gokatoベレー/GO真/ JCJ

鯉の脇 梅花空木に カーネーション

JCJ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

見て来たよ、朝鮮共和国 NS記者に聞く

「週刊金曜日」などの雑誌に時々記事を書く名古屋市在住のNS記者(JCJ会員 フリー)がこのほど朝鮮民主主義人民共和国を訪問、10日間ほど取材して帰ってきました。かの国は去年ミサイルや核実験、経済制裁が話題でしたが、今年は一転して話し合いムード、南北会談とか米朝会談が話題です。と言っても隣国でありながら街の風景、市民生活、文化、芸能などの話はなかなか聞こえてきません、スマホの画面も少ない ―― そこでNSさんからメディア情報では分からない話が聞けたら―― と企画されたのがこの勉強会です。主催はJCJ東海、どなたでも参加できますのでおいでください。写真も見せていただけます。

◆日 時 5月19日(土)10:00 〜 (昼前に終了予定)
◆場 所 愛知民主会館(ホットブックス新栄のビル) 電 052‐936-7551 
     地下鉄東山線 新栄②出口、エレベーター前の小路入る徒歩2分
◆参加費 会場費負担カンパ ひとくち 300円

何故「北朝鮮」と言わないのか
 国名、その略称など簡単なようで実は難しい。豪華灯もついこの間まで「北朝鮮」と書いていた。新聞もNHKもそうだね。しんぶん赤旗も。

 ひと頃は新聞、放送ともかの国の国名を始めに一言「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国は・・・」と記し、次からは「北朝鮮」と略していた。それがいつの間にか最初から最後まで「北朝鮮」となっているのが現状だ。
 昨年末とある講演会で朝鮮共和国へ何度も行っているフォトジャーナリストITさんが「北朝鮮」という呼称は間違いだ――と明言された。つまり
◆地域の名なら朝鮮半島の北は北朝鮮、南は南朝鮮だ。
◆国の名なら北にあるのが朝鮮民主主義人民共和国、南は大韓民国
◆略すなら一方は朝鮮、もう一方は韓国だ。
◆「北朝鮮」は正式名称ではないし、略称でもない。日本人による勝手な呼
 称であり正しくない。
――で、豪華灯もこの見解に同感、以後国名の表記に留意している。
                        20180510

この記事に

開く コメント(1)

白竜マンション事件、奥田さんに無罪の判決  
               ――  住民運動に朗報。喜ぶ支援者たち  ――
                                                            
イメージ 1

 名古屋市の地下鉄堀田駅に近い瑞穂区白竜町で高層マンションの工事が始まり、粉じんと騒音にたまりかねた住民が抗議したところ「暴力行為ががあった」として代表の奥田恭正さん(薬剤師 61歳)が逮捕、起訴された事件の判決公判が2月13日午後名古屋地裁902号法廷で開かれました。検察側の求刑(罰金15万円)に対し小川貴紀裁判官は「暴力行為の確たる証拠はない」として無罪の判決を言い渡しました。

警察に住民運動弾圧の意図ありあり
 マンション建設に住民が反対して抗議する――これは日本のいたるところで見かける光景です。ところが今回は警察が建設会社と連絡を密にして住民運動に介入、暴力行為がなかったのに暴力事件をでっち上げて住民代表を逮捕し、2週間も拘束、自宅や薬局までも家宅捜索したのです(何も押収せず)。
 検察側は防犯カメラの映像と現場監督の「両手で突かれた、ケガをした」という証言、警備員の「奥田さんが監督を突いた」という証言に頼りましたが、証言は法廷でくるくる変わり、防犯カメラの映像(奥田さんは終始腕組み)や「診断書」(けがの位置・左右)と合いませんでした。
 判決後近くの桜華会館(護国神社境内)で記者会見と報告集会が行われ、記者団と支援者80人ほどが参加しました。弁護団からは「確たる証拠がないのだから無罪判決は当然だ。欲を言えば警察のでっちあげ、住民運動弾圧まで言って欲しかった。この判決を機に住民運動が盛んになってほしい」という趣旨の見解が出されました。奥田さんは容疑者・被告の扱いは長かったが、特に最初の2週間の拘留は辛かった。検察は控訴しないでほしい」と語っていました。             20180213

