cygnus_odile の 雑記

2012年(1月6日)は、ジャンヌ・ダルクの生誕600周年!

全体表示

[ リスト ]

Sappho: One Hundred Lyrics by Bliss Carman / 和訳 by cygnus_odile


074. もし 死が良いことなら
LXXIV	74


If death be good,
Why do the gods not die?
If life be ill,
Why do the gods still live?

If love be naught,
Why do the gods still love?
If love be all,
What should men do but love?

もし 死が良いことなら
何故 神は死なないのでしょう?
もし 生きていることが悪いことなら
何故 神は今なお生きているのでしょう?

もし 愛が無に帰すのなら
何故 神はいまだ愛するのでしょう?
もし 愛が全てなら
人は愛すること以外の何をすべきなのでしょう?



──────────────────────────────
   サッフォー 百の詩篇 by Bliss Carman  : 和 訳 目 次
──────────────────────────────

 これもサッフォー様の『恋愛至上主義』ですね。神様をだしにして、人生を謳歌し力強く、堂々と恋愛を享受し追い求めようという積極的な主張が小気味よい詩だとおもいます。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

佳い詩ですね。詩というより、箴言風の表現ですが。
最初の二行、記憶にありますが、サフォーの断章だとは知らなかった。

2009/2/16(月) 午前 5:16 [ eur*k*031* ] 返信する

顔アイコン

http://classicpersuasion.org/pw/sappho/sape10.htm#fr137
によりますと、アリストテレスが彼の「修辞学」ii.23 に、記載し、グレゴリーが、同じ言い回しを引用したとなっています。
上記Web頁には、Hartung による、もっともシンプルな形の韻文の復元が記載されており、英訳では、
Death is evil; the Gods have so judged:
had it been good, they would die.

「 死は忌わしきこと、
神々はそのように裁定した、
もしそれが良い事なら
彼らは死んでいたでしょう」

と、なっております。

2009/2/16(月) 午後 11:17 [ cygnus_odile ] 返信する

顔アイコン

(追記)というわけで、愛云々は、 Bliss Carman 氏 の創作による付け足しだと、思われます。また、上記の Fr.137(Gergk) はそれに先行する Fr.136 の同一の頌歌の一部だとも考えられ、サッフォーが娘に宛てて、自分の死を嘆くことを禁じたものだとなっています。

2009/2/16(月) 午後 11:22 [ cygnus_odile ] 返信する

顔アイコン

なるほど。ご教示ありがとうございます。

2009/2/17(火) 午前 5:17 [ eur*k*031* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事