全体表示

[ リスト ]

ピアノについて、いろいろ教えていただいております
ピアノ調律師で演奏家の上條泉水さんより、
バトンをいただきました。

私に割り当てていただきましたお題は、【ボーイスカウト】です☆。

私が自分で【ボーイスカウトバトン】を作って、ボーイスカウト関係者の方に
回したことがありますが、ボーイスカウト関係者ではないかたから
【ボーイスカウトバトン】を受け取るとは予想していなかったですね(衝撃)

私たちの業界では、これは【ボーイスカウトバトン Ver.3】にカウントされると思います。

では、さっそく始めさせていただきます。




〆廼瓠∋廚Α撻棔璽ぅ好ウト】


良いか悪いかわかりませんが、塾やピアノやお習字やバレエや水泳・サッカーなどのような
『習い事』の一つとして、ボーイスカウトに入ってくる子が増えてきたような気がします。
もちろん、保護者の方の意識もそうです。
『お金払って習いに来ているのだから、それ相応なものは教えてもらいたい』というような
感じのことを言われたりします。

私はボーイスカウトの中でも、高校生の部門を担当していますが、
高校生になりますと、『教えることはありません』。
自分で発案して企画して、実行計画作成して、自分で実行することがメインとなります。
ちょっと前の高校生だと、『大人に口は出させないぞ』というような雰囲気があったのですが・・。


△海痢撻棔璽ぅ好ウト】には、感動した


私は小さい頃からボーイスカウトやってましたが、年回りが悪くて
ジャンボリーにはスカウトとしては参加できなかったのです。
やっと参加できたのが、プログラム奉仕として参加した御殿場・滝が原。
会場で食券もらって、自衛隊さんの炊き出しの食事を食べたときは
『ああ、念願のジャンボリーに参加したんだなぁ』と感動しました。


D彰凝【ボーイスカウト】


ボーイスカウトの教育って、究極的には『人間の野生的本能を鍛え伸ばす』ことかなと思います。
人は切羽詰った修羅場に追い込まれたとき、いえ、そんな深刻な状況でなくても、
試験で二者択一に迷ったとき、スポーツで決定的瞬間が自分に回ってきたとき、
好きな彼や彼女と二人きりになったとき、山で道に迷ったとき、
取引先から無理難題をふっかけられたとき、部下がとてつもない失敗をしでかしたとき、
こんなとき、知識や、学校のお勉強や、理性は、全く役に立ちません。(←経験者は語る)

頼りになるのは、自分の本能的・野生的なカンともいうものでしょう。
これを鍛えることは『机上』や『教室』ではできません。
ボーイスカウトがやたら野山でキャンプするのは、『野生的カンを鍛えるため』だと
私は思っています。 

キャンプをたくさんしたから、野生的なオトコになるとは限りませんが・・・。


すイな【ボーイスカウト】


私はいま、『スカウトソング』という
ボーイスカウトの行事の中のいろいろな場面で歌われる『歌』について
その教育方法について、相当、ハマりこんでしまっています。

ボーイスカウトは良く歌を歌う団体です。
団の総会とか、地区の総会とか保護者会などでも歌を歌います。

私はそれは、たいへんよいことだと思っています。
人は本来、歌が大好きなのです。(だからカラオケが流行っている)
また、活発な活動を展開している隊は、『子供たちが自発的に歌をたくさん歌っている』という
ベテラン指導者の方のご指摘もあります。(参考>『ちーやん夜話集』中村知氏)

ところが、歌の教育方法について、少しソフト面が不足していると感じています。
『カラオケハウスにスカウトソングを収録してもらったらどうか?』とこのブログで提案
したところ、あちこちのブログで取り上げていただけて、いま全国のスカウト関係者が
カラオケソフトメーカーに、スカウトソングのリクエストを展開しています。

スカウトソングの『歌いやすい旋律だけの音源が無い』と感じて、
『旋律だけを収録したCDを作ろう』と、不肖私めがピアノ演奏した音源を
いまいくつかの隊で実験的に使用していただいております。
問題点が洗い出せたら、きちんと録音をして(演奏は専門家に頼む)、CDにしたいと考えております。

小さい頃の楽しかった思い出は、いつまでも記憶に残っているものです。
小さなスカウトたちが、楽しく歌を覚えて、活動中に自然に歌が口に出て、
楽しい活動が展開できるようななったらいいなぁ、と思っています。


ゼ,砲泙錣坑缶祥諭攣慊衂奸


これからお願いに伺おうと思います。ご承諾いただけましたらアップいたします。
バトンのテーマ指定は【ボーイスカウト】でお願いしたいと思います。

追伸
BS隊長な日々』のbskurosanさん、
もう一度、スカウティング 〜 ある指導者のスカウティング考』の ぬまたさん、
が、バトンをつないでいただけております。ありがとうございます。



このバトンをやってみての感想
その人が得意そうな分野のお題を指定してのバトンなので、
書きやすいのではないでしょうか。 久々に楽しかったです。

この記事に

閉じる コメント(10)

