gokatoベレー/GO真/ JCJ

気になるね 何故かエックス 秋の空

落ち穂ニュース

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

未完成・黒塗りの基本設計に8億円余の支出は違法!
 尾張名古屋は城で持つ――と言われるその名古屋城が地震でもないのに大揺れに揺れている。名古屋城は1945年アメリカ軍の名古屋大空襲で焼失したが、14年後の1959年、燃えにくい鉄筋コンクリート造り、外観は従前どおり――の現天守閣が再建された。
 以後年輪を経たので耐震改修の要はあるが、壊して作り直す必要はない。ところが現市長が観光の目玉・「木造」再建を唱えて選挙に勝ったことから「木造」への突撃が始まった。しかしもともと無理な話なので計画はボロボロと崩れ、日経新聞が「漂流」と書く(9月21日)ほどの「木造再建危機」、つまり現天守の「保存・長寿化」とのシーソーゲームとなって来た。そこへ今回の158人による住民監査請求のパンチが見舞う。

イメージ 1 
 ↗  住民監査請求提出後、記者会見する請求人の人たち   

3つのパンチ ―― 監査請求エレベーター石 垣  
 もともと、「木造」再建は難題が付きまとう話であった。何故か、江戸時代に殿様が木造で城を造るのなら問題は起こらない。しかし今21世紀に名古屋市が木造で地上6階以上の高層建築を建てるとなると、難問がいくつも立ちはだかる。       
まず第一に、それは合法か違法かという問題である。建築基準法で木造は3階までと決まっており、4階以上の木造建造物を新たに作ることは出来ない。作れば違法建築となる。                                            
 但し何事にも例外はあるもので重要な文化財の復元の場合、国(文化庁)の認可があれば木造も可である。名古屋市は文化庁の認可を得ることを前提にして計画を立てて業者を決め、準備を開始したのであった。そこへ3つのパンチが来た。      
第一のパンチ 住民監査請求  文化庁の認可が得られなければ木造再建は絵に描いたモチになる。平たく言えばバクチ話だ。それなのに基本設計の費用8億円がすでに支払われた。これは違法な支出だから市へ戻せ。関連する実施設計15億余円、木材費94億余円も支出するな――と、158人が監査を請求した。        
    
第二のパンチ エレベーター  障害のある人たちの団体から「木造再建の天守にエレベーターを付けてほしい」という要望が出た。市長は「史実に忠実な再建を目指す。エレベーターは着けない」と拒否、バリアフリーの「新技術」を模索しているが消防法、バリアフリー法をクリアーできる確証はない。                    

第三のパンチ 石垣保全 戦災で焼失した天守は国宝だった。現在の天守は国宝ではないが戦災復興のシンボルとして重要な価値のある建造物であると、国も市も認めている。これを壊して再建(新築)するなら、その木造天守は国宝でもなければ重要文化財でもない、いわゆるレプリカである。                      
 一方石垣は戦災でも消滅しなかった重要文化財であり、これを損傷することは許されず、保全に最善を尽くさなければならない。ところがこの石垣の扱いについて文化財の保全を重視するという専門家(石垣部会)と天守木造再建を急ぐ市長との間で意見調整に手間取り、文化庁への申請が出されないまま予算の執行が先行している。このため計画は地雷を踏み踏み進むような危なっかしい状態にあり、メディアも最近になって「漂流」「絶望的」などの言葉を使うようになってきたー―というのが実情である。                                20180923   
 
※ 監査請求の人数、当初154人と記しましたが最終的には158人と確認されました。追加補正いたします。                               
君知るやリニアの危険 名古屋公聴会から

知っているようで実は知らない、分かっていない――工事が始まったリニア・中央新幹線はその典型でしょうね。そう、新聞やテレビを見ているだけではコトの本質が見えてこないのです。が、この人、春日井リニアを問う会・川本正彦さんの陳述を聞けばいろいろと判ってきます。紹介しましょう。

リニア・大深度地下使用 76 名古屋公聴会 
 リニア中央新幹線品川・名古屋間の大深度地下使用についての公聴会が7月6日名古屋駅西の貸会議室TPKガーデンシテイプレミアムで開かれました。当日は金山駅前などでよく演説されるすやま初美さんほか10人近くの方々がそれぞれの立場からリニア工事について意見を述べました。そのうち春日井リニアを問う会の川本正彦さんの陳述は総論というか、リニア全般について問題点を指摘していますので順次紹介していきましょう。

地上に住む個々の住民に何故知らせないのか!
 川本さんはまず 「リニア路線上に住む人のうち地下にトンネルが作られることを知っている人は何人いるだろうか?」 と問いかけました。周知徹底は叫ばれますが実際には説明会に出た一部の人たち以外は詳しい資料を貰っていません。ポステインぐで届いたのは簡単な地図やホームページのアド、工事事務所の電話番号を記したチラシだけです。これを周知徹底、住民への丁寧な説明というのでしょうか?

