My time

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3

特派員―2019年版の外務省の外交青書で〈北方四島は日本に帰属する〉という表現が削られましたね。今まで日本国への帰属については1ミリも引き下がらなかったことを思えば、一体全体どういう風の吹き回しですか、ね [1]

ナモネ氏―その疑問はどうでもいい。北方4島の帰属問題を取り除けたことを評価するべきだ。いつの時代でも領土問題は戦争に火を付けるためにテーブルに出されるから、な。

半分半分放送局長―ロシア側に〈配慮〉したとあるけど、本当は遠慮したということだろう。特派員から話を聞いて、極右団体の街宣車が怒鳴り散らすイメージが浮かんだよ。

編集長―自民公明連立政権の反応も心配だ。しかし、この遠慮は複雑な現実に沿っている。ロシア政府と柔らかい接触を保つために必要なことだと判断したんじゃないか 

ナモネ氏―安倍総理大臣が指示したことだろう。握手しながら戦うような真似は終わりにしなければならない。信頼を大事にするということだ。

編集長―日本政府は国民にフィクションを見せたり読ませたりするのを止めるべきだな。ぼくは晩めしを食べながら、母さんに〈日本は北方四島をあきらめたみたいだ〉と言った。〈平和を選んだ〉ということだと一言解説した。母さんは感激して、〈みんな生きていかなければならない〉と言ったね。敗戦後に話した言葉のような感じだった。

ナモネ氏―ぴったりの言葉だ。

 


*日本とロシアの平和条約交渉 + 共同宣言の〈善良な隣人〉が狙った漁夫の利について覚書


*年代豊凶録;  ロシアの開国要求で秋田もパニック

*年代豊凶録; 異国の船が塩サケと塩マスを売りに来る 

*年代豊凶録; 天保の大飢饉 家々の蔵取り調べ、子ども差引き疑惑、大変なメニュー





1「北方四島は日本に帰属」記載を削除 外務省が配慮か

朝日新聞社 4/23() 10:23

 
 
 
イメージ 4



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]

*船型遺跡の丘 きみまち阪 2007  video 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 

 藤琴川 きみまち阪の建設工事と対岸からのながめ 2017 video

*きみまち阪 船のイメージと羊の蹄のイメージ video

*クルマンタ遺跡は文化財として保護されていない!!! 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート;  

炭谷川 日詰の橋と神明社 Photo collection  video 

平川 唐牛から福島橋まで  2018 video  

 *リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 藤琴川  

引欠川ドキュメンタリー全編、完成!!!  New

有栖川宮通り 87 パリで北海道・北東北縄文遺跡群のむだなJOMON展 New

 

RIVER PORT HOUR 2 SELECTION ARCHIVE

RIVER PORT HOUR 1

RIVER PORT HOUR 2  

 

FB  River Utopia 

ジャニー

HHB  New

 
 

大館市役所西側本庁舎を保存しよう

*Odate city hall Spiral staircase 大館市役所 らせん階段とドーム 2013

*大館橋を復元する会のプラン

*大館大火を映画化する市民の会

 

水源シリーズ

*Nagakiriver Documentary: 長木川源流-皆倉橋 上下流 1997

*平川源流 折橋沢川 2011 

*中山沢川 源流 2014

環境の危機

*山田川支流 保滝沢川の水源と集落 2006 video

*沼館川 八方山の自然 2006

*曲田沢川のページ

歴史遺産の保存

*旧田村鉄工所

*BigFire Memories 1953

*防火建築第1号 片町連鎖店舗の今

 

*今日のリンク

*List 10 はせ川食堂

*美は民主主義の理想である 

*電線と電柱の街 

*国連の管理でマス・メディア再生 

*言葉の樹市議会で大館駅新築計画に反対する声

*バス・ストップ 

*きれいな生活




イメージ 5


 

---リヴァー・ポートだより---

*ライブ・スタジオ案内 

*ハーフ・アンド・ハーフ・スタジオの歴史

*ロケ

 

       広告募集

■ 川のスポンサー募集

 

G mail;  odatebridge@gmail.com

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

List 関連記事一覧

[朝日新聞]










