過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2イメージ 4イメージ 3
大正天皇について証言
41日、新元号が〈令和〉と発表された。命令と大和という意味に取った。歴史の恐竜は煩わしいだけで廃止するべきだった。それから天皇明仁が退位されて、51日新天皇徳仁が即位した。自民公明連立政権を支える仏教徒が野心的な〈実現力〉をTVで見せつけたわけである。しかし、善と悪は複雑な関係なので、歴史の奥から批判が浮かび上がった。JNNが大正天皇と貞明皇后に仕えた女官の録音テープの話を公表したのだ。記事の最初の引用は「陛下のお毒見しますでしょ。魚ならこんなひと切れとか」やはり大正天皇の病気に関する疑惑。椿の局坂東登女子さんは天皇を〈天才的〉と言う。そして、皇太子裕仁が大正天皇の摂政についたとき宮廷で起きた対立について語る。〈大炊御門さん(侍従)なんか、摂政を置くのに反対だった。〉重要な一言だが、すべて公表するべきである。
WWW創設30
インターネットの発明30周年を記念して、イギリスの物理学者、WWW創設者の一人ティム・バーナーズ=リーが意見を述べた。WWWの基本的な問題として〈会話の基準の低さ〉が強調されている。原文は〈水準〉でないか ?ともあれ、これは本質に触れる問題だ。その低さの理由は仏教色がはびこっているからだろう。人間が話すことも文を書くこともきらう思想である。文明開化で否定されたはずだが、ときおり息を吹き返す。西洋思想とその創造である文化との戦いのために。誰が見ても、現代文明は西洋が鋳型である。
確かに〈インターネットは万人のために存在〉する。その可能性は無限だ。ただ、現実は政治経済の道具なので、個人は〈少し空想〉する努力をしなければならない。
遺伝子操作の不安 
大豆とコーンなどには〈遺伝子組換えでない〉という表示がある。遺伝子組換えは表示が義務づけられているが、遺伝子組換えのない場合は任意の表示だという。自然の原材料に安心するためには国とメイカー、生産者を信用しなければならない。現実は疑心暗鬼と言っていい。それに慣らされてしまったが、ゲノム編集という新しい技術を使った食品が売り場に出るというニュース。3月、厚生労働省は〈毒性や発がん性などを調べる安全性の審査は必要ない〉と決定した。〈外からの遺伝子が残らないゲノム編集食品〉は届け出だけで販売できる。表示の義務がない。ジャガイモの場合、〈はさみ役の遺伝子〉は一時的に細胞に入り毒をつくる遺伝子を破壊する。この技術の使用は秘密でいいと国が決めるなら、消費者は安心できない。






1 子爵大炊御門(おおいのみかど)家政

2 ウェブ創設者、ユーザーら宛て公開書簡を発表 ネットの諸問題を語る
スプートニク日本 20190313 19:58
3 ゲノム編集食品、「届け出だけで流通」に不安の声
TBS 2019.3.31



Filming;2019.4.3 大館橋 



イメージ 5


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 


イメージ 6




  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 7


 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 

 
 
 
                                                                

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事