全体表示

[ リスト ]

続きます。
 
20位 Gypsy & The Cat 「Gilgamesh」
 
イメージ 1
これも80S風味のポップバンドですが、楽曲の質がいいです。多少ドリーミーな雰囲気が同じようなバンドよりも好きです。アルバムとしても構成がベタで好きです。最後はちょっと切なげで終わるってのがいいです。トータルでいいアルバム。
 
19位 上原ひろみ 「Voice」
イメージ 2
ジャズです。前に「情熱大陸」で見て気になっていたんですが、ライブに行って奔放なんだけどスキルの高い演奏で一気に魅了されました。このアルバムはドラマーがロック畑出身のサイモン・フィリップスということもあり、ジャズを聴くときに個人的に物足りなく感じるダイナミックさもあり、ロックリスナーでも行けます。あと、変拍子やユニゾンなどプログレ好きの自分にもサクッとハマりました。
ライブを見て思ったのは、畑は違うがビョークと共通する雰囲気を感じました。音楽に愛されてるというか選ばれてるというか。なんかすごいよ、この人。
 
18位 sayCet 「Through the Window
イメージ 3
フランスのエレクトロニカ。ジャケットのイメージと違わない幻想的な感じが非常に気に入りました。シガーロスのような神々しさも感じます。女性ボーカルがメインなので透明感が増しています。心が洗われる一枚でした。かなり聴きました。
 
17位 Funeral Party 「Golden Age of Knowhere
イメージ 4
自分は「ダンスをするアットザドライブイン」って感じで聴いてました。テンションが高く、ちょっと激情もあり、それでいて踊れるロック。これだ!というキラーチューンもないのですが、一枚元気に聴けて好きでした。
 
 
16位 Bjork 「Biophilia
イメージ 5
アプリなどのリリースで、このCDは「Biophiliaプロジェクト」のひとつということですが、単純にこのCDの中身で評価します。
個人的に大好きな「vespertine」に近いということでかなり期待しました。ジャケットのアートワークも素晴らしい。自然科学をテーマにしたということもとてもビョークらしくていいです。
しかし、音の方は多少スカスカです。ほとんどが同じような音色で、意図したのだろうと思いますが、そこが「vespertine」の緻密なつくりとは決定的に違います。なのでその部分は物足りない。
でもやはりビョークの持つ声の魔力はかないません。なのでこの順位。
 
あ〜疲れる…。
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

Gypsy & The Catが気になります。ジャケからして、ドリームポップ感が出まくっていますね。

2012/1/5(木) 午後 8:21 リップス 返信する

顔アイコン

>リップスさん
Gypsy & The Catはきっとお好きだと思います。リンクつければよかったですね。http://www.youtube.com/watch?v=ioier5yELZwでも聴いてみてください。

2012/1/6(金) 午前 0:20 [ rob*kov**6 ] 返信する

顔アイコン

Gypsy & The Catってサマソニに来ましたよね?ってかヤマダさん観たって話してたような。sayCetがどんなのか気になります。

2012/1/15(日) 午後 11:28 Matilda 返信する

顔アイコン

>まちるださん
観たかったけどみませんでしたよ。というか一緒にモーニングベンダーズ観てたような気がしますよ。sayCetはビョークの「vespertine」っぽいです。

2012/1/20(金) 午後 0:51 [ rob*kov**6 ] 返信する

顔アイコン

あっ…そうでしたか…MB観てましたか(汗)わーなんか申し訳ないです。。

2012/1/22(日) 午前 2:44 Matilda 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事