開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

135km→13.5億円→135g

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
特派員―最近りんご病というのは青森県とは関係ないけど、リンゴを食べるとき、ちょっと不安になる。
半分半分放送局長―今日のリンゴはまずいな。
アロマ―風邪を引いてるから。
放送局長―青森県の太平洋沖で49日自衛隊のステルス戦闘機F35Aが墜落したな。海上で尾翼の破片が見つかった。しかし、パイロットは行方不明だ。[1]
特派員―青森県の沖合い135kmの地点。墜落の直前、〈訓練を中止する〉と訓練中の他の戦闘機に言ったけど、変だな、と思った。何よりも異常な事態を知らせるべきですよ。
アロマ―スプートニク日本によれば、非常用の位置を知らせる装置があるそうよ。軍事専門家はこう語った。
 
「一番の疑問は、これだけハイクラスの飛行機でありながら、なぜ事故後、パイロットに関する情報もなく、彼がどこにいるのかも分からないのか、ということだ。パイロットはなぜ操縦不可能になったことを知らせなかったのか、なぜ緊急脱出装置を作動させなかったのか、そしてこれが究極なのだが、何が原因で非常用位置指示無線標識装置は作動しなかったのか。事故の後、これが最初に頭に浮かんだ疑問だった。」[2]
 
特派員―日本の報道はとぼけてる。
放送局長―なるほど、ね。しかし、第一に変なのは135という数字だ。何だったか、と考えたら、大館市の214日付け回答にあった13.5億円。大館駅ビル新築事業のJR側の見積もりだ。ハセが言うには、13.5億円という書き方はそれまで一度もなかったので、135kmにリンクしたそうだ。
特派員―編集長は、〈自衛隊の教育は戦前と変わらないのか?これは自殺攻撃じゃないか?〉と最初にニュースを見たとき言った。
放送局長―臭いな。大館駅前の匂いだよ。
特派員―ええ、本当に。秋田犬の非常に臭いところを平気で売ってる。
アロマ―信じられないわね。大館市民のアイディアじゃない!!!
放送局長―しかし、大館市役所を忠実に映し出してる商品だな。
アロマ―そうね。あたしはジャム・シリーズでジャムの写真をとってたから、135km CGCの紙のカップについてる135gにすぐリンクした。[photo 1]
放送局長―偶然じゃない。1116億円が泡になって、税金がもったいないな。
特派員―アメリカの恥か、と思ったら、組み立ては三菱重工でやった。
放送局長―責任は日本側にある。幕僚部の幕は陸軍幕府の幕だよ。人間の生命を重んじない伝統が悪い。[3]
 
 
 
 13.5億円



1自衛隊F35A戦闘機 レーダーから機影消え連絡途絶 青森沖
NHK 201949 2037 
35A戦闘機 青森沖で墜落 パイロットの捜索続く
NHK 2019410 1210
2 F35は戦闘機か、「高価な軍事用玩具」か?
スプートニク日本 タチヤナ フロニ20190417 18:51
 
 

Filming; 2019.4.18 JR大館駅




*photo 1*
イメージ 7



イメージ 4




List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 


イメージ 5




  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 6


 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 











開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


イメージ 1街路イメージ 2
 ☆      

Filming ; 2019.4.12 桂城公園の入口から撮影

大館市役所の本庁舎新築工事が1年遅れでスタート。
総事業費は、5年前の説明では35億円だったが、去年20186月定例市議会での説明では約50億円に上がった。未確認非行物体並みの上昇力である。
 
