全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

白竜マンション事件、奥田さんに無罪の判決  
               ――  住民運動に朗報。喜ぶ支援者たち  ――
                                                            
イメージ 1

 名古屋市の地下鉄堀田駅に近い瑞穂区白竜町で高層マンションの工事が始まり、粉じんと騒音にたまりかねた住民が抗議したところ「暴力行為ががあった」として代表の奥田恭正さん(薬剤師 61歳)が逮捕、起訴された事件の判決公判が2月13日午後名古屋地裁902号法廷で開かれました。検察側の求刑(罰金15万円)に対し小川貴紀裁判官は「暴力行為の確たる証拠はない」として無罪の判決を言い渡しました。

警察に住民運動弾圧の意図ありあり
 マンション建設に住民が反対して抗議する――これは日本のいたるところで見かける光景です。ところが今回は警察が建設会社と連絡を密にして住民運動に介入、暴力行為がなかったのに暴力事件をでっち上げて住民代表を逮捕し、2週間も拘束、自宅や薬局までも家宅捜索したのです(何も押収せず)。
 検察側は防犯カメラの映像と現場監督の「両手で突かれた、ケガをした」という証言、警備員の「奥田さんが監督を突いた」という証言に頼りましたが、証言は法廷でくるくる変わり、防犯カメラの映像(奥田さんは終始腕組み)や「診断書」(けがの位置・左右)と合いませんでした。
 判決後近くの桜花会館(護国神社境内)で記者会見と報告集会が行われ、記者団と支援者80人ほどが参加しました。弁護団からは「証拠が雨消霧散だから無罪判決は当然だ。本当は警察のでっちあげ、住民運動弾圧まで言って欲しかった。この判決を機に住民運動が盛んになってほしい」という趣旨の見解が出されました。奥田さんは容疑者・被告の扱いは長かったが、特に最初の2週間の拘留は辛かった。検察は控訴しないでほしい」と語っていました。               20180213

※上記記事は急ぎの第1報。「事件」の日時など詳細や「裁判」の経緯は省略しまし
  た。質問はコメント欄で受け付けます。字句を1部補正(意味は変わらず)しまし
  た。 (JCJ東海 加藤 剛)                         0214    


 

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

名古屋市観光文化交流局様
 この宛先へ豪華灯は12月20日深夜、1枚のファクスを送信した。表題は「パブリックコメント47 名古屋城天守の整備」だ。
 お城のことなら文化財保護局とか公園緑地部とか文化史跡部などの部局があるのでは・・・と思ったが、名古屋市の場合は何故か観光文化交流局がその関係を取り仕切る。城の天守整備についてパブコメの募集がされていることを豪華灯は知らなかった。どこかで正式発表、公示があったのだろうが、よほど鵜の目タカの眼で探さないと分からない。多分多くの市民が知らないのではなかろうか。とある会合の終わり際に「今日がパブコメの締め切りだ」と聞き、24時まで受け付けるというので、この問題に関心のある豪華灯は慌てて意見をしたため夜中の23時過ぎ、送信した。ギリギリセーフか。

今の城は戦災復興のシンボルだ。壊すな!
 パブコメの表題は「名古屋城天守の整備」だが、これまでの市議会の動き、市長の発言から推測すると、どうやら「天守の木造復元構想」に関することと思われる。
 そこで豪華灯は持論を述べた。つまり「復元」と簡単に言うが、その言葉の本体は今現にある名古屋城を否定(取り壊し)して新たに木造の城を新築することである。
現にある城を取り壊すのは大変なことだ。住民投票で決める程の重要問題ではないか。名古屋城は江戸時代から何度も改修されてきたが72年前の1945年アメリカ軍の名古屋大空襲(B29・四四〇機が油性焼夷弾を投下し市街地を焼き尽くす)で焼失、14年後の1959年市民らの寄付が2億円ほど集まり、燃えない鉄筋の城として再建された。戦争の惨禍を知り、戦災復興のシンボルとして再建されたこの天守は大切に守られなければならないと豪華灯は思う。壊すな!と叫びたい。

震災対策は壊さなくてもできる
  今の城は築58年、確かに地震には弱い。しかし、壊さなくても補強(耐震補強)は可能だ。現に名古屋市は市民に対して「古い建造物の耐震補強を呼び掛けている。「壊せ」とは言っていない。
 市長がこだわるのは「徳川さんが作ったと同じ木造」ということだろう。ところが「徳川さんの木造」では違法建築(4階建て以上の木造は建築基準法違反、耐震壁や避難路、バリアフリーの件で消防法違反)となり国の認可が下りない。法をクリアーすれば徳川さんもビックリのハイテク・レプリカ城になり、文化的価値を問われることになる。「壊すな、修理補強で長持ちさせよう」と豪華灯は呼びかける。
                                     20171221 


