ここから本文です
いち指導者の独り言
いち指導者の身の回りで感じたことを皆さんに伝えていきます。

4月1週目は

4月、平日は高校大阪招待の審判や校務でバタバタ。

これが年度始め。

7日の土曜も校務。

翌日の日曜は昼間に大学強化リーグの審判。

こういう3POは非常に勉強になります。

私自身も反省と向上心を持って取り組むことができました。

そのあとは私の新指導チームの初顔合わせ。

藤戸の解散後、ミニバスではこのチームで新しく指導を始めていきます。

ただメインコーチはいるので私はアシスタントコーチとしてバックアップする立場です。

これでKFCは継続か(笑)

新指導チームでも皆さん、交流よろしくお願いいたします。

12歳ラストゲーム

3月最終週は学校関係者は春休み。

高校で言うと招待試合など開催され、うちの専門学校も主催で行っていました。

私もその日以外は校務でバタバタ。

で30日土曜はなみはやバスケットボールクラブの主催でU15の試合が。

私は中学クラブチームの指導者としてなみはやと合同チームでベンチ入り。

ほとんどが小6で混ざってましたが(笑)

中学生相手とかは関係なく、もう少しできてくれないと、と言うのが率直なところ。

数日後は中学生なのにそのミスは頂けない、と言うものが多数。

なみはやのスタッフは小学生なのに、と色々褒めてくださってましたが、ずっとプレイを見続けてきた身内からすると未熟。

このまま中学生のステージに送り出してしまうこと、バトンタッチ先にお詫びいたします。

そんな感じで大会に参加させていただき感謝いたします。


2カテゴリー

3月23日土曜は校務。

夜は天理へ、中学天理カップの懇親会へ。

城陽指導時代にお世話になった大会と先生方へ挨拶。

2年ぶりの昔話など、懐かしくも楽しい時間を過ごさせていただきました。

翌日はその天理カップの審判でお役に立ちたかったのですが、インターミューラル会場へ。

高校生の試合もしっかり観てお勉強。

そんな各カテゴリー冒険の土日でした。

男女4勝

3月21日は東大阪ミニバスの国際交流選抜壮行会。

東大阪選抜、全ミニ出場の長堂、東大阪以外の招待チーム、また東大阪内の各地区選抜の対抗戦が行われました。

藤戸で1名女子の東大阪選抜がいてたのでその試合をじっくり観たかったんですが…

その試合時間は全て審判でした…

で私は西地区選抜男女のヘッドコーチとしてベンチワーク。

他の西地区の先生方も審判や東大阪選抜のスタッフなど大忙しでした…

過去2年ヘッドコーチとして西地区を引っ張ってきましたが、今回は一番練習回数が少なく、なおかつそれでどうやって選抜として試合をしていくのかが私の課題でした。

今回のテーマは男女共プレスディフェンスと速攻。

どちらもチームワークが大切で、どの時に何を頑張るか、という選手の共通理解ができていれば結果はついてくるだろうなと思っていましたが…

男子の初戦、1Qは15得点だったので60得点を目標にゲーム進行を指示。

それには及ばずでしたが厳しいディフェンスと速攻は具現化できて出来栄えはなかなか。

続く女子は私が審判のため別のコーチにバトンタッチ。

オーバータイムのゴールデンゴール方式で勝利、これは大きかったと思います。

男子の2試合目は1試合目と違い、重い前半でした。

それでも1ゲーム通じてハードなディフェンスで相手を苦しめて速攻連発で50点オーバーで勝てたのはこれぞ西地区。

女子の2試合目も男子同様走り勝ち。

オーバータイムの疲れもなく全員がハードに頑張って大量得点でした。

地区対抗戦として初?の西地区男女全勝。

それぐらい西地区は弱かったんです…

またパスバスケットも見ていて楽しんでくれたのではと思ってます。

やっぱりこのカテゴリーでこの時期ということは魅せるバスケットができるはずなので。

藤戸の東大阪選抜もほどほどに頑張っていたようです。


いい記念になった1日でした。

3月16日はミニバスの東大阪選抜が中学校との練習試合のため審判の応援で。

