すぎやんのいまさらブログ

37歳になったし日記かかなきゃなぁ・・・。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
7月に入りとうとうグランツールの決定版「ツール・ド・フランス」が開幕しました♪
 
去年のツール・ド・フランスは、今中大介さんの出場から13年ぶりに日本人選手が出場。
しかも別府史之選手と新城幸也選手の2人!
そしてゴールスプリントに絡むステージもいくつかあり、最終ステージではシャンゼリゼでの逃げに別府選手が加わり敢闘賞を獲得するなど盛り上がりましたが、残念ながら録画は画質をおとしてDVDに録画するのが精一杯でした。
 
今年は、このためにCATVチューナー付きデジタルハイビジョンレコーダーを導入。
イメージ 1
 
しかし、導入してから分かったんですが、グランツールのレースを放送画質のハイビジョンで録画しようとすると500GBのハードディスクでは足りないことが判明!
 
しかたないので画質を落としてブルーレイディスクに残していくことにしました。
イメージ 2
だいぶ安くなってきたとはいえ、30枚で6000円!1枚あたり200円!!
 
が!ブルーレイでもCATVデジタルのHD放送を最高画質で録画できるのは、約3時間40分!
今日の放送は、5時間!!
山岳ステージなどでは、6時間ちかく放送があるので泣く泣く画質を落として録画する事にました。(;_;)
 
開幕日のチームプレゼンテーションは、2:15、昨日のプロローグは、3:25だったので合わせて1枚にすることにした。
 
 
今年のツール・ド・フランスは、日本人は新城幸也選手1名の参加。
別府史之選手は、同時期に開催されているレースに参戦しているそうです。
(たしかオーストラリアだったかな・・・。)
 
 
日本人1名の参加とはいえ、新城選手はジロ・デ・イタリアでの活躍がめざましく「後はステージ優勝しかないだろう」とヨーロッパでも言われているみたいです。
 
今日のレースは平坦ステージなので後半に上手く逃げに乗れればチャンスがあるかも!
 
そして新城選手と言えば浅田監督の門下生で梅丹本舗で走っていたこともあり、今回の放送には、スペシャライズドと一緒に梅丹のCMまで登場!
後半のナレーションが渋いです♪
きっと新城選手のところにもたくさん送ってあることでしょう。
僕もサイクルチャージを使ったことがありますが、梅丹エキスが入ってて良いみたいですよ♪
 
 
 
ツールやジロなどのレース観戦に合わせて僕が見ているホームページやブログをご紹介します。
 
オススメ 1. フォトグラファーの砂田弓弦さんのホームページ
レースの雰囲気や裏話などおもいろい話が Diary にアップされていたり、その日に撮影した写真のサンプルを見ることができます。
もちろん購入することも可能です♪
 
オススメ 2. ロードレースが好きなミユキさんのホームページ
ミユキ自転車」(リンクはミユキさんにOKをいただいています。)
グランツールを中心に、日本のロードレースの観戦レポを楽しい4コマ漫画で紹介。
漫画ではこんな事を言ってたら面白いなぁというような事を関西弁で書かれており、ど胆を抜かれた展開に大笑いしちゃいます。
うちの杉ちびなんかは、レースの放送が長いので「1週間おきにあるステージハイライトとミユキだけチェックすればいいや」と言っております。(笑)
 
オススメ 3. スポーツサイクリング情報ステーション
国内外のレース情報をキレイな写真や動画で紹介。
YouTube の cyclowired で検索すると多くの動画がアップされていて見応えがあります。
 
 
 
こんな感じで、いろんなホームページなどを合わせてみると、より楽しめますよ♪
ということで、この3週間は寝不足の日がつづきそうです。

ニューパーツ装着♪

YOUCANから
 
「活きのいいヒラメが入ったのでお時間があるときにどうぞ」
 
とのメールがきた。(脚色有り・笑)
 
 
 
YOUCANに入った活きのいいヒラメとはコレ!
イメージ 1
 
どおですか?ピチピチしてるでしょ!(笑)
正式名称は『マルチプレッシャーアンカー』というのですが、自転車業界では「フロントフォークに使うヒラメ」でわかるそうです。
後で調べたらメーカー名が『ヒラメ』ということが判明。
いろんな便利パーツを出しているメーカーさんのことでした。
 
