなどが、日本テレビによれば、〈合法的にロシアの領土になった〉ことだから、その現実を受け入れることだ。[1]
ナモネ氏―連合国との戦争はエトロフから始まりエトロフで終わった。日本軍はエトロフからパール・ハーバーを奇襲したことを想い出さなければならない。ハワイの現地時間127日、ラブロフ外相がその声明を出したので、侵略戦争の責任問題を考えた。悪いことをしたのは日本なのだ。[2]
アロマ―最初に誰かが誰かに悪いことをすれば、みんな悪いことをするようになる。それが戦争ですよ。
 
特派員―ところで、共同通信によれば、1122日、河野太郎外相は記者会見で、北方4島が固有の領土か、と質問されて答えなかった[3]。安倍首相は来年1月ロシアでプーチン大統領と会談する予定なので、悪影響を恐れたということです。しかし、固有の領土という言葉を使わなかったのは明るい希望ですね?
放送局長―暗い希望があるか?
編集長―それで火花が散ったから、な。安全第一だ。
アロマ―ロシア文化の色彩が復活したら、言うことないわね。
ナモネ氏―そうだ。
 
 




1 北方領土は戦争で露に…日本認めるべき
日本テレビ 2018128 02:29
ラブロフ外相、日本との平和条約締結のために何をすることが不可欠か説明
スプートニク日本版 20181207 22:04
3  河野外相、交渉への影響を懸念し、南クリル諸島を「日本固有の領土」とする発言を回避
スプートニク日本版20181122 18:02



Filming;2018.5.1 小繋 七座神社対岸 天神荘跡から見たきみまち阪



イメージ 4



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 


イメージ 5



                                               
  RIVER PORT HOUR 2  
 
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 6



 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事