この記事に

開く コメント(3)

ハーモニカの交流発表会
 愛知県岩倉市の市民民プラザで2017年11月19日(日)ハーモニカのコンサートが開かれ、赤ベレー楽団OBの有志3人が出演、した。メンバーはハーモニカ2人(豪華灯とKR)ギター1人(KK)の3人組、9月の敬老の日に西区のとある講堂で演奏したトリオがそのまま出演する形となった。
     
                イメージ 1
 コンサートは正式には「ハーモニカクラブ交流発表会」と言い、CHF・中部ハーモニカ連盟の指導者WMさんの呼びかけで開かれ、ハーモニカ愛好者の発表の場として定着している。初回は2007年7月、以来34回を数える。このところ主催者のWM師がハーモニカ連盟の代表的幹部で公務多忙だったこともあり、発表会は事実上休会となっていたが今回2年ぶりに再開された。
 出演者はWM氏のお弟子さんたちが多く、出演した後も他の出演者の演奏を熱心に聞いている。お弟子さんだけでなく口笛やサキソフォンなど他の楽器の独奏や合奏もある。だれでも気楽に申し込んで出演、豪華灯はこういう雰囲気が好きだ。

ギター入りは珍しい?
 出演は70組ほどあり、大部分はハーモニカ(複音)の独奏や合奏だった。教室の生徒さんが多いのでそうなるのだね。豪華灯たちのように教室でなく「楽団」として出るのは、この発表会では珍しい方かな。観客の一人から「味のある演奏だった」と評価をいただいた。
 ところで楽器屋さんへ行くと何と言っても主力はギターだね。名古屋大須の某楽器店へ時々行くが、そのたびにギターの展示面積が増え、ほかの楽器は隅に押しやられている。ハーモニカは小さいので余計目立たない。つまり若者の楽器はギターが中心だということかな。
 豪華灯はKKさんと馬が合うのでギター伴奏を好むが、岩倉コンサートではギター入りは我々だけ、珍しい存在だった。ということは、ハーモニカ大会は中高年が中心だということになるのかな。現に若者は少なかった。若者にハーモニカをどう引き継いで行くか、ハーモニカ愛好者の課題だね。              20171122

この記事に

開く コメント(2)

日産と神戸製鋼だけのことだろうか
 完成車の最終点検を資格のない者に任せていた――これが日産自動車の現実だった。あの敏腕ゴーン御大もそこまで目は届かなかったようだ。一現場の話ではなく、関連会社も含む多くの現場でそれは行われていた。現場責任者が変わってもその慣行は代々引き継がれていたともいう。だから今、国内だけでなくアメリカやヨーロッパで問題になっている。
 鉄鋼製品の硬度が基準を満たしていないのに販売され、自動車や航空機の会社に納品されていた。その鋼材を使った車や飛行機が実際に運航しており、アメリカなどで問題になっている。会社は反省し謝罪したが、その後もまたまた基準を満たさない製品が出荷されていた――これが神戸製鋼の現実だ。これは果たして、日産と神戸製鋼だけの問題だろうか。
 大丈夫だよ――と、現場は自信満々かも
 日産の車は現に走っており、他社の車に比べて特に見劣りすることもないようだ。耐用年数でも日産だから云々という話はない。神戸製鋼の鋼材を使った車や飛行機も今のところ鋼材の強度に起因する事故は起こっていないようだ。だからと言って無資格や基準未満が許される訳ではない、訴訟社会の外国ではいろいろと難癖もつくだろうし訴訟が起きるかもしれない。やはりこの際きっぱりと襟を正して対応するべきであろう。
現場の自信は大切、パスポートも大切
 ところで、こういう資格軽視、基準軽視は日産、神鋼だけの話だろうか。豪華灯は身近な経験から、その土壌は意外に広範囲にあるのではないかと懸念する。もう40ウン年前の話だが豪華灯の自宅を改築する際、設計の図面などは大工さんが豪華灯や家族の意向を聞いて作成した。しかしお役所へ提出するに当っては一級建築士の印が要るという。大工さんは腕利きで有名だが建築士の資格は持っていなかった。ハンコを押してもらうのにお金が要るということでその分を請求された。ハンコを押した一級建築士の顔を施主の私は知らない。
 現場と資格の関係は、往々にしてこの大工さんのケースに似た状況があるのではなかろうか。家はその後部分補強はしているが40ウン年経った今もガタビシせず、一家は風雨をしのいでいる。 おそらく日産の現場も神鋼の現場もあの大工さんと同じように完成品には自信を持っているのだと思うよ。だけど世に出るためにはパスポートも必要だ。それが資格でああり基準であると思う。          20171026