そしてこのヒラメくんを何に使うかというと・・・。
 
今、話題沸騰中のYOUCAN 大磯店オリジナル商品「ヘッドキャップ」を取り付けることにしたのです♪
イメージ 2
 
実は、僕のドカチャリくん、フロントフォークのコラムにFSA製の特殊なプレッシャーアンカーが付いているため、YOUCANキャップを付けるにはヒラメくんがないとダメだったわけです。
イメージ 5
 
 
さっそく作業にかかる黄色リーダー。
スタッフのMTBライダーも見守っています。
イメージ 6
 
そしてもう2人。
いや2匹。外から熱い視線を送るかわいこちゃん達がいました。
イメージ 7
SHOWさんの愛犬「メグ」と「モナ」
 
 
SHOWさんはMTBの調整のため来店中でした。
自転車は作業のため預けて、帰りは愛犬たちとジョギングしながら帰って行きました。
あいかわらずランにも燃えてますなぁ。
 
 
メグとモナと遊んでいるうちに、ヘッドキャップの交換作業も終了。
イメージ 8
 
ボルトはシルバーを選びました♪
 
 
そしてついでに杉ちびが乗ってきたフーリガンにも付けちゃうことに。
キャップやボルトに傷が付いちゃって気になってたんですよね。
イメージ 9
 
今度は、先ほどの作業を見ていたMTBライダーが担当してくれました。
イメージ 10
 
 
そして完成。
イメージ 11
 
 
さらについでといっては何ですが、先日、届いたペダルも付けてもらっちゃいました。
イメージ 12
 
 
 
フーリガン純正のペダルはデザインはかわいいんですが、グリップ力がちょっとないので不安だったんです。
イメージ 3
 
 
 
ペダル交換も完了。
イメージ 4
自転車の割にはペダルがデカイですが、グリップ力が増して良い感じです。
スネに当たると流血しそうなので注意しなきゃ!
今日の関東地方は朝から雨模様。
 
体調もあまり回復していなかったので家でゴロゴロとネットをチェックしていたら、11時からライブ中継される全日本選手権ロードの動画が動いてる!!
 
なんとテスト的に女子エリートの中継をやってました♪
 
僕が見たときから先頭を逃げていた「萩原選手」が約80キロを単独で逃げる圧倒的な走りをみせ、全日本TTに続きロードを制し、ロードとTTのダブルタイトルを獲得!
 
 
第13回全日本選手権ロードレース 女子エリート 86.1 km
1 萩原 麻由子   大阪       サイクルベースあさひレーシング     2:34:18
2 西   加南子   千葉    LUMINARIA                                2:34:55
3 片山   梨絵   神奈川  SPECIALIZED                             2:34:56
4 牧瀬     翼   佐賀       サイクルベースあさひレーシング     2:34:58
5 明珍   裕子   岐阜       朝日大学                                   2:36:00
6 高橋   奈美   宮城       SEKIみちのく                              2:36:42
 
 
 
 
 
そしてメインイベントの男子エリート。
男子は、196.8キロの長距離レース。(@_@;)
レースの展開はシクロワイアードの手に汗握るテキストライブをご覧ください。
 
 
結果は、もう発表されている以下の通りとなりました。
 
 
第13回全日本選手権ロードレース 男子エリート 196.8 km 
1 宮澤 崇史  長野   TEAM NIPPO           5:14:03
2 鈴木 真理  JPCA  シマノ               5:14:03
3 野寺 秀徳  JPCA  シマノ               5:14:03
4 佐野 淳哉  埼玉   TEAM NIPPO           5:14:04
5 清水 都貴  埼玉   チームブリヂストンアンカー   5:14:07
6 西谷 泰治  愛知   愛三工業             5:14:15
 
 
 
