My time

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
ナモネ氏―デパート解体工事中のアメッコ市。
アロマ―建築物の死と生命復活の願い。対照的ね。
特派員―コンクリートと鉄でも作品となれば、やはり生物のような存在ですね。
ナモネ氏―私が感じていたことだ。それが分からない馬鹿どもが多くなった。作品が生きてる間は大事に生かさなければならないもんだ。これは人間の責任だ。しかし、今の市民には有限性と戦うという気持がほとんどないのだ。
特派員―耐震化補強すれば、使えるビルだけど、市役所には補修の意思も何もなかった。
半分半分放送局長―まるで自滅を選ぶ仏教的な生き方だ。
特派員―やられる前に自分でぶっ壊してしまうという日本的なドラマ。
ナモネ氏―有限性を甘受したら、駄目だ。
放送局長―人間の進歩がない。
アロマ―すべては人間愛の問題よ。







Filming;2019.2.9 大館橋



イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                               


イメージ 5







大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
*今日のリンク



イメージ 6


 
---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 














開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
アロマ―米さんにはこういうチョコレート。はい。
半分半分放送局長―ライス・パフ入りか?メイカーはクルマンタ・チョコレートだ。
編集長―なつかしいチョコレートだな。ヨーロッパ生まれだろう?
特派員―米の生産で有名なのはスペインとイタリアですよ。
放送局長―チョコレートとライス・パフのミックスはイタリアじゃないか?ポー川流域の米をベネチアでパフにして、チョコレートに混ぜた…いい加減な話だな。
編集長―しかし、これは別にヨーロッパ文化と日本文化のミックスじゃないんだな。最初に食べたときはそう思ったけど、ね。
放送局長―そう、イタリア映画の《にがい米》を見たときは、びっくりしたよ。稲作地帯のドラマ。シルヴァーナ・マンガーノ(Silvana Mangano)が米作りだ。
 
編集長―タイミングがいいな。5円玉を持ってるなら、出してくれないか?
特派員―はい、5円玉。[photo 1]
放送局長―米作りとリンクするのか?あっ、穴のわきに稲のデザインがある。
編集長―そう、5円玉のデザインは水の上に水車と稲だ。敗戦後、農業の発展を図案化したということだ。しかし、去年の暮れ、稲と水車が回転する円い穴を見て蘇我稲目のメッセージじゃないか、と気がついた。硬貨の穴は、何度も言ったように製錬炉の中を見る〈望遠鏡〉のメタフォール。
放送局長―5円玉は金色だな。汚れやすいけど、本当は金色だ。
 
 



望遠鏡
* List 11 仮面について; 銅と太陽のアナロジー

 



Filming;2019.2.14 アトリエ ロイスダールのクッキー



*photo 1*
イメージ 4




イメージ 5


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                               


イメージ 6




    RIVER PORT HOUR 2  
 


*あん・ぱさん;Xの謎/自由の無/足の確保  



イメージ 7


 





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

天、雨、アメッコ市

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3

アロマ―アメッコ市の飴(あめ)を食べて、連想したけど、似たような発音の単語がありますね?空から降る水の雨、天空の天。

ナモネ氏―そうだ。語源は同じだろう。アメは透明だから、空から降る雨と同じ呼び方をするのは自然だ。

半分半分放送局長―アメッコ市は21世紀まで211の建国記念日に開催してたな。神武天皇が即位した日だ。アメッコ市はどういう関連があるのか?

ナモネ氏―天孫降臨神話を連想する。アメッコ市の起源は安土桃山時代の天正のころにさかのぼると言われてる。あの時代の明るく華やかなイメージにふさわしいが、本当はもっと古いと思う。

放送局長―アメッコは天孫が持ってきたのか?

ナモネ氏―それはどうかな?

