My time

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 2イメージ 4イメージ 3
NISSANNizan
去年11月日産自動車の前会長ゴーン容疑者が特別背任の疑いで逮捕勾留されたとき、ニュースの映像に〈NISSAN〉の文字が出た。このマークは車の前についている。フランス人なら、ポール・ニザン(Paul Nizan)を想い出すだろう。共産主義系の作家で、第1次世界大戦後に友人のサルトルなどとカフェで飲んだとき、こんな哲学的な話をした。〈君はこのグラスについて語れるんだ。〉サルトルはハイデッガーから実存哲学を教わるためにドイツに行った。小説《嘔吐》にはその反映がある。
ニザンの有名な作品《アデン アラビア》はイエメンにリンクする。この国はイランとサウジアラビアの宗教的な代理戦争のような内戦の最中で、日本政府は国民の飢餓対策に支援金を送ることに決めた。
震える世界
日本の法律用語で言う勾留は伝説的な恐怖の檻である。疑わしいという理由だけで10日間ブタ箱に閉じ込めることができる。なお残酷なのは拘置期間を何度も延長できること、再逮捕で無制限に延長できることだ。明らかに憲法に違反する人権侵害である。保釈請求の却下も同じだ。ゴーン容疑者は証拠隠滅と逃亡のおそれがあるという理由だが、客観的でない。21世紀のハイテクノロジーで人権を尊重して監視できるはずだ。それを検討もしない司法制度にはやはり国連が批判するように人間を侮辱する意図があるのではないか?
小林多喜二の故郷の近くで暮らせば、警察の取調べは拷問の別名である。暗黒と極寒の中で自白させても、証拠にはならない。しかし、日本の発展途上国的国家機関はそれを決定的な有罪の道具に使う。
世界平和の柱
2月7日、北方領土の日。返還運動関係者の身内が東京でブタ箱に入れられたという情報が行ったのかどうか、今年は重要な変化が現われた。根室市の住民大会では〈返せ!北方領土〉のスローガンが横断幕などから消えて、〈平和条約の早期締結を〉という賢い表現になった。国際法に明るい人たちの努力だろう。都内で開かれた政府主催の北方領土返還要求全国大会のアピールには〈不法占拠〉という感情的な表現が消えた。ただ、〈固有の領土〉は残った。安倍晋三首相は国会答弁でその表現を避けたが、大会でも使わなかった。ロシアに配慮した、と報道機関が解説したのは半分正しい。日本の国が戦場になるのを防いで世界平和の柱を立てるためでもある。その実現に必要なのは国会と個人の自由な発言だ。根室市民のような本心からの表現だ。





1 List 7 芸術 文化ロスト・ジェネレーションの小説《嘔吐》
    List6  環境サイン/記号問題朝の食事 描かれた記号システム
  Carlos Ghosn   J.P.Sartre   M.Heidegger
3  「返せ!北方領土」のスローガン 封印して住民大会
テレビ朝日2/7() 11:50
時事通信 2/7() 12:31


Filming;2018.12.28 ギャルリー



イメージ 5


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                               


イメージ 6





*今日のリンク
*List 10 はせ川食堂








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
特派員―アメッコ市のパンフレットに〈丸髷(まげ)行列〉ってあるけど、何だ?[photo 1]
アロマ―ポスターに出てる、和服姿の女性の髪形。日本髪のことらしいね。レンタルでその衣装をそろえると、約10万円だそうですよ。
ナモネ氏―馬鹿に高いもんだ、なあ。アメッコ市とは関係ないイベントだから、私は嫌いだ。曲げることがおもしろくないのだ。
特派員―そうですね。物質は劣化する一方だから、困る。
編集長―精神は美しくなるばかりという風に行かないか、な?
特派員―残念ながら。
 
