全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全101ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

アユタヤ遺跡群を見学する前に

アユタヤ郊外にある山田長政で有名な日本人町跡へ。

記念館があり、

山田長政の像、御朱印船の模型などがある。


記念館裏手のチャオプラヤー河の景色にのどかさを感じた。


昼食はアユタヤ料理

開く トラックバック(22)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

タイ 3日目 (2)

アユタヤ へ向かう途中 

タイ王国の夏の離宮「バンパイン」宮殿へ。

広大で美しい庭園内にヨーロッパ、中国、タイの各様式をとりいれた建築物が

点在する。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

タイ 3日目

朝食後、バンコクから北へ約76kmの「アユタヤ」へバスで向かう。

その途中、バスから写した光景。

記念日には

イメージ 1

イメージ 2

体調がいまいちなので、寝てた。

実家のアッシー君は中止。

鼻水が出ていかんので、昼前に近くの「高岡耳鼻科」へ。

熱はない。

勿論散歩は休む。

パートナーは一人で行ったと後から聞いた。




11月21日(水)

早朝散歩に出かけたが、体が重い。

帰宅後、昼頃まで寝てた。


午後、所用でふなや旅館へ。

担当窓口は、今日で二回目だったIさん。

その応対の良さに感心した。

素晴らしい接客に、感動さえおぼえる。


創業380年の老舗宿。 

http://www.jalan.net/kuchikomi/YAD_356524.html



11月20日(火)

早朝の散歩は中止し、

朝7:33の電車に乗って松山市駅へ。

通勤客も多く、珍しく立ったままだが9分間で着く。

ここから歩いて5分の愛媛県立中央病院へ。

眼科へ

眼底検査のため、電車を利用したのだ。

以前は開業医で半年毎に眼底検査をやっていた。

最近、血圧関係もこの県病院に変わった。

全て一元管理のほうがいいだろうと思ってのこと。


その後、糖尿、呼吸器科と廻った。


食後の散歩はいいことだし、

飲酒も回数を減らしている。

過食も気をつけている。

週一回のヨガ、12月からは太極拳も始まる。

これらを通して、

月一回の血液検査の数値の改善を目指している。


午後、コムズの「生涯学習講座」(第5部〜3回目)へ

14:00〜15:30

演題「人間感係を生きる」

講師 螢◆璽蝓璽弌璽媛馗

   井上 昌俊 氏

この人の講演は、以前に聞いたことがある。

著書も読んだこともある。

「青春時代」の音楽と共に、後ろから入場。

数多くの講演をこなしてる。

巧みな進行に大いに盛り上がった。

感謝の心、愛を与えることの大切さ等々。

話の中で面白かったこと(下記)


【短命】〜朝寝、ふきげん、部屋を出ず(歩かない)

     食い、飲む、吸う、言う、放題の果て〜


彼が最初黒板に向かった時、マジックで手が汚れた。

秘書としてきていた息子の嫁に「○○ちゃん、ティシュを持って着てや〜」と

後ろの方に声をかけた。

我等は最前列の席にいた。

パートナーが、私にティシュを差し出した。

「講師に渡してあげたら」だろうと思ったので、立ち上がり彼に渡した。

大いに喜んだ彼は、我々に当日用意していた色紙を

二枚プレゼントしてくれた。

その文面

「幸せと思う心が 幸せを呼ぶ」

「記念日は、心の原点」

結婚記念日には、感謝状といろいろ考えた面白いプレゼントを奥さんに

渡し続けているという。

勿論誕生日などの記念日を質素でもいい気持ちをこめて祝うことの大切さを

訴えていた。

井上氏の著書「人は人によりて人となる」
       「人間感係を生きる」

講演後、松山市駅近くの花園町の「斗鬼(とき)」へ。

料理はうまいし、大将の人柄がいい。

愉快なひとときを過ごし、電車で我が家へ。

全101ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事