バトンアップありがとうございました!!私はボーイスカウトに関してはド素人ですが(笑)、色々な事が垣間見る事が出来て楽しかったデス♪

2006/6/2(金) 午前 9:45 [ 上條泉水 ] 返信する

顔アイコン

今日は「ベンチャースカウトハンドブック」なるものを買ってきました。 KMさんのお話(記事やコメント)を拝見して、とても興味がわいてきたのに、正直わたしはベンチャーってほとんど知らない(うちの団にもまだVS隊は発足してない)ので、話についていけないところもあるんです。他にもいくつか本を買ったのですが、本当に奥が深いですね〜。

2006/6/3(土) 午前 1:16 [ ぬまた ] 返信する

numataさん、買われましたか。あれは薄いけど内容はとても盛りだくさんなものです。私はまずそれを保護者の方に説明します(笑)「ベンチャー隊長ハンドブック」も読まれると面白いでしょう。ISOのマネジメントシステムにそっくりなところ(たぶん準拠している)が興味深いです。

2006/6/3(土) 午前 1:24 [ 仙人修行中 ] 返信する

顔アイコン

>「ベンチャー隊長ハンドブック」手に取ったんですけど、まずは薄い方を選んでしまいました。もっと薄いのが、アダルトリソーシスによる「基本原則」。これは、今年のWBから事前課題に指定されたようですので、まずこれから。すごく薄くて、要点が簡潔にまとめられ、210円。「古典」は手強いので・・・。

2006/6/3(土) 午前 1:37 [ ぬまた ] 返信する

顔アイコン

> ISOのマネジメントシステム えーっ、あれでずいぶん大変な思いをしました・・・。でも、面白そう。隊長ハンドブックは、CS→BS→VSの順に読み込んでいこうかな、と思っています。いま担当しているカブに「繋がる」ところが、何なのか、にも興味があありますね。

2006/6/3(土) 午前 1:42 [ ぬまた ] 返信する

野山で一人で道に迷った・自分自身で進む方向を決定しなくてはならない。・少し進んでみたけどこの方向で良いのだろうか?・もう一度原点に戻って考え直し違う方向に進んでみる・・マネジメントシステムそのものです。どの部門でもやることですが、VSでは特に隊運営までスカウトがマネジメントシステムでやってみるところに意義があるかと思います。

2006/6/3(土) 午前 6:33 [ 仙人修行中 ] 返信する

顔アイコン

> ・・マネジメントシステムそのものです。 →同感です。だからおとなになってからも、飽くなき追求のテーマになり得るんじゃないかって思いました。おまけに、楽しいし。つらい時もあるけど、個人的には、この運動参画に戻ってこれてよかったです。

2006/6/3(土) 午前 7:48 [ ぬまた ] 返信する

マネジメントシステムは『成果・ゴールの規定を重視』するのではなくて、『システム自体がどう形成されているか?』が大切ですね。システムが形成されていれば現在のパフォーマンス(成果)は関係ないというかそれはあまり重要ではない。いずれ達成されるからです。BSの評価が『成果の絶対評価』ではなくて『どう向上しようとしているか?』を問うゆえんですね。これはどの部門でも同じですね。

2006/6/3(土) 午前 8:45 [ 仙人修行中 ] 返信する

顔アイコン

近畿の方でデンマザーをしております。と言っても、もうすぐ上進式があり、お役御免なんですがね。子どもが二人おりまして、どっちも女の子なんですが、ボーイスカウトにドップリです。ビーバーから入隊して、上が今度ボーイ隊で下がカブスカウトの熊です。年後なので役員も二年続けてすることになるので知らず知らずボーイスカウトに私までドップリはまり、この間連盟の事務局購買部で手旗信号の手旗を自分用に購入。マイ手旗です。指導者講習会も楽しくって二回も参加してしまいました。ボーイスカウトって子どもも大人も楽しめていいですよねぇ!!! 削除

2009/9/29(火) 午後 6:00 [ こゆりん ] 返信する

こゆりんさん、いらっしゃいませ。よく、ここにたどりつきましたね。(検索すると出てくるらしい?)
『デンマザー』という単語が出てくるところから、かなり『ベテラン』の方とお見受けしました。
お嬢様がお二人参画されているのは心強いですね。

私のVS隊にも姉妹で参画している女子スカウトがおりましたが、姉妹で参加していますとスカウト自身も何かと心強いですし、(ここが素晴らしいところなのですが)BS隊以上の女の子には『お父様の参画』が期待できるんです。というか、(活動が活発になってきますと)お母様はもちろんですが、お父様の支援も必須となってきます。

私のブログ記事には、女の子のベンチャースカウトの記事もありますから、何かの参考になれば幸いです。
お嬢様お二人がぜひ、活動が長く続けられるように祈念しております。

2009/9/30(水) 午後 6:22 [ 仙人修行中 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事