特派員―アメッコ市の民話によれば、田代岳の白髭大神がその日アメッコを買いに来る。人間がつくったアメッコがお気に入り、ということですね。

ナモネ氏―農家の人たちがミズキの枝にアメを付けて神様に供える風習があった。それが大館の街中でアメッコ市に発展した。風邪薬としても役に立った。昔の人はだまされやすいから、あんこ入りのアメッコ一個食べれば、風邪がなおったもんだ。アメ細工というのは、職人さんが自転車の荷台に載せた箱から透明なアメを箸で取り出して、練り上げて、白くなったアメを伸ばして鋏で切っていろいろな形に加工する。子どもには見てるだけで楽しいアメ売りだった。ガラス細工の作業とよく似てるよ。

放送局長―おれもそう思ったところだ。ガラスは鉱山のネットワークで製造される。アメッコには比喩的なメッセージが入ってるかもしれないな。

 

 

 


 

 

 Filming; 2019.2.10 大館橋




イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]

*船型遺跡の丘 きみまち阪 2007  video 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 

 藤琴川 きみまち阪の建設工事と対岸からのながめ 2017 video

*きみまち阪 船のイメージと羊の蹄のイメージ video

*クルマンタ遺跡は文化財として保護されていない!!! 

*リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート;  

炭谷川 日詰の橋と神明社 Photo collection  video 

平川 唐牛から福島橋まで  2018 video  

 *リヴァー・ドキュメンタリー撮影レポート; 藤琴川  

引欠川ドキュメンタリー全編、完成!!!  new

                                               


イメージ 5



RIVER PORT HOUR 2 SELECTION ARCHIVE

  RIVER PORT HOUR 2  

 

FB  River Utopia 

ジャニー

 

 

大館市役所西側本庁舎を保存しよう

*Odate city hall Spiral staircase 大館市役所 らせん階段とドーム 2013

*大館橋を復元する会のプラン

*大館大火を映画化する市民の会

 

水源シリーズ

*Nagakiriver Documentary: 長木川源流-皆倉橋 上下流 1997

*平川源流 折橋沢川 2011 

*中山沢川 源流 2014

環境の危機

*山田川支流 保滝沢川の水源と集落 2006 video

*沼館川 八方山の自然 2006

*曲田沢川のページ

歴史遺産の保存

*旧田村鉄工所

*BigFire Memories 1953

*防火建築第1号 片町連鎖店舗の今

 

*今日のリンク

*List 10 はせ川食堂

*言葉の樹市議会で大館駅新築計画に反対する声

*日常生活にあるデザインの善と悪を見る

*きみまち阪に魔の手 16;小繋と今泉のトンネル区域の重金属対策で総事業費が約2

*大館の灯; 〈もったいない精神〉で市民をだました福原市長

*あん・ぱさん; 片町連鎖店舗の設計/市民の地獄/これは犯罪だ

*財政的な冒険/歴史ぎらいがやること/鉄道のミステリー

*JR大館駅前広場の横に廃棄物運搬用タンク!!!




イメージ 6


 

---リヴァー・ポートだより---

*ライブ・スタジオ案内 

*ハーフ・アンド・ハーフ・スタジオの歴史

*ロケ

 

       広告募集

■ 川のスポンサー募集

 

G mail;  odatebridge@gmail.com

 

 

 






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2イメージ 4イメージ 3
NISSANNizan
去年11月日産自動車の前会長ゴーン容疑者が特別背任の疑いで逮捕勾留されたとき、ニュースの映像に〈NISSAN〉の文字が出た。このマークは車の前についている。フランス人なら、ポール・ニザン(Paul Nizan)を想い出すだろう。共産主義系の作家で、第1次世界大戦後に友人のサルトルなどとカフェで飲んだとき、こんな哲学的な話をした。〈君はこのグラスについて語れるんだ。〉サルトルはハイデッガーから実存哲学を教わるためにドイツに行った。小説《嘔吐》にはその反映がある。
ニザンの有名な作品《アデン アラビア》はイエメンにリンクする。この国はイランとサウジアラビアの宗教的な代理戦争のような内戦の最中で、日本政府は国民の飢餓対策に支援金を送ることに決めた。
震える世界
日本の法律用語で言う勾留は伝説的な恐怖の檻である。疑わしいという理由だけで10日間ブタ箱に閉じ込めることができる。なお残酷なのは拘置期間を何度も延長できること、再逮捕で無制限に延長できることだ。明らかに憲法に違反する人権侵害である。保釈請求の却下も同じだ。ゴーン容疑者は証拠隠滅と逃亡のおそれがあるという理由だが、客観的でない。21世紀のハイテクノロジーで人権を尊重して監視できるはずだ。それを検討もしない司法制度にはやはり国連が批判するように人間を侮辱する意図があるのではないか?
小林多喜二の故郷の近くで暮らせば、警察の取調べは拷問の別名である。暗黒と極寒の中で自白させても、証拠にはならない。しかし、日本の発展途上国的国家機関はそれを決定的な有罪の道具に使う。
世界平和の柱
2月7日、北方領土の日。返還運動関係者の身内が東京でブタ箱に入れられたという情報が行ったのかどうか、今年は重要な変化が現われた。根室市の住民大会では〈返せ!北方領土〉のスローガンが横断幕などから消えて、〈平和条約の早期締結を〉という賢い表現になった。国際法に明るい人たちの努力だろう。都内で開かれた政府主催の北方領土返還要求全国大会のアピールには〈不法占拠〉という感情的な表現が消えた。ただ、〈固有の領土〉は残った。安倍晋三首相は国会答弁でその表現を避けたが、大会でも使わなかった。ロシアに配慮した、と報道機関が解説したのは半分正しい。日本の国が戦場になるのを防いで世界平和の柱を立てるためでもある。その実現に必要なのは国会と個人の自由な発言だ。根室市民のような本心からの表現だ。





