全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全337ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

7月 猛暑

預かっていた子猫ちゃん、里親さんのところにめでたくお嫁入りしました

6月8日からも子猫ちゃんを預かったのですが、この子も無事に里親さんのところで
幸せに暮らしています


名古屋は猛暑の連日です

猫砂を冬から「おからの砂」+「紙の砂」と軽量化に取り組んでいました

理由は、
①鉱物系の砂は重いから
②鉱物系の細かいのを吸い込んで喘息になったから

でもね・・・・・・・
この猛暑で、猫トイレに虫が湧いちゃったんですぅ

小さな2ミリ程度の小型の蠅?

猫トイレの掃除はまめにしていたつもりなのですが、
紙やおからはおしっこを吸収して養分になるのかしら?

ってことで、猛暑時の猫砂は虫が発生しにくい鉱物系がいいかも

これまで経験したことのないような猛暑の連日
気象庁が公表する気温は住民の気温とは異なります

我が家、一昨日・昨日と庭で測ると40度を越えていました
ベランダでは43度でした。。。。

のらちゃんたち、大丈夫かな???????

近くののらちゃん、子猫3匹だったはずなのに、一昨日から1匹になっています

コンクリートだらけなので、日中の表面温度は50度を越えているもよう

のらちゃんたち、頑張れ!!


開く トラックバック(1)

こぬこ二日目

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

里親さんが決定していて我が家での預かりも期間限定

「情を移すと別れが辛いと思ってたけど、やっぱり子猫を前にするともうダメダメ

甘えん坊な子猫なので、いっぱい撫ぜて抱っこして甘やかしています

たぶん私の方が子猫に甘やかされ癒されているのだと思うけど〜〜〜


里親さん、4年前に12歳で亡くした猫とこの子は同じ毛色なんですって!
だから里親希望を名乗り出てくださったということです

まだ50代でお子さん無しのご夫婦だからきっと愛娘として大切にしてくださるみたい

安心して託すことができます


GWが終わるまでの我が家での生活ですが、託す日までいっぱい子猫生活を堪能したいと思います

幸いにもケージ内でのスタートですから、うちの先住猫とも少しずつお互いの観察もでき、
怖がることもなく仲よくなってきている状況です

我が家を離れる日までには、ケージを出て先住猫たちと一緒に我が家を駆け回ってほしいな

こねこ

イメージ 1

イメージ 2

ノラ母猫が庭に連れて来たのが寒い12月でした

母猫自身もまだ若くて、初めての出産ではないかと思います

2匹の子猫を連れてきて、ずっと庭の猫ハウスに逗留でした

今年は1月・2月の寒さが過酷で、母子猫たちの体調が心配でした

猫ハウスの内側には保温マットを貼り、もこもこ毛布と湯たんぽで冬を乗り切りました

桜が満開になり急に夏のような気温になった3月末、この子だけが風邪をひき、
同時に福山くんに襲われることが続きました

4月12日に風邪治療と早めだけど避妊の予定で入院

生後まだ半年程度で、美人猫、人慣れしそうな素直な性格
ということで、里親募集も同時に開始しました

12日〜風邪治療と福山くんからの避難目的で入院
26日 避妊手術(可哀想に妊娠していたそうです)
28日 本日退院で我が家にて術後の養生


そして、里親さんとのご縁も結ばれました

GWが終わるまで、我が家で預かり、その後に引き渡しです

我が家の子になってもいいなと名前も決めていたのですが、
里親さんがすでに決定しているので、「こねこちゃん」と呼んでいます

情が移っちゃうと辛いから、あくまでも預かりという気分で接しています

他の猫たちもケージに近寄って興味シンシンですが、威嚇も吠えることもなく静かに過ごしています

さて、夜はどうかと不安ですが・・・

全337ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事