便利(超高速)と安全は両立するのか? 反比例ではないか?
 川本さんは次にリニアの基本問題、大深度地下での高速走行と乗客の安全性との関係に触れ「リニアは3大都市圏を1時間で結ぶ超高速が売り物だ。しかし平地でも地下40メートル、山間部では1400メートルという大深度での地下走行だ。事故、火災、地震、爆発物テロなどで壊滅的な事態に陥る。速度が速まれば速まるほど、地下が深ければ深いほど危険リスクは高まる。ところがシートベルトもないという。急停車だけでも乗客は吹っ飛ぶ」と力説、大深度地下の使用を認めるべきでないと強調しました。  (つづく  ②③は後日)                 20180708

※ 上記記事は川本様からのメール通信を参考にしています(文責=豪華灯)
※ 陳述人の名前のうち「本村伸子さん」を「すやま初美さん」に訂正します。豪華灯
   の勘違いミスでした。肩書なども換えました。関係の方々にご迷惑をかけしま
   した。陳謝。                                   0711
            
2%の物価上昇 そんなに良いことなのかなあ・・・
 お金の元締め日銀の黒田総裁が渋い表情で6回目の延期を表明した。2%の物価上昇を目標に「色々やって来たが達成は出来なかった。達成の時期・目標を延期する」と。新聞各紙の解説などを見ると「延期」は何と6度目とか。
 どうやらこの物価上昇2%は黒田さんの個人目標ではなく、あのアベノミクスの骨格部分でもあるようだ。だから安倍ファンは「2年後には物価も上がるだろう」と好意的見守りや期待の姿勢、一方批判派は「企業の内部留保は増えても賃金は上がらないのでね。財布のひもは固くなるよ」と冷笑する。
 豪華灯は首をかしげる。2%の物価上昇とは一体何なのか、国民はそれを望んでいるのか、そして、この2%上昇の目標に誰も反対しないのはなぜなのか・・・?

インフレに泣いた者は物価上昇を忌み嫌う
 豪華灯の一家は戦後のインフレに泣いた。戦前戦時の200円ほどの貯金(父母は豪華灯を中学校へ行かせるための教育資金だったという)は疎開先の北海道で馬鈴薯(ジャガイモ)一俵に化けた。豪華灯は中学校(旧制)への進学をあきらめていたが敗戦後アメリカ式6・3・3制の教育改革で救われ中学へ(義務教育)そして高校へと進学の道が開けた。
 ま、それはさておきインフレの害を知る者は物価上昇を嫌うのではないか。たとえ2%でもそれを目標に政治をするなんて嫌だね。賃金や年金が上がらず、税金や社会保険の出費がかさむ状況下では、物価上昇は2%でも困る。下がった方がいい。

底辺(外国人研修生)には今も女工哀史が・・・
 このあたり、日銀やアベノミクスの物価論議を聞くたびに脳裏をかすめるのは「ニッポン最闇黒労働事情 外国人実習生 SNS相談室より」という本(榑松佐一著、風媒社発行)に登場する外国人実習生の話だ。人手不足を補うために中小零細企業へ派遣された中国やベトナム、フィリピンなどアジア諸国の若い男女(実態は労働者なのに法律上は研修生、実習生)が最低賃金以下のひどい低賃金と長時間労働、狭い部屋と高い住居費に悩まされ、改善を要求すれば・・「帰国してもらう」と脅す。言葉の壁もあって交渉もままならず泣き寝入りや失踪が多いとか。そのうちの何人かがフェイスブックを活用して榑松氏らの「相談室」に駆け込み、ほかの留学生らの通訳もあって問題の深刻さがマスコミや国会にも少しづつ伝わるようになって来た。
 しかしウルトラ低賃金の根っこは深い。担当官庁の体制不備(人員不足、通訳不足)、縄張り争いの反対の「縄外への除外押し出し争い」、社名のころころ変わる得体のしれないブローカーたちの2重3重の暗躍など問題が渦巻いていて、実習生ら底辺の労働の実態は女工哀史を彷彿とさせる権利侵害の泥沼である。こういう現実に目をつむった机上での物価2%上昇模索では日本経済の前途は暗い。 
                                         20170725               


