BMIを使用した日本の闇の支配者達について

この数年間BMI兵器や集団ストーカーの被害にあい続けています。その体験や首謀者である日本に潜む闇の支配者達に対する考察など。

首謀者とその目的

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

首謀者とその目的

 
■概説(結論とまとめ)
 結論からごく簡単に言うと、集団ストーカー、テクノロジー犯罪の首謀者は先の大戦の戦勝国で、工作員は、朝鮮人(一部中国人)と彼らに支配された日本人です。その目的は、日本人を服従させ、強姦と殺戮及び略奪を図ることによって、戦勝国に利益を与え、それらの構成員に分け前を与え、闇の勢力を増殖させ、日本民族の判断力を奪い、事実上の独裁国とし、日本国および日本民族の弱体化を図り、最終的には純粋な日本民族を混血し、洗脳することによって殲滅(せんめつ)し、彼らが完全にコントロールすることのできる植民地にすることです。
 以下、複雑な背景と実態を、私の経験と史実に基づいた、合理的な推論によって説明するため、長くなります。
 
■なぜ、日本人・日本民族が敵視されるのか?(簡単な説明)
 繰り返しになりますが、テクノロジー犯罪や集団ストーカーの首謀者は、恐らく米国CIAやCIAエージェントとなっている日本人や朝鮮人及び中国人(混血を含む)です。これは、日本の闇の戦後史を調べてみるとよく分ります。
 戦後GHQは、戦後の日本の統治政策を実行するための要員として、日本民族を信用せず、日本人と同じ顔をした朝鮮人を警察などの要職に登用したとのことです。私の祖父の代までは朝鮮人は顔を見ると分るようでしたが、現代では日本人との混血が進み、見分けがつかなくなっているそうです。私の知るところでは、同和政策の名のもとに、傀儡日本政府によって、直接的間接的に、日本人女性と朝鮮人との結婚が強要されたとのことです。
 日本や日本民族は、先の大戦で敗戦国となった戦犯です。彼らは民主主義者ではあっても、平和主義者であっても、テロリストではなくても、戦勝国が作った日本からの強姦と略奪の仕組みに反対する、戦勝国とくに反米感情を持ちそうな人物をしらみつぶしにしようとしています。
  同様に、GHQによってつくられたパチンコ利権に象徴されるような、在日朝鮮人の利権や在日朝鮮人そのものを批判する者弾圧を受け社会的に抹殺されます。パチンコ利権はGHQ配下の警察によってつくられ維持されています。
 
■米国特にCIA及び国際金融資本の真意 
 どうやら戦勝国とくに米国は、日本を民主化するという建前の裏側で、日本を事実上の植民地にする政策を、戦後一貫して取ってきたようです。「金融ビックバンによって日本が金融植民地にされる」というある識者の警告は、この謀略がいまだに続いていることを示唆しています。彼らはユダヤ資本が支配する世界の金融システムに、日本の金融システムをしたがわせ、文明的にしかし秘密裏に日本民族の富を搾取しています。これはていのいい略奪です。
 恐らく、CIAを支配している米国の最有力層は、日本が真の民主主義国家になり、真の意味で国民が意思決定をする国立した国家になることを望んでいません。
 つまり、勤勉ではあっても、自尊心を持ち特に民族的な誇りを持っている人物は潜在的な敵であって、闇の支配体制に従順で勤勉な日本人やこのタイプの日本人が稼いだ財産を戦勝国特に米国に貢ぐタイプの売国奴・国賊・犯罪者としての日本人をうまく操りたいのです。
 
■CIAと武器商人としてのユダヤ人にとって、平和で共存共栄を望む日本人は潜在的な敵
 日本人の多くは、世界の国々との共存共栄を望んでいます。しかし、世界中で戦争を起こし兵器ビジネスで大儲けをしている武器商人(ユダヤ商人が武器商人でもあることはよく知られていることです)にとっては、この考え方は邪魔となります。つまり、彼らにとって日本民族は永遠の敵なのです。
 先の大戦では、武器商人の謀略によって、何百万人もの日米両国の兵士たちが殺戮されました。彼らはこの殺戮を正当化し、合法化しています。
 第二次世界大戦は戦中まで「大東亜共栄圏」を構築するための「大東亜戦争」と呼ばれていました。しかし、GHQによって、この名称をマスコミが使うことは禁止され、「太平洋戦争」と呼ばされることになりました。大東亜共栄圏とは、文字通り、東アジアを欧米列強の植民地政策から守り、アジア人による共存共栄の経済圏をつくる日本の政策です。
 