気になる YOUCAN 卒業生の結果ですが、
ラスト1周くらいまで真理さんや、野寺選手を引いていた畑中くんが17位。
同じシマノの鈴木譲選手が31位。
アクアタマの大塚さんが34位。
中盤、メイン集団をコントロールしていた愛三の鈴木謙一選手が37位。
若手の金子くんや初山くんは残念ながらDNFとなってしまった。
 
 
 
 
 
今回、くりらじCyclingPodcast さんがインターネットのUSTREAMを使用しライブ中継をされていたのでパソコンでレースを観戦できた。
カメラ&解説を担当されていたシマノの江原さんの解説が実によかった!
選手の辛そうな表情やレースの展開など説明がわかりやすく素晴らしい解説でした。
 
そして今回、大活躍したバイクカメラ!
「スマートテレキャスター」という機材で、HDカムやDVカムで撮影した映像をFOMAやWiMAXの通信カードを使ってネットに配信するという画期的な装置。
どうですこのシステム!物欲がわいてきませんか?(笑)
イメージ 1
今回は移動しながらでの配信ということでコマ落ちを極力防ぐため解像度を落としての配信だったようですが、場所によってはFOMAのエリアから外れたり電波の入りにくいエリアがあるなど画像が乱れたり、止まったりする箇所もありましたが、十分にレースの臨場感を感じれる映像でした。
 
 
レース当日は、雨の降る可能性もあったので、最新機材を守るためジップロックで防水対策をされていたようです。
イメージ 2
( photo : roadracelive )
 
実は、この装置お値段が三桁万円ほどする高級機材。
雨に濡れてはたまりません。
 
 
その他にも固定カメラを2台設置。
固定カメラは iPhone を使用されたようです。
ライブカメラにチラッと写りましたが、iPhoneに超望遠レンズを取り付けての映像でしたが、十分に雰囲気が伝わってきました。
 
そしてもっとも驚くのが、このライブ中継に使っている機材のほとんどを「くりらじ」さんというか、BJさんが自腹で用意しているということ。
 
iPhoneだけでも 3 契約くらいしているそうです。
その他にもFOMAやWiMAX、eモバなど通信機器も多数契約されているそうで、レース会場で最適な通信機器を使用できるようにしているそうです。
このお方の自転車レースにかける情熱はハンパナイです。
 
今回、中継を成功させたことで、「くりらじ」のリスナーが増えて Donation が少しでも増えて、もっとライブ中継をみることが出来るようになるといいなぁ。
 
今後とも期待しています♪
 
今日は喉の痛みからくる発熱のためモーニングライドをDNS。(@_@;)
 
そのかわりに広島で行われている全日本選手権のライブブログをチェックしていた。
 
今日の広島は朝から路面がウエット。
 
雨は後半になるにつれてどんどん降ってきてU23のゴール時には路面が川になるほど降ったようだ。
 
そして心配していたパンクも多発!!
 
各クラスともにサバイバルレースだった様子。
 
今年はJCFのリザルト速報が迅速でホームページにはもう結果が載っていた。
 
 
 
 
第15回ジュニア全日本選手権ロードレース U17
61.5km(12.3km×5周)
1 内野  直也   埼玉      湘南ベルマーレコムレイド  1:39:56
2 帖地    森   京都      北桑田高                        1:42:47
3 小橋  勇利   愛媛      松山工高                        1:42:50
4 江越  岳也   神奈川   横浜高                           1:43:39
5 青野  将大   香川      高松工芸高                     1:43:39
6 長谷部大和   奈良      榛生昇陽高                     1:43:41
 
1位〜6位までは高校生が占める中、おかちゃんは8位でゴール。
このメンバーで8位とは、やはりスーパー中学生は凄い!
来年が楽しみだ♪
ゼッケンを逆さに付けたか気になるので今度聞いてみよう。(笑)
優勝した内野選手は全日本TT選手権でも優勝しているのでダブルタイトル獲得!
強すぎる!! 
 