その後 スバルでも無資格者による完成車の検査が発覚した。30年も前から続い
 ていたと言う。そこにはやはり資格の有無に関係なく「良いものを作っている」という
 現場の自負があったのではなかろうか。現に「いい車」という評価を得て来たのだ
 から。そしてさらに、神鋼の基準未満の製品が原発に使われていた事実も判明し
 た。ここまで来ると「現場の自信」だけでは通らないなあ、怖いぞ。     1027

★そういえば昔「又さ」というあだ名の社長さん(町工場の)がいたな。日に何度も現場を見に来るので工員らが「又来たぞ」とささやきあっているうちにあだ名が「又さ」(又さんとか又様の略)になってしまった。姿を見せれば現場は緊張する。そのグローバル版は人工知能かもしれないな。又さの話はまたの機会に。     1102                  

★同類はスバルで締め切りにしようと思っていたら、何とも一つ出て来た。三菱マテリアルよ、お前もか。三菱グループははこの問題だけでなく、戦時の勤労動員(朝鮮女子勤労挺身隊訴訟)にも真剣に対応してほしいね。 
◆web引用一つを消去(日にち経過で)。 小見出しの一部を色替え。   1124 
                   

この記事に

開く コメント(2)

楽団は解散したが有志で出てみよう
 ハーモニカのYM先生から「2年ぶりにハーモニカの交流発表会を開く。日時は11月19日(日)会場は岩倉市民プラザ、ご参加を」という案内が来た。交流発表会は先生の主催で毎年開かれ、教室に所属しない一匹狼でも気軽に参加できる形態なので人気だったが、先生がハーモニカ連盟の幹部になってからは多忙のせいか開かれていなかった。先日ハーモニカ連盟の総会で役員の改選があり、その結果が交流発会の再開につながったのかもしれない。いずれにせよ誰もが気軽に参加できる演奏の場の再開は喜ばしいことだ。
 豪華灯らの赤ベレー楽団は諸般の事情で解散したが、OBは有志の形でデュエット、トリオ、カルテットなど思い思いに活動してよいことになっている。で、再開された交流発表会に出てみようか・・・という話が進んだ。

ハモニカ2人とギター1人の変則トリオ
  何しろハーモニカの2人は豪華灯が名古屋、もう一人のKRは春日井、ギターのKKは同じ名古屋でも庄内川の対岸――と離れ離れで、公共交通機関の便はイマイチ。それぞれに仕事や市民団体の活動があるので合同練習は1回できるかどうかだ。それでも参加しようということになり2曲演奏の申し込みをした。
この広い野原いっぱい――楽団健在の頃の楽譜で、第一パートをKR、第2パート
 を豪華灯、バス・コード部分をギターのKKが受け持つ。
津軽海峡冬景色――森本恵夫編曲で、第一パートを豪華灯、第2パートをKR、バ
 ス・コード部分をギターのKKが担当する。
この2点をメール連絡で決め、各自自宅で練習に励むことになった。

津軽海峡・第一パート結構大変だよ
 豪華灯の担当は「この広い・・・」の第2パートと「津軽海峡・・・」の第一パートだ。「こ
の広い・・・」の方は楽団時代にも担当したので、練習に役立てる第一パートの録音
が残っておりトッツキは良い。しかし「津軽海峡・・・」の方は普段はAm一本でべースを入れながら吹くが、今回は様子が違う。前奏や間奏にAmハーモニカにはない音が入るのでC+C#の2本使用となり勝手が違うのだ。
 まず練習のために必要な第2パートを録音、それを活用して第一パートの練習をする――そんなつもりだったが、途中から始まったり途中休みがあったりの第2パートをまず録音なんてなかなかできない。で、まず弱音で第一パートを吹きこみそれに合わせて第2パートを録音、それを活用して第一パートの練習・・・っと色々あって四苦八苦中。「こういう四苦八苦も実力向上の一役を担うかも」と思いつつ毎晩少しづつ練習をしている。

☞演奏は 11月19日(日) 岩倉市民プラザ。出演時刻はこれから決まる。
                                           20171011
 ★最新情報 ☞ 出演は13時過ぎと決定 出演番号は42番          1111


 







この記事に

開く コメント(0)

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事