1 List 7 芸術 文化ロスト・ジェネレーションの小説《嘔吐》
    List6  環境サイン/記号問題朝の食事 描かれた記号システム
  Carlos Ghosn   J.P.Sartre   M.Heidegger
3  「返せ!北方領土」のスローガン 封印して住民大会
テレビ朝日2/7() 11:50
時事通信 2/7() 12:31


Filming;2018.12.28 ギャルリー



イメージ 5


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                               


イメージ 6





*今日のリンク
*List 10 はせ川食堂








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2無意味な破片イメージ 3
特派員―アメッコ市のパンフレットに〈丸髷(まげ)行列〉ってあるけど、何だ?[photo 1]
アロマ―ポスターに出てる、和服姿の女性の髪形。日本髪のことらしいね。レンタルでその衣装をそろえると、約10万円だそうですよ。
ナモネ氏―馬鹿に高いもんだ、なあ。アメッコ市とは関係ないイベントだから、私は嫌いだ。曲げることがおもしろくないのだ。
特派員―そうですね。物質は劣化する一方だから、困る。
編集長―精神は美しくなるばかりという風に行かないか、な?
特派員―残念ながら。
 
アロマ―沖縄県でイルカを見れるところを探したら、あった。本島北部の本部町、本島中部の恩納村、石垣島。一緒に泳いで遊べると宣伝してる。
特派員―本部町というのは、本部半島にある。
ナモネ氏―何年か前、名護市の海でイルカの漁をやるというニュースがあったな。
アロマ―うそ、と声をあげたのは、イルカ料理の店があるっていうこと。
特派員―まさか。そんな店はサーチに引っかかったことがないよ。
編集長―沖縄のイルカ料理なんて、聞いたことがないね。
 
特派員―ところで、イギリスでペットショップでの子犬と子猫の販売を禁止する法律が成立しましたね ?虐待を防ぐために。[1]
編集長イギリスでさえも無責任な人たちが多いらしいな。
ナモネ氏―大館市も真似っこすればいい。
編集長―日本の国には生命に鈍感な人が多いから、単独ではそういう法律をつくらないだろう。
アロマ―〈秋田犬の里〉はペットショップ?
ナモネ氏―子犬を売るのは保存会だけだと思いたい。鳥肌が立つような疑問だ。



*List7 :芸術 文化; サシミ反対運動 
          国際的なサシミとスシの恐怖  
          毒入りの文化 



英、子犬・子猫のショップ販売を禁止へ来年新法導入
AFP 20181226 5:59


 
Filming;2019.2.3 アトリエの庭


*photo 1*
イメージ 7


イメージ 4


List-関連記事一覧 Half and Half Journal [HHJ]
                                               


イメージ 5




  RIVER PORT HOUR 2  
 
 
 
大館市役所西側本庁舎を保存しよう
 
水源シリーズ
環境の危機
歴史遺産の保存
 
*今日のリンク




イメージ 6



---リヴァー・ポートだより---
 
       広告募集
 
 
 
 
 
  
 








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事