過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
半分半分放送局長―フランスのジャズ・トランペッター、ボリス・ヴィアン(Boris Paul Vian)の小説に、ピアノの曲に合わせてカクテルをつくるマシンが出るんだ。身の回りにあるもののデザインに合わせて音楽をつくるマシンがあったら、おもしろいな?
アロマ―写真を見て即興的に演奏すれば、楽しい発明ね。
編集長―とても聞いていられない。ランプ印のストロベリー・ジャムなんか、血が流れるようなイラストで、ホラー映画の音楽だ。
特派員―高速道路の事故みたいな騒々しい曲ですね。
編集長―あれは、悪意をこめたアートだ。芸術の悪用だ。
放送局長―デザインの話じゃないけど、おそろしいメッセージを匂わせたワインがあるよ。池田町が1970年初期に大々的に売り出した〈十勝(とかち)ワイン〉だ。
編集長―新宿の伊勢丹デパートに店を構えて。
放送局長―あの〈十勝ワイン〉が交通事故の重傷を連想させる。
編集長―21世紀までそんなリンクがあるとは思わなかったね。
放送局長―十勝にこだわる理由が分からないな。
 
特派員―ソントンのジャムはトレード・マークが邪魔な感じがするけど、何とも思いませんか?
編集長―漫画風のピーナッツの頭の黒い帽子がジャムに似合わないな。
アロマ―あれは何なのか、なあ?
特派員―陰のメッセージがあってもなくても、そのイラストはないほうがいい。
編集長―そう、すっきりする。分裂的なミックスがない味だ。
 
放送局長―タバコの警告表示にも言えることだな。自動車などにはない。
編集長―タバコ・ケースに入れるから、気にならないな。しかし、これは気分を傷つける妨害工作だよ。健康への警告表示としては現実的に役に立たない。
特派員―廃止するべきですよ。
アロマ―編集長は使い捨てライターを買うと、警告か何かの表示をはがしていたけど、今はやめましたね?
編集長―最初のころは簡単にはがれたけど、あるときからほとんど不可能になって、ね。
特派員―そんな表示は法律で決まっていませんよ。
放送局長―映像作品には使えないライターだ。
 


*朝の食事 [実存哲学の記号論]



Filming; 2018.12.16 アトリエ




イメージ 4





イメージ 5




イメージ 6



イメージ 7



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 
                                               

イメージ 8




    RIVER PORT HOUR 2  
 
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 9



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事