備え付けの本、どうでもいいと思っていたが・・・  
 出張とか会議なんかでホテルに泊まり、何の気なしに机の引き出しを覗くと備え付けの本が出て来るよね。ひところは聖書1冊というホテルが多かったが最近は聖書のほかに仏教書も1冊入っていたりする。キリスト教、仏教とも各派色々あるがホテル備えつけは聖書も仏教書も1冊だから、各派共通というか、あまり文句を言われないような工夫がされているようだ。退屈まぎれにパラパラとめくることはあるが読んでもせいぜい2−3行、「ああ、こういう中身か」と判ればそれで終わりだ。ま、あってもなくても良い――そんな感じ。信仰が違うからと言って目くじら立てることもない。

あるホテルには「歴史書」も
 豪華灯は知らなかったがある大手全国チェーンのホテルには引き出しに歴史の本が入っているという。近・現代史の本で英語の訳もついているとか。なんでもこの大手ホテルチェーンの会長というかCEOというか、いわゆる最高責任者が書いた本なのだ。彼は歴史に詳しく、政界財界に知人の多い文筆家でペンネームもお持ちだ。近・現代史だから南京も出て来るし「慰安婦」問題も出て来る。歴史認識が違うと論争に火花が散る――そういう問題の宝庫かもしれない。

国境を超えてネットで炎上!
 中国や韓国からの訪日客が増えて来た昨今、このホテルの部屋で件の「歴史書」に眼を通し南京や「慰安婦」の項を読んでて驚く客が出て来るのもいたしかたない。全く違う歴史認識の本だから表紙の写真も含めて話はたちまちスマホで拡散された。中国から日本や韓国へ話は伝わり、尾ひれもついて広がるから大変だ。ついに中国政府も乗り出し、外交問題にもなるし、旅行会社への注文、苦情、抗議も増える。東京オリンピックにも関係しそうだ。一方では言論表現の自由にも関係する。
 ほかの問題(食事とかサービスとか設備など)ならわいわいガヤガヤのうちに客が減るとか増えるとか、お役所が乗り出すとか色々あって落としどころも見えてくるのだが、この問題は意外に厄介だ。

あるかな? 炎上太り 
 その歴史書はこれまではホテルだけにある本で、一般には出回っていなかった。ところが中国発のネット情報が拡散されて一躍有名になり購入希望者が増えて来たようだ。ホテルでは「余分はありません」と断っているらしいが、何せ著者は財界人、急きょベストセラーを狙うかもしれない。
 (ヤフー 1・27 J−CASTニュースを参照した)          20170127
 


長いけれども皆が読む
・アメリカはトランプ旋風、韓国は朴大統領崖っぷち、日本はTPPや年金改悪――
 10大ニュース大集中の師走入りだね
・そんな中で久しぶり、「落穂ニュース」の登場だ。さて、その落穂は?
・共産党の大会決議案だ。
・組合なんかの大会決議だと、A4の紙で1ページくらいだが・・・
・なんの何の長いよ長い。新聞大判、写真も図表もなしで、字ぎっしり8ページ
・それじゃくぁ誰も読まないだろう、学術論文だって写真やグラフがあるぜ
・読まなきゃ決議もできないよ。皆読むんだ。そして討論。読むのが苦手な人にはビ
 デオもあるからね。皆でビデオを見るようだ。
・他にもそういう団体やグループ、政党はあるのかな
・A4一枚くらいならどの団体でも皆読むだろう。でも長ながし決議となると、どうか
 な。ま、そういうものを皆が苦労してでも読む、だからアソコはブレがないんだ。

トランプの陰に隠れて見えないが・・・
・その長々し決議案の中で豪華灯の注目は?
・最近の中国やロシアの動きに対する日本の共産党の見解だ
・中国にも共産党はあるが・・・
・名と体はちがう。民主党だってアメリカにあるし日本にもあった。体は違う。
・で、日本の共産党はどう言ってるんだ
・核廃絶とか南シナ海問題で中国に批判的な見方を表明、クリミア併合などで ロ
 アにも批判の目を向けている。大国主義、覇権主義という言葉も使われている。
・半世紀前には日ソ共産党論争があったね、日中共産党論争もあった
・覚えているよ、激しかった。論争だけでなく同調者の除名処分もあった。赤旗記者
 が北京で紅衛兵に囲まれて乱暴され大けがをしたとか、色々あったね、
・歴史は繰り返すのか?
・今は論争じゃなく、「チョイ意見」の案というところだ。対立にならないよう知恵を出し
 合う段階だと思うよ。「チョイ意見」の是非は大会で論議されるだろうね。
                                       20161130





全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事