※上記記事は急ぎの第1報。「事件」の日時など詳細や「裁判」の経緯は省略しまし
  た。質問はコメント欄で受け付けます。字句を1部補正(意味は変わらず)しまし
  た。 (JCJ東海 加藤 剛)                         0214  
※文中 桜花会館を 桜華会館と訂正しました。 証拠の「雨消霧散」を「確たる証
  拠がない」と補正しました。                          0219

無罪確定(検察側は控訴断念)
 控訴期限の2月28日、検察側は「上級とも相談し、控訴は行わないことになった」と新聞発表しました(中日新聞3月1日朝刊)。無罪確定です。
 あの名張ぶどう酒事件の奥西さんも、一審は無罪でした。検察の控訴で死刑が確定し無念の獄死となりました。なぜか奥西さんの顔が思い浮かびます。
                              ※最新ニュース追加  0301

 

この記事に

開く コメント(2)

ケイ報告、勉強会  誰もが参加OKだ
・ケイ報告ってなんだ、ケイ氏て誰だ。何でJCJ東海が勉強会やるんだ?
・デイビッド・ケイ氏は米国カリフォルニア大 アーバイン校教授で国連人権委員会
 の特別報告者だよ。去年日本を訪問して「言論の自由はどうなっているか」を調査
 し、その結果を今年6月国連に報告した。       
イメージ 1
・「さすが先進国」とか、「憲法が立派
 だから言論も自由」とか「お褒めの報
 告があったのかな?
・残念ながら厳しい指摘が多かった。
 放送、新聞、その他の言論環境は問
 題ありとされた。
・何故だ、言論、表現の自由は憲法で
 保障されているぞ。
・実際には政権の姿勢が影響するか
 らね。例の籾井会長(当時)発言と
 か、高市総務相(当時)発言があっ
 たし、TVキャスターの降板も相次い
 だのでね
日本は72位だって?世界報道の自由度
・そういえば日本の報道の自由ランキングは世界72位なんだってね、
・国境なき記者団の発表だ。ノルウエーが1位、ドイツ16位、アメリカ43位、台湾45
 位、韓国63位、日本72位だ
・日本は韓国にも劣るのか。日本より下位のところは?
・フィリピンなどアジア諸国や途上国などがズラリと並んでいるよ、終わりの方176位
 に中国が鎮座、180位(最下位)は北朝鮮だ。大トリだね。
・日本は頑張らなくっちゃ。政府や大手メディアは真剣に受けとめているのかな。
・安倍政権は「誤解だ」と反発、大手メディアも大きくは取り上げていない。
・そこでJCJ東海が勉強会を開くってわけか。お話しする丹原さんはどんな人?
・JCJやメディアを考える市民の会の会員で、得意の英語を活かしてインドで原爆展
 を開くなど国際ボランテイアとしても活躍している。ケイ氏の日本での調査にも立ち
 会った。23日の勉強会ではパワープリント画面で説明していただくよ。
・会員じゃなくても参加できるのかな
・OKだよ。資料代は300円だ。ケイ報告全文や1位から180位までのランキングな
 ど資料は盛り沢山だよ。品切れの時は資料代を戴かないとか。
                                           
ケイ氏報告の勉強会(JCJ東海主催)は
◆9月23日(土祝) 13:30 〜 イーブルなごや リハーサル室 資料代300
◆メディアを考える市民の会・ぎふ 共同代表 丹原美穂さん         0922

★ 上記勉強会は17人参加でそれぞれに有意義なひと時となったようだ。特にケイ氏指摘の記者クラブ問題に論議が集中、経験者から駆け出し時代の記者クラブの様相も報告された。これはこれで一服の絵というか一篇の詩というか、独立した章立てが要るようだ。    0924

この記事に

開く コメント(0)