これは、逆ユートピアの建設の象徴だろう。
 
もっと元気に働け、と愛国主義市民に叫んでるが、大人も子どもも沈みっぱなしだ。








参考: 
新庁舎建設で安全祈願 大館市 21年5月開庁目指す 防災、交流の拠点に
北鹿新聞 2019-04-04



イメージ 3


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 



イメージ 4




  RIVER PORT HOUR 2  
 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 5



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 3無意味な破片イメージ 2
アロマ―ケルト・ファンは世界的に多い。でも、ドナウ川源流域のケルト人については、なぜか光が当たらない。黒い森の中みたいに。
特派員―Certe (セルト もっとも)21世紀だけど、ね。
編集長―ドナウ川流域のケルト人の跡をざっと追ってみよう。
アロマ―ドナウはケルト人の神話に出る女神ダヌ(Danuに由来すると言われている。これは、インド-ヨーロッパ語族のインド神話に出る水の女神が同じつづりのダヌ(Danu)なので、ケルト神話の川の女神かもしれない。といっても、ドナウのケルト人は文字を持たなかった。中流にある音楽の都ウィーンは、紀元1世紀ローマ帝国に征服されるまでケルト人の集落ウィンドボナ(Vindobona)だった。世界遺産の街ブダペストも紀元1世紀にはケルト人の集落が周辺にあった。ヨーロッパ最古の都市に数えられるベオグラードも、紀元前4世紀にはケルト人の町だった。ドナウの下流の南は、ホメロスによれば、紀元前13世紀トラケーと呼ばれていた。源流のケルト人はその地方に進出したという学説がある[1]他には確かな歴史が見当たらない。そして、ドナウ川は黒い海に出る。
編集長―ぼくが書いたシナリオだ。ギリシア人は黒い海にホ・ポントス・エウクセイノス(客に親切な海)と名づけた。エウクシネ海という呼び方もある。[2]
半分半分放送局長―黒い海というのはロシア語だな。Чёрное море (Chernoe More チェルノ・モーリェ) moreは海[1]。どういうわけか、日本語の森に似てる。
特派員―Certe.森と海はつながっているから。
編集長―それは別にして、黒い海に出たケルト人の話をつづけよう。
アロマ―広い水面は深いもやに蔽われる日が多く、海水の蒸発が少ない。そして、ドニエプルとドンの大河が北から流れ入るので、黒い海はエーゲ海よりも水面が高い。船は順風に恵まれて早い流れに乗れば、ボスポラス海峡とヘレスポントス海峡を通り、エーゲ海に運ばれてゆく。ヘレスポントスはイアソンの冒険のプロローグに出る。ボイオティア王の娘ヘレが兄プリクソスと一緒に金毛の羊に乗って逃げる途中この海峡に落ちて死んだという神話がある[2]デュラントはギリシア文明の幕開けをエーゲ海の魅力から語りはじめる。
 
エーゲ海に人びとを引きよせたのは、その島々である。それは実に美しい島だ。照りはえる海から寺院のように突き出ている丘は木陰に富み、色彩に変化がある。疲れきった船乗りたちも、それを見て感動したにちがいない。[]/しかし、船乗りたちが喜んだのには、さらにわけがある。宝石のようなこの島々は、すべての方向に散らばり、しかも、島と島がたがいにそれほど離れていず、東西に行き来するにせよ、南北に舟を走らすにせよ、四十マイル[64km]以内で対岸に着くことができる。それにこの島々は大昔は陸続きだった土地の山頂で、鋭く海中から突き出ている。だから、いくつかの山頂は船の見張りの人の目につきやすく、当時まだ羅針盤をそなえていなかった船にとっては、灯台の役を果たしてくれた。そのうえ、風と潮流が助け合って船を目的地に着けてくれる。強力な主海流が黒海からエーゲ海へ流れ込み、逆流は沿岸に沿い、それぞれ北に向う。一方、夏には北東の季節風が吹き、穀物、魚、毛皮をつんだ船をエウクシネ海から連れもどす。地中海では霧はまれで、尽きることのない陽光が沿岸風の方向を変えるので、ほとんどどの港でも、春から秋にかけて朝風に乗って船は進み、夕風がもとの場所にもどしてくれる。/この恵み深い海で、利にさといフェニキア人と、海にも陸にも強いギリシア人とが、航海術やその学問を発達させた。[2]
 
 




 


1 wikipedia
 学説---ドナウ 世界大百科事典
2世界の歴史 エーゲ海文化の序曲; デュラント Wil Durant
 
 

Filming; 2018.5.1 米代川 きみまち阪 七座神社対岸から見る

 

イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
 


イメージ 5




 
HHB  New
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク



イメージ 6



 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2 無意味な破片イメージ 3

特派員―県議選の結果について何かないですか?

