気の向くままに、言いたい放題

ありがとうね。日の丸掲げていても、けして右翼ではありません。HPはhttp://www.rnaga.com/ですm(__)m
こういうのはいかがでしょうか

ちくわを使った”ちょう〜〜かわいい つまみ”
食べるのがもったいなくなりますし、お子さんにもうけそうですね〜(笑)

イメージ 1

【材料】
 ちくわ、ごま、インゲン豆(グリンピース)、トマトケチャップ

【作り方】〜みたまんまですね
1.ちくわを適宜の長さにカット
2.茹でた豆を二個抱き合わせて、ちくわの穴に差し込む
3.ごまで目を付ける
4.ケチャップでほっぺを作る

これだけで出来上がり
ごま(目)の付け方で、優しい顔や怒った顔にもなりますよ〜
あなたは、どのような顔を作りますか

かわゆうございました〜♪・・・・・・・

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

梅の木の選定作業開始

梅の木の手入れ

梅の実の収穫が終わったのと、毛虫などの害虫が付く前にすっきりさせようと、梅の木の選定をすることにした

別荘(実家)には大小10本の梅の古木がある
とても一度にはカットできないことから、まずは庭先に育つ2本を選定することにした

イメージ 1

所々熟した梅の実がなってはいたが、それを採りながらの作業だ
なかなか時間が無くて選定が出来ないこともあり、思い切って切り込む
ちょっと切りすぎたかもしれないが、梅はすぐに育つ、成長の早い


「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」ということわざがあるように、梅の木は切っても大丈夫


最後出来上がりの写真は取り忘れたが・・・・
当分週末は梅の選定が続きそうだ・・・

時間が足りないですね〜♪・・・・・・・

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(1) [NEW]

青梅の醤油漬け

青梅を醤油漬けにしてみました

イメージ 1

【材料】
青梅、醤油、めんつゆ、こんぶ、鰹節、乾燥椎茸

【作り方】
1.青梅を良く洗い、水につけてあく抜きをする
2.青梅のへたをとり、広口瓶に入れる
3.乾燥椎茸、こんぶを適宜の大きさにカットしてくわえる
4.醤油4、めんつゆ1、鰹節を加える
5.広口瓶を軽く振って全体をなじませる
6.蓋をして冷暗所に保管


イメージ 2

イメージ 3

2〜3週間で梅醤油ができます
さてさてどのようになりますかね

ちょっと楽しみです〜♪・・・・・・・

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

足うら美人を試す


イメージ 4

 モニター商品(189品目)の報告

今回のモニプラ商品はこれだ!
新潟県の株式会社山忠が運営するwebshop温むすび
 足うら美人メッシュタイプ
イメージ 1

メーカーさんのコメントは・・・
  縫い目のごろつきを無くし、柔らかな肌触りに仕上げました♪
  二重なのに生地が薄く、さらにメッシュで通気性アップ
ということですがどうかな?

イメージ 2
ふふふ
確かに編み方、仕上げ方はその通りですね
とても肌触りがよく、つるつるサラサラとした感じがよいですね

イメージ 3

かかとのがさがさ・ザラザラが気になっていましたが、サラサラとした感じで履けました
ナイスなひと品だと思います

ちょっと気になった点は・・・・・
底の部分も二重になっていることから、歩くと滑り感があること
二枚の布が重なることから、力の入り具合で滑るんですね

でもでも、足うら美人はGOODです
男性用もあると良いですね

履きごごちよろしゅうございました〜♪・・・・

この記事に

開く コメント(0)

おろ抜き大根のしそ酢漬け

育ち始めた大根の苗をおろ抜き(間引き)、この抜いた大根を使って、今回は しそ酢漬けに 

イメージ 1

使ったしそ酢は、以前に漬けておいた しそジュース をベースに 酢 を混ぜて簡易の しそ酢 をつくり、おろ抜き大根をスライスして、キュウリとともに漬けてみました

イメージ 2

しその風味と赤じその色が付いて、まずまずの出来栄え
大根の甘さが引き立ちました

おろ抜いた大根も無駄にすることなく食することが出来ますね〜(笑)

おいしゅうございました〜♪・・・・・・・

この記事に

開く コメント(8)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事