全体表示

[ リスト ]

学校から、メデイアから、戦争ははじまる!
    〜 東海ジャーナリスト №102 発行 〜
 まずは名古屋有数のマスメデイアにモノ申す雑誌「東海ジャーナリスト」102号が発行されたので、そのサワリと云うか、タイトルを例によって地下鉄東山線の宙吊り広告と張り合う形でお知らせしよう。力作が多いよ。発行日は2015.4.22
 
◆[巻頭] マスコミは「自民一強」と伝えるだけでいいのか ・・・・・・・・大 西 五 郎
 ◆新たなる戦時への動員装置 「愛国心教育システム」 
       ”軍国主義的教育”今や現実に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小 野 政 美
 ◆日本の秘密法制度は明治の出版法に起源
        拡大解釈・新法制定で情報統制を強化・・・・・・・・・・・・・・木 村 直 樹
 ◆トヨタの軍用トラック、戦争で大きな役割
          中国戦線で戦車の代用果たす・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・倉 橋 正 直
◆憲法第9条は②   大正デモクラシーの続きだった・・・・・・・・・・・・・横 山 敏 樹
◆「オール沖縄」のたたかいを「オール日本」に広げよう・・ ・・・・・・・・・古 木 民 夫
◆リニアのたたかい、始まったばかりだ
           本質論議なく着工という悲しい現実・・・・・・・・・・・・・・小  林    収  
◆新聞の片隅に載ったニュースから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大 西 五 郎
    ・植民地支配・侵略の『定義は困難』と内閣が答弁書
    ・自民の三原じゅん子議員、「八紘一宇」を礼賛
    ・「時代に合わぬ条文もある」と首相、改憲に意欲
    ・「慰安婦」展示、新座市長が会場使用を拒否
◆反骨人生 悔いなし  宮崎雄介自分史 ②  少年時代
            幼児期は京城・バレンバンで・・・・・・・・・・・・・・・・・宮 崎 雄 介
◆編集後記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古 木 民 夫
  
 _____________________________________________ 
                                
 
黒猫メール便の廃止は「東海ジャーナリスト」にとっては大変な痛手。80円で宅配出来たのが、
 非定形郵便物で140円になった!。黒猫が悪いのか、れとも黒猫に文句をつけた日本郵便
 (背後の黒幕=総務省・安倍自公政権)が悪いのか、はたまた安倍・黒猫の合作か、それは後世
 の史家に任せるとして、泣くのは庶民、読者、そして赤字ボランテイアの市民団体だ。
★この雑誌は手わたし1部200円+送料100円で送料込計300円と公示されている。ところが
 上記の黒猫便廃止で送料が封筒代などを加味すれば50円の上乗せが必要で、200円+150
 円イコール350円となり、改定は必至。それまでの臨時措置として、郵送御希望の方はできれば
 350円程度の切手同封をお願いしたい。そんなわけで、
★個別郵送希望で申し込まれる方は上記小雑誌1冊につき
   82円切手 3枚 と 52円切手 2枚  計 350円 を切手で同封して下さい。
 
郵送申し込み先 451−0066 名古屋市西区児玉2−19−21 加藤方 JCJ東海
  電話 052−531ー7284 (faxも) 不在の時は家族伝言か留守電を活用してください。 
                                                  20150428
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事