アロマ―沖縄県でイルカを見れるところを探したら、あった。本島北部の本部町、本島中部の恩納村、石垣島。一緒に泳いで遊べると宣伝してる。
特派員―本部町というのは、本部半島にある。
ナモネ氏―何年か前、名護市の海でイルカの漁をやるというニュースがあったな。
アロマ―うそ、と声をあげたのは、イルカ料理の店があるっていうこと。
特派員―まさか。そんな店はサーチに引っかかったことがないよ。
編集長―沖縄のイルカ料理なんて、聞いたことがないね。
 
特派員―ところで、イギリスでペットショップでの子犬と子猫の販売を禁止する法律が成立しましたね ?虐待を防ぐために。[1]
編集長イギリスでさえも無責任な人たちが多いらしいな。
ナモネ氏―大館市も真似っこすればいい。
編集長―日本の国には生命に鈍感な人が多いから、単独ではそういう法律をつくらないだろう。
アロマ―〈秋田犬の里〉はペットショップ?
ナモネ氏―子犬を売るのは保存会だけだと思いたい。鳥肌が立つような疑問だ。



*List7 :芸術 文化; サシミ反対運動 
          国際的なサシミとスシの恐怖  
          毒入りの文化 



英、子犬・子猫のショップ販売を禁止へ来年新法導入
AFP 20181226 5:59


 
Filming;2019.2.3 アトリエの庭


*photo 1*
イメージ 7


イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                               


イメージ 5




  RIVER PORT HOUR 2  
 
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク




イメージ 6



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 
 
  
 








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2MODE ACTUEL MODE ACTUELLEイメージ 3
日本海沿岸自動車道の二ツ井今泉間ルートの山間部でほぼ全体的に重金属が検出されて、汚染対策と設計のやり直しが必要であることが分かった。総事業費は、消費増税分をふくめて約2倍になる。
 
国土交通省の東北地方整備局が201811月2日インターネットに公表した平成30年度事業評価監視委員会(第1回)資料から引用すれば、
 
5.事業計画の変更内容(1)
◆二ツ井今泉道路の事業費増
(全体事業費150億円→235億円) 増57% (85億円)


重金属対策 18億円  現場条件の変更  ①重金属対策(対策土量:33t
縦断変更  67億円  現場条件の変更  ②縦断変更に伴うトンネル構造変更
                  ③縦断変更に伴う道路構造変更
 
計画段階の調査で重金属は確認されなかったのか?資料を見ると


○当初は、以下の理由により、重金属対策は不要と想定していた。
・掘削土に重金属の含有が疑われるような鉱山・工場跡地等の既存施設が事業区間に無い。
・鉱物資源図等の既往資料を用いた事前の概略調査では、重金属含有土の存在が確認されていない。
・当該事業に近接する国道7号きみまちトンネル工事(昭和5054年度)において発生した土砂を盛土に用いていたが、重金属に由来するような周辺環境の変化が確認されていない。
 
2013年度、トンネルの詳細設計のためのボーリング調査では重金属は検出されなかった。ところが、4年後の2017年度にトンネル工事発注のために既存のボーリングコアを確認して〈自然由来の重金属(セレン・ヒ素)〉が含有されていることが分かったという。


分析結果(基準超過分を抜粋)
カドミウム    セレン    砒素    ふっ素
溶出量(mg/L)  0.051      0.018    0.087    13
[基準値]    [0.01以下]    [0.01以下]  [0.01以下]  [0.8以下]
 
すべて基準値を超えている。
重金属対策が必要な範囲は、4.5kmのルートのうち小繋トンネル(1153m)と今泉第1トンネル(800m) 2トンネル(300m)区域である。HHJが批判したように第1トンネルはJR鉄道トンネルの上を交差する危険な設計である。重金属が地中に存在すれば、岩石をクラッカー状に脆くして、さらに安全を脅かす。これは鉱山地域の常識である。
 