 
 
 
 
第15回ジュニア全日本選手権ロードレース U19
123km(12.3km×10周)
1 池部  壮太  大分  別府商高    3:24:14
2 久保田元気  福島  学法石川高  3:24:53
3 中井  俊亮  奈良  榛生昇陽高   3:24:56
4 我妻  優弥  福島  学法石川高   3:24:56
5 河賀  雄大  広島  広島城北高   3:24:57
6 横谷  直人  大分   日出暘谷高   3:24:57

スタートリストでは、130名いた選手達もレースが進むにつれて悪天候の影響もありゴールしたのは21名というサバイバルレース。
注目の面手くんだが、7周目でDNFとなっていた。
 
 
 
 
第79回全日本アマチュア選手権ロードレース U23
159.9km(12.3km×13 周)
1 山本 元喜  奈良  鹿屋体育大           4:27:13
2 原川 浩介  埼玉  湘南ベルマーレ      4:27:27
3 野口 正則  奈良  鹿屋体育大           4:28:19
4 小坂   光  長野  宇都宮ブリッツェン  4:28:21
5 福田 高志  兵庫  大阪経済大           4:28:37
6 海藤 稜馬  山形  エルドラード           4:28:38
 
そして本日のメインイベントU23のレース。
今年はブリヂストンエスポワールチームでヨーロッパでのレースを経験して帰国した椿くんだが、スタート直後の落車に巻き込まれたのか、リザルトでは、0周目DNFとなっていた。(>_<;)
先週の西日本ロードの結果からかなりブリヂストンチームが有力かと思われたレースだが、鹿屋体育大学の山本選手が最後にアタックをかけ優勝したようだ。
キャノンデールのマシン提供も始まりちょっとしたプロチームのようになってきた鹿屋。凄いチームだ。
 
 
 
 
 
初日は、大パンク大会と雨のウエットレースとなってしまった全日本選手権だが、明日は、エリート。
各選手達のブログを見ると意気込みがひしひしと感じられる。
 
昨日の朝日新聞にも載っていたが、野寺選手のラストレースとなる。
イメージ 1
 
 
明日のレースは、くりらじCyclingPodcast さんが、インターネットのUSTREAMを使用しライブ中継を行うことが決定。
しかし雨の場合はバイクカメラでの映像はないかもしれません。(^_^;)
 
明日は昼過ぎから出掛けるかもしれないので、ゴールシーンは見れないかもしれないけど、新城選手や土井選手もヨーロッパから帰ってきているし、引退する野寺選手の走りにも期待。
YOUCAN卒業生は、現在Jツアーチャンピオンジャージを着ている畑中くんを筆頭に同じシマノの鈴木譲選手。
金子くんと初山くんもヨーロッパから帰国している。
アジアを転戦してきた愛三の鈴木謙一選手もTOJ東京ステージでいい走りをしていたし注目の選手が多く楽しみなレース。
 
こう考えるとYOUCANってすごい選手達を輩出してますね♪
 
 
来年は近場で開催してくれないかなぁ。
 
 
 
 
 
 

おかちゃんがんばれ!

今日(26日)、明日(27日)の2日間にわたり、広島県三原市・中央森林公園において、「第15回ジュニア全日本選手権ロード・レース」および「第79回全日本アマチュア自転車競技選手権大会ロード・レース」ならびに「第13回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース」の3大会を開催される。
 
この大会は、年に一度開催される日本一を決定する国内最高峰の大会。
 
スタートリストがJCFのホームページに載っていたのでチェックしたら知っている名前が載っていたのでお知らせします。
 
 
 
◆第15回ジュニア全日本選手権ロード・レース
男子ジュニア 123km(12.3km×10周)
モーニングライドにときどき来ていた高校生「O手くん」
最近みないと思ったら全日本出るんだね。
 
男子U17 61.5km(12.3km×5周)
ご存じ、身近なスーパー中学生「おかちゃん」
ゼッケンは逆さに付けるのかな?
 
 
◆第79回全日本アマチュア自転車競技選手権大会ロード・レース
男子U23 159.9km(12.3km×13 周)
去年までYOUCAN TRチームで活躍していた「椿くん」
先週の西日本ロードでは惜しいレースだっただけに今日はがんばってほしい。
 
 
 
 
天気予報では、「雨」 (>_<;)
コースは、パンクの発生率も高いそうなのでパンクや落車などに巻き込まれないように祈ってます♪
 
がんばれ〜!!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事