 
■GHQにより作られCIAによって維持されている日本の無法地帯と闇の真相 
 インターネットに公開されている記録によれば、日本が敗戦し、横須賀に米軍が進駐軍として上陸した翌日から、米兵はおびただしい数の日本人女性を強姦しました。これは、当時の特高警察の記録に基づくものです。
 日本が敗戦した直後から、在日朝鮮人たちによる暴動や強姦事件が多発しました。しかし、GHQは日本の警察が彼らを逮捕することを禁止する指令を出しました。そして、朝鮮人たちに、戦勝国と同等の待遇を与える政策を敷きました。
 暴動を起こした朝鮮人の一部は、ある派出所を襲撃し、警官に壮絶な暴行を加えました。しかし、当時の警察はGHQの指令により朝鮮人を逮捕することができません。それを見かねた山口組の一派がその警官を救出したとのことです。
 つまり、GHQは朝鮮人による強姦と殺戮そして略奪を合法化したのです。さらに、GHQはマスコミに対して朝鮮人を批判する記事を書くことを禁止したのです。
 
■無法地帯が作られ維持されている一つの理由〜日本民族の根本的なせん滅〜
 彼らは、生物学的には、優秀な日本人は欧米(特に米国)で欧米人と混血させ遺伝子を残し欧米のために働かせ、そうでない日本人は、日本民族の血を反日感情の極めて強い朝鮮民族や中華民族の血によって薄める闇の政策をとっています。
 精神的には食習慣や食文化を初めとした日本文化の衰退政策とその他の欧米化政策及び、南京大虐殺や従軍慰安婦問題に象徴される自虐的歴史観の植え付けなどによって、日本民族の伝統的な精神文化を消し去ろうとしています。
 この他、日本民族の人口を減らす人口削減政策が秘密裏にとられていることも一部で指摘されていることです。
 彼らはそうやって、日本民族を永遠にこの地上から抹殺しようとしています。
 つまり、日本民族に対して強姦と殺戮そして略奪を戦後70年もたった今でも働き、日本を弱体化させながら、戦勝国や朝鮮人(日本人と混血した)が支配し、事実上殲滅しようとしているのです。
 これは、現代でも現実に日本社会の中で起きていることです。日本には移動をすることのできる無法地帯が存在しています。私はある日本人女性から「日本には何をしても捕まらない人たちがいるんだって」という言葉を直接目の前で聞いたことがあります。当時は何のことかわかりませんでしたし、一般人にはわからない正当な理由があるのだろうとしか思えませんでしたが、日本の闇の戦後史を知った今、この言葉が心の中でがぜん重みを増すのです。
 
■GHQが作った人工的な無法地帯と集団ストーカー・テクノロジー犯罪の関係 
 GHQは進駐軍の米兵と朝鮮人による強姦と殺戮そして略奪を働くことを合法化し、既に降伏をした平時の日本国内において、人工的に無法地帯を形成しました。
 集団ストーカーやテクノロジー犯罪は文字通り犯罪ですが、GHQが作り直しCIAが支配し朝鮮人が要職に就くとされる警察は被害者のことをほとんど全く保護せず被害届も受理しません。これは、裁判所や検察を含めた他の役所でも同様です。つまり、集団ストーカーの被害者は無法地帯の中に突然おかれたまま、CIAの支配する傀儡日本政府から何の救済も受けられないのです。
 
 つまり、集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害者は、その恐怖によって、その無法地帯に象徴される日本に潜む闇の体制に服従し、日本社会や自分自身が強姦と殺戮そして略奪をうけることを受け入れさせられるのです。それに従わない場合、盲目にされたり、自殺を装って殺害されたり、癌や心臓病を作り出され殺害されたり、自殺をさせられたり、精神病院に長期間(57年間も監禁されている人物がいるとの報告があります)監禁されたりするのです。
  企業の不正を内部密告した通報者が、社会的に抹殺されたり、不遇の人生を歩まされたりするのは、特定の一民間企業の体質があるからなのではなく、そういった日本社会の闇の真相があるからなのです。この手の社会問題に対し、当該企業のみならず、警察や裁判所も不審な態度をとることがしばしば指摘されていますが、こうした背景があるからなのだと、考えられるのです。
 