何よりも生命と自然環境を大事にしなければならない。リヴァー・ユートピアはあらためて事業の中止を求める。

このショッキングな事実はしばらく公表されなかった。HHJがインターネットで知ったのは数日前だ。地元には去年5月、重金属対策とルート縦断計画の変更について説明会を開催して〈了承〉されたようだが、秋田県の広報と佐竹知事の定例記者会見、そして報道機関などは県民に黙って事業の進展だけに光を当てていた。あまりにも無責任ではないか?
 ☆ 長木川上流社会 特派員 E.V +H







Filming;2017.9.4 博物館前から見た工事現場



イメージ 4



List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                               


イメージ 5



  RIVER PORT HOUR 2  
 
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
*List8 歴史 大館と米代川流域; 大館橋の12のバルコニーと12本の街灯
*List8 歴史 世界と日本; 湊城と菅江真澄 
              佐竹藩によるキリシタン町の破壊
 

イメージ 6


---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 
 







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3

特派員―今日は6434人の死者と多くの負傷者が出た阪神淡路大震災から24年目。犠牲者の遺族と知人、友人に希望と勇気、心の平和が与えられることを願っています。心の平和と言いましたが、それは自分で建設しようと努力しなければ、むずかしいことです。

アロマ―昔の船乗りのように星から目を離さないようにしましょう。

編集長心の平和を個人で実現できるとは思わないね。

特派員―編集長の大火経験ですか?何よりも悪夢がこわいと言っていましたね?

編集長―悪夢と言っても、大人に話したら、笑われるような夢だ。黒い煙が襲いかかるけれど、動こうとしても動けない。そこで目が醒める。3度目の大火から数年悩まされて、寝るのがこわかったな。それで夢の不思議さに関心を持つようになった。

アロマ―周りに優しく楽しい人たちが大勢いて、ハッピーでしたね。

編集長―そうだ。楽しい想い出がなければ、人生は暗いな。




*阪神淡路大震災から21年目の結論; 通電火災の原因



Filming; 2019.1.17 半地下室のアトリエ


イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]

*船型遺跡の丘 きみまち阪 2007  video 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 

 藤琴川 きみまち阪の建設工事と対岸からのながめ 2017 video

*きみまち阪 船のイメージと羊の蹄のイメージ video

*クルマンタ遺跡は文化財として保護されていない!!! 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート;  

炭谷川 日詰の橋と神明社 Photo collection  video 

平川 唐牛から福島橋まで  2018 video  

 *リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 藤琴川  

きみまち阪 〈羊の蹄〉は二つある video 

引欠川ドキュメンタリー全編、完成!!!  new

                                               


イメージ 5



RIVER PORT HOUR 2 SELECTION ARCHIVE

RIVER PORT HOUR 1

  RIVER PORT HOUR 2  

 

 

 

大館市役所西側本庁舎を保存しよう

*Odate city hall Spiral staircase 大館市役所 らせん階段とドーム 2013

*大館橋を復元する会のプラン

*大館大火を映画化する市民の会

 

水源シリーズ

*Nagakiriver Documentary: 長木川源流-皆倉橋 上下流 1997

*平川源流 折橋沢川 2011 

*中山沢川 源流 2014

環境の危機

*山田川支流 保滝沢川の水源と集落 2006 video

*沼館川 八方山の自然 2006

*曲田沢川のページ

歴史遺産の保存

*旧田村鉄工所

*BigFire Memories 1953

*防火建築第1号 片町連鎖店舗の今

 

*今日のリンク

*List 10 はせ川食堂

*あん・ぱさん; Xの謎/自由の無/足の確保 

*1人だけの犠牲/観念の地獄/自由な集まり

*再利用計画に赤信号/必然的なファシズム/旧敵国の義務

*電線と電柱の街

*二つのらせん階段/ 黙殺の背景/ 大館市の不思議

*日常生活にあるデザインの善と悪を見る

*国家の無意識 / 歴史と無意識

*世界の記憶/記憶は何のために?/ 模造品の都市

*石造りの街路と橋を創造したのは人間愛である 




イメージ 6


 