色々大人で話もしながら、子どもの試合を審判しながら。

いいも悪いも観させてもらいました。

翌日の日曜は午前中藤戸で西地区選抜の練習会。

先月以来の2回目の練習会、ポイントを絞ってみっちり2時間。

予定通り、とはいかなかったですが残り1回の練習でどう仕上げるか、のヴィジョンはできました。

午後からは藤戸が合同チームでカップ戦へ。

初めての合同チームで2試合勝っていって決勝へ進むことに。

決勝ではボロボロの試合でしたが、合同チームの保護者が今まで勝った事ない2チームに勝った喜びの姿を観れたことは合同チームとして嬉しかったことでもあります。

藤戸のメンバーが臨んだ最後の試合、いい形とは言えませんがこれにて終了。

その夜はクラブチームの練習、小学生も多くみっちりとできたかなと。

これにてクラブチームも今年度の練習を終了、次年度もさらなる発展をして活動してまいります。

3つ集まっても

3月10日は藤戸が合同チームでカップ戦へ。

今年度共に合同チームとして活動し合ったチームのカップ戦でした。

また今回は3チーム合同での試合、ですが…

なかなか上手くいかないもんです。

相手ももちろんよかったのですが、こちらのミスが目立つ目立つ。

3試合して1勝2敗、最後の3チーム合同としては消化不良の試合になってしまいました。

預かった身としても申し訳なく、スッキリしない日になってしまったことにショックでした。

反省反省。

3月9日は大阪協会のカーニバルへ。

毎年恒例の舞洲です。

今年はU12の試合自体なくなってしまったので少し残念。

私は運営側で午前、昼間には去年全国準優勝の表彰式に出席。

午後からは専門学校選抜が社会人連盟所属チームとの対戦でした。

私は男女共アシスタントコーチでベンチ入り。

しばらく女子のヘッドコーチだったので結構気が楽で(笑)

女子は競り負け、男子は競り勝ちという痛み分けでした。

少ない練習回数で寄せ集めの選抜チームの難しさはあるものの、選手たちは頑張ってくれてました。

その後は高校生の地区対抗戦。

こうやって年に一度のお祭り、楽しませてもらいました。

1回目の近畿大会

3月最初の土曜は校務、日曜はミニの近畿大会を見にいってきました。

ミニを指導し始めて10年、初めての近畿大会観戦でした。

どんなレベルなのかな、と以前から興味はあったのでDCに関わる立場としては観ておかないとと。

コミッショナーさんは忙しく旗を振る…

こういう光景がなくなるように、バスケットのレベルが上がっていって欲しいですね。

もちろんミニバスではなくバスケをするチームもいましたし。

観にいってよかったです。


3チームであろうとも

23日の土曜は校務でした。

次の日の日曜は藤戸は合同チームでカップ戦に。

初戦はお隣のチーム、久しぶりの対戦で楽しみにしていましたが…

うちの不出来も特にチームを代表するプレーヤーの責任感が影響しました。

裏目裏目とゲームの内容自体もいいとこなし。

2試合目はジュニアたちもプレイタイムあり、勝ったもののしっくりとこない感じ。

3試合目は初戦と同じ内容、これも1人の出来不出来で影響してしまいました。

せっかくの3チーム合同で試合がまとまらないまま試合終了。

集まりゃいいもんじゃないですね。

その部分が大きく影響したカップ戦でした。

2月17日日曜は午前中中河内ミニバス強化リーグファイナルステージの会場へ。

前日の卒業記念大会では全くお役に立てなかったのでこの日は審判でお手伝いに。

3試合連続で審判、ミニバスでも初めてでした。

午後からは日本バスケットボール協会の新登録システムの説明会へ。

みっちり話を聞くだけ、でしたが一言、大変だなと(笑)

で夜はクラブチームの練習。

この代もあと1ヶ月、残り少ない練習回数ですが人数増やしていっていきたいものです。


[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事