全体表示

[ リスト ]

録音してみました

ちょっと練習で録音してみました。

楽器店のレッスン室を借りました。
ここは防音がしっかりしていますので、雑音が入らないし。

楽器店の人が、『グランドのほうがいいですよね』と気をきかせてくれて
グランドピアノの部屋を貸してくれたのですが、
バンドやってる友達の話によると、グランドピアノの音を録音で拾うのは、
発音する部分が大きいだけに逆に難しいとか・・・・・。

しかし、グランドもアップライトもレンタル料金は同じなので、
今日のところは、グランドピアノの部屋を借りることにします。

カセットデッキには、マイクがなかったので、
今日のところは(←こればっかですね)ウォークマンみたいなやつで
録音機能がついた会議録音用のレコーダーでやってみます。

『懐かしの森へ』のリクエストがありましたので、
これから録音してみます。
今回、しげしげと楽譜を眺めてみたら、私たちがいつも歌っているものと
だいぶ違いますね。
歌集の譜面は抑揚が少なくて、ご詠歌みたいですね。
(私たちが歌っているほうがだんぜん調子がいい)

私はこの歌の大本山のBS日本連盟山中野営場で、じきじきにこの歌を教わったので、
たぶん私が覚えているほうが『正調』でしょう。
まぁ、両方入れてみて、歌う方が歌いやすいほうを選んでくれればいいでしょう。

この歌の最後の部分は『ハーモニー』になっています。
上の旋律を覚えている人と、下の旋律を覚えている人が混在していて、
みんなで歌うと自然にハーモニーになっているという、面白い曲です。
上の旋律と、下の旋律と別々に弾いて、最後にハモった形で入れることにします。

録音が終わって、再生してみてビックリしました。
『ワウ・フラッタ』(音が揺れること)がヒドイ!
これは、私の技術やピアノのせいではなくて、録音機がヒド過ぎました。
次回、もうちょっとマシなマイクとレコーダーを持ち込むことにします。

それから、伴奏無しの旋律だけ弾いたものは、テンポ(拍子)感が乏しいですね。
私の弾き方にテンポ感が乏しいこともありますが(反省)
かといって、伴奏入れると小さなスカウト諸君は最初は混乱してしまいます。
メトロノームを入れてみることにします。

このへんは、いろいろなパターンを作ってみますので、
聞いて、実際に使っていただいて、ご批評を仰ぎたいですね。

『班会議の帰り道』は、私の大好きな歌なのですが、
よくよく見てみますと、これには低音部の別な旋律がありますね。(ハーモニーではない)
主旋律とは歌詞が同じですが違う旋律で、合わせてみるとものすごくカッコいい。
日連のスカウトソングCDでは、コーラスで入っているので気がつきませんでしたが、
これは、スカウトが高音部を歌って、指導者が低音部を歌うイメージでしょうか。

両方の旋律別々と、合わせたものを入れておきたいと思います。

10曲程度ですけど、結構時間がかかりますね。
後日、まとまった時間でレッスン室を借りる予約をしました。

自宅へ戻って、きちんとしたカセットデッキで聞いてみましたら、
ワウ・フラッタも、そんなにひどくはありませんでした。

しかし、自分で弾いたピアノを録音して聞くというのは、恥ずかしいものですね。
『練習を録音すると勉強になる』とはよく言われましたが、
自宅だとやたら他のノイズが気になったり、マイクがピアノに近すぎて
異様な音になったりで、なかなかマジメに録音はやってみませんでした。

今回は、きちんとした防音室で、きちんとしたグランドピアノで
環境としては申し分ないのですが、
自分のピアノの音がバラバラであることがよくわかりました。

こんな録音を聴いていただくのは、申し訳ないのですが、
さすがに『MIDI』の平板な再生のものよりは
自分で言うのもなんですが、血の通った録音だと思います。

練習意欲がさらに沸いてきた、今回の録音でした。

やっぱりピアノグレード試験受けようっと。・・・・・・・・(7級から・)

この記事に

閉じる コメント(6)

そうですね、自分の演奏は客観的に聴くと恥ずかしくなります(笑)良い点、悪い点が分かって勉強になりますね。更に恥ずかしいですが、ビデオカメラも効果的ですね。

2006/5/23(火) 午後 8:20 タ ケ 返信する

タケさん、ビデオカメラは内緒の話ということで・。他の人に聞かれると『VTRかDVDで映像付きで配布して頂戴っ!』って言われちゃいます。あ、別に私の演奏の映像はお呼び出ないワケで。いっそのことそれらしい綺麗な映像と歌詞まで入れてカラオケ自分たちで作っちゃおうか・・・・(←ベンチャープロジェクトにしてしまおうか・・・)

2006/5/24(水) 午前 1:01 [ 仙人修行中 ] 返信する

顔アイコン

「懐かしの森」、上と下の旋律があったんですね!聞くたびに違う旋律なので「どっちがホントなんだよ!」って思っていたんですよ。しかし、カラオケを作っちまうっていうのはいいかも知れませんよ。第一興商が買いに来るかも?(^o^) 削除

2006/5/24(水) 午前 1:12 [ ジョージ@納得! ] 返信する

顔アイコン

私も、生徒用には一曲仕上がるごとに録音していますが、自分のはとても恐ろしくて・・・。うちのピアノはピアノプレーヤーで鍵盤の動きまでそのまま再現されるので、打鍵のバランスの悪さなど視覚からも確認できてしまうのです!おそろしいですよ〜!

2006/5/24(水) 午前 7:07 うらなり 返信する

ジョージさん、「懐かしの森へ」はハーモニーの下の旋律(低いほう)が主旋律という、ちょっと難しめの曲です。教えるほうの人も「ハモる部分」と意識してなくて、自分が教わった方の旋律で歌っているのでしょうね。 日連CDが男性四部のコーラスでなんでもかんでも歌っていると、本来ハモる部分も見失ってしまう典型例ですね。

2006/5/24(水) 午前 7:57 [ 仙人修行中 ] 返信する

うらなりさん、ピアノプレーヤーで録音ですか〜!(注>自動演奏機能みたいなやつで自分の演奏も録音できて、生ピアノで再現できる)ある意味ではVTRより恐いですね(苦笑)。自分の演奏がこんなに恐いものだとは知らなかったなぁ〜。

2006/5/24(水) 午前 8:14 [ 仙人修行中 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事