My time

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
特派員―麓幸子さんは女のための政治をやるみたいですね?
ナモネ氏―私もそう思った。麓幸子さんは自分の特徴と才能を可能なかぎり生かしたいと言ってるような女性だ。大館はそれができる街だと知ってる。
アロマ―わがままというよりキャリア・ウーマンらしくていい。
特派員―新鮮さにこだわるHHJとしては、大胆不敵に実力を見せてほしいですね。
ナモネ氏―扇田の女は甘くないぞ。
特派員―麓幸子さんは「少子高齢化、人口減少を食い止め100年後も栄えるまちを目指す」「市民の声に耳を傾け、困っている課題を解決するまちづくりを進めたい」そう語りました。産業振興は当然だけど、大館市長としてユニークなのは農業を中核とした〈6次産業化〉を進めることですね。[1]
半分半分放送局長―男の食い道楽も喜ぶ話だ。
ナモネ氏―しかし、その6次というのは聞いたことがないが?
アロマ―農林水産省HPによれば、〈農林漁業の6次産業化とは、1次産業としての農林漁業と、2次産業としての製造業、3次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取組です。これにより農山漁村の所得の向上や雇用の確保を目指しています。〉
ナモネ氏―新たな付加価値だと?
放送局長―新しい落語だ。
特派員―霞ヶ関の寄席ですよ。〈総合的かつ一体的な推進〉!?これは全体主義のパロディ。
ナモネ氏―大館市の現状を見ると、おばさんたちが枝豆の栽培から商品化まで一生懸命がんばってるよ。地元の菓子屋は枝豆を原材料にして菓子類の創作もやってる。
特派員―全国的な傾向だけど、会社化するところが新しい。
放送局長―経営が軌道に乗れば、おもしろいだろうな。
ナモネ氏―中央の大資本に負けない何かがあれば、な。
アロマ―何と言っても、問題は国の援助が本当に地元のためになるかどうか、ということね。
放送局長―そうだ、そうだ。
 
 
 



 1 4月の大館市長選 麓氏が出馬正式表明 日経BP総研フェロー 市民の声聞きまちづくり
北鹿新聞 2019-03-18
 

Filming;2013.11.21 JR花輪線 扇田駅


イメージ 7


イメージ 8



イメージ 9



イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                      


イメージ 5


                                          
 
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク

*日本画は伝統芸術  

 

イメージ 6


---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 
                                                                                   













開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


イメージ 1メディア・ストーリーイメージ 2
Filming; 2019.3.20
大館市役所前のホテルには旧秋北バス・ターミナルが付属していた。2013年の秋、そ
れが閉鎖されて、市民がほとんど寄りつかない場所になった。
 
最近、乗り場のある通路を通りホテル側から外に出ようとして、地下への階段を見たとき、地下街があったことを想い出した。
 
確か理容室など数軒店があった。
 
いつ閉鎖されたか?
 
理由は何だったか?

どこかに書いていないか?
 
あいかわらず分からない。感心しない市民だ。
 







Filming; 2019.3.20




イメージ 3



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]



イメージ 4



 
HHB new
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
                突然NHKが内陸線で〈ニュースこまち〉


イメージ 5


---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2イメージ 3イメージ 4
食料品の廃棄
食料の廃棄が世界的に問題になっている。日本はトップ・ランクに入る。無駄に買うのは計算まちがいではなく、販売店と飲食店、生産業者などの利益に協力する意図があるからだろう。この意図は社会的だが、悪いことに自由がないので、ファシズムの管理統制に近い。食品が家庭で食べられないで生ゴミになったとしても、経済の歯車が好調なら、問題でない。しかし、個人の自由が減ることは、民主主義憲法を廃棄する方向に進む。
倫理的な見方をすれば、食料品の廃棄は人間の退廃につながるかもしれない。消費する行為への欲求。クッキングに創造性がなくなること。収穫に感謝する気持がないこと。環境破壊。
漁業の発展のために
FAO(国連食糧農業機関)の報告によれば、日本で獲れる魚の35%が廃棄されている。供給する事業所と消費する家庭の両方で廃棄される。3匹のうち1匹は生ゴミになる理由は主に期限切れなどだが、実態は単純でない。経験的に考えて魚は食卓に因習的な形式主義で出される。魚を食べたくない人にも公平に魚料理が出る。ぼくの場合サケは例外だが、テーブルに残った魚は他の人が食べて廃棄されない。とはいえ、これは無駄な消費だろう。1匹買わなければいいのである。それができないのは、魚の文化人類学的な価値を縁起ものとしてありがたく思うからだろう。しかし、経済的には魚を3匹供給しなければ、漁業関係者が困るという計算があるからではないか?漁業の発展のために国の予算が無益に使われるなら、結果的に金の廃棄処分だろう。 
先住民族の権利
〈先住民族の権利に関する国際連合宣言〉を受けて、2月安倍内閣はアイヌ新法の法案を閣議決定した。〈北海道などに先住してきた〉アイヌを初めて先住民族と明記、〈民族としての誇りが尊重される社会の実現〉を理念として政府や地方自治体の責務と位置づけ、アイヌ文化を振興する交付金制度が盛りこまれた。菅官房長官は〈活力ある共生社会を実現する〉と目的を語った。共生社会?!
アイヌ新法は千島列島のいわゆる北方領土を日本の〈固有の領土〉と歌い上げた国会合唱団の譲歩か?しかし、その反対だった。アイヌは先住民族で日本国民だから、日本固有の領土であると考えるらしい。これは、北海道(蝦夷地)と千島列島には歴史的な事実としてアイヌと北方諸民族が先住していたので、侵略した日本が〈固有の領土〉とは言えないという常識的な論理を否定する。