■犯罪者、奴隷(若くて美しい女性は性奴隷)、精神病患者、障害者、死人のいずれかの道しかなく生き地獄を生かされる日本民族
 私の知る限り、最終的に殺害をされるまでの過程で、暗黙のうちに抵抗をやめ闇の体制に服従するように示唆し、救済を申し出る人物が登場します。それは、戦勝国のいずれかの国やグループ(特に、米国、中国、韓国、北朝鮮、日本人の顔をした朝鮮人としての経済人、ヤクザ)の支配下にある人物です。
 その人物は、被害者のタイプによって分類された、表向きの救済方法を提案します。その多くは、被害者が尊敬をしたり愛情を感じていたりして、精神的に依存している人物が選ばれます。
 
・犯罪者になることを強いること
 被害者がこのタイプに分類されると、犯罪を犯し日本社会に害を加えることによって、出世をしたり自分自身の社会的な立場が保証されるようになり、闇の体制に組み込まれることになります。
 この闇の体制は日本国の国益を害したり、日本社会に害を及ぼしたりすることによって、自分自身や戦勝国とくに朝鮮や中国或は米国を利するようにプログラムされています。彼らの多くは自分の子孫の行く末のことをほとんど考えておらず、人によっては、自分自身の方が子供よりも大切だと考えています。
 つまり、悪人として日本社会の未来を暗くするのです。例えば、建設会社の場合には、コンクリート代を浮かせて耐震強度の足りない建物を建設したり、銀行員の場合は、不正融資をして詐欺に加担したり、起業家や一般の民間企業の従業員の場合にはヤクザの片棒を担がされたりするのです。また、警察官や検察官の場合は、裏金作りをしないと出世できないことが知られて、ほかの役所でも同様のことが行われていることが推定されます。実際、ある市役所では在日朝鮮人の所得税を法を無視して勝手に半額に減免し、一部を個人の懐に入れ着服をしていた事件が報告されています。
 さらに例えば公務員や裁判官の場合には、自らがもっている職権を乱用し、日本国民に害を与え、戦勝国や朝鮮人をはじめとした闇の支配者たちに不当な利益をあたえる行為を行い或は加担しているおびただしい数の事例が報告されています。
 
 私はこれらの背景をある程度知っていて、中国とヤクザの利権を作り闇の権力基盤を形成し、闇の世界を謳歌している、国作銀行である旧日本長期信用銀行の元行員である金融系の人物を直接知っていますし、金品や社会的地位或は女性をあてがわれることに満足して、深いことはよく考えずに、知らず知らずのうちに、日本社会に害を与えている人もいるでしょう。
 これは、日本人特有の勤勉さを捨て、尊敬される大和民族として生きていくことを捨てたことを意味します。つまり、日本の精神文化の荒廃と、日本の弱体化につながるのです。いわゆるモラルハザード、姉歯事件の真相です。
 
・優秀な日本人
 日本人のうち最優秀層は、欧米とくに米国に送られるようです。これは、大学や大学院を卒業後、留学という形をとられたり、研究者が米国での研究を勧められるなどの形があるようです。
 そして、米国籍をとり、優秀な遺伝子が米国人として生かされることになります。
 
・性奴隷
 容姿の整った女性の場合は、欧米人や政財界人(朝鮮人が多い)などの夜の相手をするように躾けられることも多いようです。これはていのいい強姦です。特に優秀で美形の女性は欧米人の相手となり、頭はそれほどよくない美形の女性の場合は朝鮮人に割り当てられるようです。
 
・生真面目な日本人
 タバコを止めるなど理不尽な要求にこたえた、生真面目な日本人は、欧米人や朝鮮人が支配し、彼らの同胞や子孫(日本人との混血を含む)が必ず有利に立つようにプログラムされた制度の中で、その支配者たちのために比較的平穏に働くことを許されるようです。
 しかし、それは負け戦を戦わされていることを意味し、仮に成功をした場合には、その成果を欧米人(企業を含む)、朝鮮人、犯罪者に成り下がった日本人に横取りされます。これはていのいい奴隷化制度です。
 また、このタイプの日本人は事業ローンや住宅ローン或は高利貸しから借金をせざるを得ない状況に追い込まれて、金融奴隷化される傾向が強いように思われます。
 
・これらの申し出を断った場合
 精神病患者に仕立て上げられ、再度の救済が入った後、それをも断ると障害者にされるか殺害されます。浮浪者にさせられ、悲惨な病死や野垂れ死にをさせられる場合もあります。
 殺害の仕方はさまざまで、発狂させられ殺人を犯し、死刑になる場合。自殺に見せかけられ殺害される場合。事故を装って殺害される場合。自殺をさせられる場合。などがあるようです。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事