今年も開くよ 敗戦の日に  平和を語る八月名古屋集会
 8・15 ―― 敗戦の日という人も居れば終戦の日という人もいる。何故敗戦というのか、戦争だからどういう形で終わったのか、はっきりと受け止めて次へ進むということだろう。間違っていたのだから正して行くという心が読み取れる。終戦と言う人は敗戦と言うのが嫌い、とにかく終わったから次へ進むということか、中には「あれはやむにやまれぬ正義の戦争だった」と思い込んでいる人もいるようだ。
 豪華灯ははっきり敗戦と受け止めて、何故そんな戦争を始めたのか、もう戦争はしない、戦争は勝っても負けてもいけない。加害の責任を取り、被害は国で補償、世界に率先して平和を追求して行こう――という立場だから終戦でなく敗戦という。

40ウン年前のパーテイ  イメージ 1
 8・15集会、そもそもの始まりは40ウン
年前に日本ジャーナリスト会議東海が主催して名古屋の東山会館で開いた「敗戦の日に平和を語る8・15カクテルパーテイ―」に遡る。
 以来毎年8・15に開かれ、主催団体も増えて今年は8団体が実行委に参加、ほかに19団体が協賛している。

 上杉 聡さんが 講演 
今回はは上杉 聰さん(近代史研究者)を
招き、「日本会議とは何か。憲法の敵とどう戦うか」というテーマで講演していただく。
 安倍氏始め麻生、菅、稲田、岸田、丸川氏ら閣僚の大半が日本会議の懇談会に名を連ねており、TVを賑わせたあの森友・籠池氏や東京の小池ゆり子知事も日本会議の関係者だ。憲法改悪がいよいよ日程に上るという情勢下、今回のテーマと同じタイトルの本を出版されている上杉さんのお話は、聞き逃せないね。8・15集会は、
◆日時 8月15日(火) 18:30 〜 
◆会場 イーブルなごや 3階ホール (地下鉄名城線 東別院①出口徒歩10分)
◆講演 上杉 聰さん(近代史研究)    ◆資料代 800円   質疑時間あり 
  盆休みとバッテイングですが ぜひご参加を           20170623
 

この記事に

開く コメント(2)

除夜の鐘と同じ数だね 108号
 東海地区の辛口マスコミ批評で定評を得ている「東海ジャーナリスト」№108号が
12月中旬発行された。例によって主な項目を紹介しておこう。
◆巻頭 異なる人々を認め合うことから市民運動は始まる
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ユニオンと連帯する市民の会代表  近 森 康 彦
私は「捏造記者」ではない!
            「慰安婦バッシング」と闘う 植村 隆 朝日新聞記者 講演
   ・戦後半世紀、「慰安婦」の聞き取り調査開始を報道
   ・ウソいっぱい、西岡氏の指摘  読売・産経の矛盾   国連報告も言及
   ・誹謗中傷に耐えた我が娘  講演後の質疑から(慰安婦像など)
                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・文責 古 木 民 夫
◆幣原、そしてマッカーサーを動かした白鳥敏夫の”遺言”
       憲法「戦争放棄」の源流説 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木 村 直 樹
◆ナゴヤから発信 辛口レポート抄・・・・・名古屋市立大学名誉教授 山  田   明
   ・子供の貧困と学校給食の発展    ・亡き友の言「特殊学級やめて」
   ・中日新聞に期待する真摯な反省、鋭い報道
◆反骨人生に悔いなし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮 崎 雄 介 自分史⑦
   ・窯業校の伝統もつ常滑校に    ・教員向け住宅の家賃200円
   ・窯業科以外は50人編成の学級  ・競艇での観戦バレて大目玉
   ・カモシカのような定時制高校生  ・校庭の倉庫で暮らす理科助手
◆編集後記  当初は年明け発行の予定だったが予定を早めた・・・・古 木 民 夫

   ★この雑誌は1部200円、郵送込み300円 JCJ関連の集会で販売
    問合せは 0582−531−7284 JCJ東海事務局 加藤(伝言・留守電可)
                                            20161226



    

この記事に

開く コメント(0)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事