*魚同情論は漁業に反対[魚の生命と原罪意識]
*List7 :芸術 文化; サシミ反対運動  
                    国際的なサシミとスシの恐怖 



3 アイヌ支援の新法案、自民了承 政府の責務、先住民族を明記
スプートニク日本 Kyodo news 20190205 18:08
アイヌ支援へ、新法案を閣議決定 「先住民族」と明記、交付金も
スプートニク日本 Kyodo news  20190215 19:34
初めて「先住民族」と明記 「アイヌ新法」閣議決定
FNN prime 2019215 金曜 午後3:48 



Filming;2019.2.15 大館駅前 秋北バス・ターミナル


イメージ 5


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                                 


イメージ 6



                               
 




*今日のリンク
*不意の〈危険〉[連合国捕虜収容所 B-29] 



イメージ 7







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2言葉の樹イメージ 3
ハノイ劇場での連想
228日、ハノイで行なわれたトランプ大統領とキム党委員長の会談は〈脱線〉した。どんな合意にも署名されないで終わった。アメリカ政府によれば、北朝鮮が制裁の全面的な解除を求めたことが原因だ。これはアメリカには〈一線を越える〉ことなので、収穫を見なかった。[1]

 なぜハノイで?この疑問は、ベトナム戦争をフラッシュ・バックさせた。1975年、アメリカと北ベトナムはジュネーブで和平交渉を続けていた。北ベトナム代表はフランス語のうまい美人で、大変な人気だった。だらだら先に進まない話し合いが繰り返し報道されたが、期待は高まった。しかし、ぼくのあいまいな記憶では、美人の外務大臣か外交官の演技に惑わされていたとき、南ベトナムの首都サイゴンが呆気なく陥落したというニュースが突然飛んできた。アメリカ軍関係者は逃げるのがやっとだった。和平交渉はそれでブラック・アウト。


Half and Half Journal


1 "On attendait au moins quelques annonces" : pourquoi le sommet entre Kim Jong-un et Donald Trump a déraillé
France info Mis à jour le 28/02/2019 | 17:27



Filming;2019.2.28 三の丸



イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                                                                


イメージ 5



    RIVER PORT HOUR 2  
 
 
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
*今日のリンク
*List8 歴史 大館と米代川流域; 大館橋の12のバルコニーと12本の街灯


イメージ 6


 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2MODE ACTUEL MODE ACTUELLEイメージ 3

HHJ214日、大館市の財政状況について秋田県庁に次のような質問書を送信した。データが古いのは、一般市民と同じ幕府的な状況に置かれているからである。

 

Half and Half Journal

大館市の財政状況は、2007年度の起債制限比率〈要注意団体〉、 2012年度の将来負担比率〈不健全〉、そして、同年度の実質公債費比率14.8%で、これは国と県の許可をえる必要がある18%近い。借り入れが限界だということです。事実、総務課の話では市役所本庁舎事業費が増える場合県庁と相談しなければなりません。予想どおり事業費は平成25年度の算定額35億円から平成30年度には50億円に増えました。佐竹知事と関係当局は、それをどう考えますか?


15日 企画振興部市町村課の回答

大館市の平成29年度決算における実質公債費比率は8.8%、将来負担比率は72.1%であり、国が定める財政の早期健全化基準(実質公債費比率25%、将来負担比率350%)を下回っているとともに、実質公債費比率は、地方債発行に許可が必要となる数値(18%)を下回っております。

  また、一般的に建築物の建設費は、基本計画以降の調査や機能変更、資材費・人件費の変化などにより変わるものであり、大館市役所本庁舎建設事業についても、そのような事情があったものと考えており、県としましては、市から財政や建設事業などに関する相談があった場合は、助言していくこととしております。



実質公債費比率は5年で14.8%から8.8%と大幅に改善されて、地方債発行に許可が必要となる基準18%を下回っている。市民は心配しなくていいということである。しかし、本当かな、と疑問が残る。市内の公共事業の進行を見れば、財政に余裕がある都市とは思えないのだ。

長木川上流社会特派員 E.V







Filming;2018.7.3 大館市役所 本庁舎西側


イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]

*船型遺跡の丘 きみまち阪 2007  video 

*きみまち阪 船のイメージと羊の蹄のイメージ video

リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート

平川 唐牛から福島橋まで  2018 video  

 *リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 藤琴川  

きみまち阪 〈羊の蹄〉は二つある video       

引欠川ドキュメンタリー全編、完成!!!  new

                                                                                

イメージ 5



RIVER PORT HOUR 2 SELECTION ARCHIVE

RIVER PORT HOUR 1

  RIVER PORT HOUR 2  
 

 

 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう

*Odate city hall Spiral staircase 大館市役所 らせん階段とドーム 2013

*大館橋を復元する会のプラン

 

水源シリーズ

*Nagakiriver Documentary: 長木川源流-皆倉橋 上下流 1997

環境の危機
歴史遺産の保存

*BigFire Memories 1953

*今日のリンク

*リヴァー・ユートピア妨害工作 世界の片隅で

*あん・ぱさん; 公明党と皇室予算/美術文化の保護?/残虐なTシャツ

*県独占新聞と住宅開発/建設に狂って赤字隠し/自冶の喪失 

*メッセージ製造のための事件

*二つのらせん階段/ 黙殺の背景/ 大館市の不思議 

*言葉の樹市議会で大館駅新築計画に反対する声

*日常生活にあるデザインの善と悪を見る 

*平川市議会の選挙違反: 強制収容と見せしめ

*あん・ぱさん; 片町連鎖店舗の設計/市民の地獄/これは犯罪だ

*バス・ストップ

 
---リヴァー・ポートだより---

 

       広告募集

■ 川のスポンサー募集

 

G mail;  odatebridge@gmail.com

 

 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事