gokatoベレー/GO真/ JCJ

気になるね 何故かエックス 秋の空

全体表示

[ リスト ]

大学に ジェンダー・多様性・研究センター
 市会議員との交流のあと、一行は中村久司先生の案内でマンチェスター・メトロポリタン大学のジェンダー・多様性研究センターを訪ねた。大学と言ってもここは並木道や広場のある大キャンパスではなく、大型のホテルのようなビルの中にある。エレベーターで6階まで上がると、広い廊下の中ほどにお目当ての研究センターがあった。教授を含む3人のスタッフが我々を迎えてくれた。全員女性だ。
イメージ 1

         ↑ (ボードには The Gender Pay Gap と表示されている) ↑
 センターの部屋は教室風、と言っても黒板はなく中央に大きなテレビ画面があり脇のパソコンから必要な画面が投影される。座席は長机を組み合わせてジュースなどを飲みながら談笑もできるように並べてあった。

研究課題 = 今なお残る性差別とのたたかい
 研究センターの女性教授は気さくな小母さんという感じだ。話の中身はしっかりしている。「イギリスにもまだ女性差別はある。就職の機会、賃金、役職などいろいろな面で格差は残っている。研究センターでは教師と学生が実際に官庁や民間の企業に出向いて働く人たちと交流し、男女格差の原因がどこにあるかを調べ、どうしたら解決できるか、意見交換する。一回限りの調査じゃなく毎年調査し、どう改善されたかを調べる」というような内容が中村先生の通訳で聞き取れた。
 大学と官庁や企業との協力だから一種の産学協同である。日本の場合産学協同と言えばもの作りの技術協力、医学、薬学での協力、最近問題視されている防衛装備の研究などが思い浮かぶ。しかしこの研究センターは人権、就職、賃金差別など日常の社会生活に踏み込んでの産学共同である。あの夏目漱石やマルクスもイギリスからいろいろ学んだようだが、我々も学ぶべきことの多いマンチェスター散策であった。
                                      20180714
マンチェスターこぼれ話(つづく)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事