編集長―大館市と北秋田市は無投票だから、なあ。

アロマ―対立する意見を持つ人がいないとは思わない。

特派員―しかし、県議会の選挙は金がかかる。後援団体が必要だ。

編集長―問題は反対勢力が抑圧されてることだろうな。超国家主義的な国は議会の変化をきらうずだ。話をしなくても分かる政治でなければならないから。

アロマ―黙ってろ、というわけね。黙ってろ…

編集長―一言で言えば、超国家主義というのはファシズムとコミュニズムの黒いミックスなんだ。帝国時代の右翼団体が赤と対抗するために考えた政治思想だ。ナチズムもそういう黒いミックスだ。

特派員―そう言えば、赤と黒の過激な対立。白は、何だか、分かりにくいな。

アロマ―ただの空間よ。

編集長―民主主義の議会には意見の対立が必要だ。表面的な意見交換は、それで終わりだ。

特派員―大館市議会と秋田県議会には、そんな建設的な対立が見えないな。

アロマ―問題意識が限定されてしまってる。たとえば、街の色彩については枠の外。誰も色彩を問題にしないのは変だわよ。日本文化は文化じゃない、と言いたい。

特派員―無所属はともかく、政党は頭脳集団だから、いろんな問題をあつかうことができるはずだけど、ただの集団だね。あってもなくても、同じだ。

編集長―国会もそうだけれど、日本人の多くは憲法のルールとしての民主主義を学んだ。しかし、民主主義を生きてきたわけじゃない。これは自分の生活環境から生活環境について考えることが基本だ。

アロマ―あたしは生活環境の撮影が中心ね。

特派員―議員と役人も、1週間に1度そうしてみればいいね。

 

 

 

*言葉の樹市議会で大館駅新築計画に反対する声

*電線と電柱の街

*乳製品の〈黄色と赤〉のメッセージ 

*国連が色彩による環境汚染を議論すれば

*バス・ストップ:



 Filming;2019.4.7 栄町



 

イメージ 4



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]

*船型遺跡の丘 きみまち阪 2007  video 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 

 藤琴川 きみまち阪の建設工事と対岸からのながめ 2017 video

*きみまち阪 船のイメージと羊の蹄のイメージ video

*クルマンタ遺跡は文化財として保護されていない!!! 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート;  

炭谷川 日詰の橋と神明社 Photo collection  video 

平川 唐牛から福島橋まで  2018 video  

 *リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 藤琴川  

引欠川ドキュメンタリー全編、完成!!!  New

有栖川宮通り 87 パリで北海道・北東北縄文遺跡群のむだなJOMON展 New

 



イメージ 5




RIVER PORT HOUR 2 SELECTION ARCHIVE

RIVER PORT HOUR 1

  RIVER PORT HOUR 2  

 

FB  River Utopia 

ジャニー

HHB  New

 
 

大館市役所西側本庁舎を保存しよう

*Odate city hall Spiral staircase 大館市役所 らせん階段とドーム 2013

*大館橋を復元する会のプラン

*大館大火を映画化する市民の会

 

水源シリーズ

*Nagakiriver Documentary: 長木川源流-皆倉橋 上下流 1997

*平川源流 折橋沢川 2011 

*中山沢川 源流 2014

環境の危機

*山田川支流 保滝沢川の水源と集落 2006 video

*沼館川 八方山の自然 2006

*曲田沢川のページ

歴史遺産の保存

*旧田村鉄工所

*BigFire Memories 1953

*防火建築第1号 片町連鎖店舗の今

 

*今日のリンク

*List 10 はせ川食堂

*リヴァー・ユートピア妨害工作 世界の片隅で

*高松宮日記メモ: 三笠宮の反発 洋服か和服か? 

*空間の着こなし

*実存と表現 

*世界の記憶/記憶は何のために?/ 模造品の都市 

*日本はこれからどんな国をめざせば? 

*きれいな生活 

*教育問題と実際主義 

*A 法律から見る広告物




イメージ 6



---リヴァー・ポートだより---

*ライブ・スタジオ案内 

*ハーフ・アンド・ハーフ・スタジオの歴史

*ロケ

 

       広告募集

■ 川のスポンサー募集

 

G mail;  odatebridge@gmail.com

 

 









開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事