---リヴァー・ポートだより---

*ライブ・スタジオ案内 

*ハーフ・アンド・ハーフ・スタジオの歴史

*ロケ

 

       広告募集

■ 川のスポンサー募集

 

G mail;  odatebridge@gmail.com

 

 

 







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2イメージ 4イメージ 3

Xの謎
釈迦内神明社は、高台の本殿にV字型の千木が 2本、階段下の拝殿に正面から見てV字型の千木が1本見える。拝殿前からは見えない。ユニークだが、同じ様式の千木が山口の赤妻神社の屋根の真ん中に立っている。HHJの対話編で斜め十字架やギリシア正教の十字架に似てるという想像力に満ちた意見が出た。後者は突飛なようだが、大館市の南西にある曲田福音聖堂でじっくり眺めれば、ダブル・クロスの下に斜め十字が浮かび上がる。これは誰も分節できなかったフォルムで、定説を離れて考える価値がある。斜め十字架のデザインは古代日本に存在する。6世紀前半の今城塚古墳で発掘された鰹木埴輪。神社建築らしい建物の屋根の両端にXが付いている。米代川と関係の深い継体天皇の陵と言われる。正面向きVはXのヴァリエーションかもしれない。[photo 1  2]
自由の無
天保の大飢饉の記録《天保凶飢見聞記》は凶器と狂気が大飢饉の裏に隠れていることを暗に告げる。それは読み進むうちに次第に理解される。軍事政権と仏教が組めば、どんな冷酷なことでも好き勝手にできるのだ。鎖国制度は大規模な強制収容所である。鎖国以前の社会を知らない世代の人たちは異常さを公正と思うように教育されている。禁止と命令の奴隷だ。そういう状態で兵糧攻めを弾圧に利用すれば、飢饉と呼ばれる地獄になるだろう。弾圧の対象はキリシタンから範囲を広げて人間的に生きようと望む民衆すべてだった。
この人災的な飢饉は国の責任を問われない。幕府はそう考えていたようだが、外国に実態が洩れて開国のドアが少し開かれる。自由は政治と仏教に残っていたか、と言えば、反キリスト教に縛られて過去から脱出できなかった。
足の確保 
人間はふだん自分の体を意識しないが、不安と恐怖の中では反対にその存在が気になる。大雪で交通機関とライフ・ラインが乱れたとき、あるいは大規模な都市計画のときでも、そんな生命の危機に晒される。報道機関には〈足の確保〉という表現がくり返される。これは個人の状況次第で強迫観念を強める〈逆効果〉がある。最近の記事から実例を拾うと、〈第3節 地域の足の確保 - 国土交通省〉〈大地震・大津波に備えて 〜海からの視点で考える〜住民の足の確保...〉〈なよろの除雪 - 北海道名寄市 通学・通院の足を確保するため...〉
文部科学省の教育が必要だろう。こういう造語の背景には仏教的な思想がある。個人の知性を有限な肉体の中に閉じこめて、知性の自由な可能性を否定する。



1 List 10 長谷川一族の風景; 長谷川歌野という名前から思うこと G  
3 List 2 有栖川宮の歴史 有栖川宮とアリス;  
             Ⅱc  靴と船と… 
                 e  二条城完成記念の猿楽
List 7:芸術 文化; 肉体を比喩に使う日本人

分節



Filming;2017.7.28 釈迦内神明社


*photo 1*
イメージ 8


*photo  2  Filming; 2017.6.6* 
イメージ 9


イメージ 5


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                   

イメージ 6

            
  RIVER PORT HOUR 2  
 
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク
*List 8 歴史 大館と米代川流域; 大館橋の12のバルコニーと12本の街灯
*List 8 歴史 大館と米代川流域; 新大館町の地図と帝国議会の動き
*List 11 仮面について~ギャルリー; 32 羊の蹄と黄金の羊毛  
*List7 :芸術 文化; サシミ反対運動  
          国際的なサシミとスシの恐怖 


イメージ 7


---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事