ここから本文です
SIN=KAIの勝手気ままなブログ
長い間のご愛顧に感謝致します♪これからはFC2にて、9月より更に充実をさせて行く予定です☆彡

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


                Fresh
       Sly and the Family Stone

イメージ 1


 スライ・ストーンは60年代後半にファンクとロックを融合。斬新なスタイルの
 音楽を創り上げた。アフロ的な強烈なビートを響かせながら、繊細に構築された
 アンサンブルは白人との混合バンドに拘りを見せていた。

 後のファンクロックに大きな影響を与えた功績は、今も燦然と輝いていると思う。
 フレッシュと題した、73年6枚目の作品ではベーシストのラリー・グラハムが
 退団した為に、サウンド面でも岐路に立った事を感じさせる。

 初期の強烈なビートは影を潜め、やや輝きが陰り始めた印象を持たれてしまうと
 思いますが、緻密に構築されたアンサンブルの素晴らしさは流石です。


 新年を迎え、フレッシュな気分で聞いて下さい。決して派手さは有りませんが
 密度の濃いサウンドは今聞いても古さを感じません。

 まずは、シングルカット曲から。

      Sly and The Family Stone- If you want me to stay
                    https://youtu.be/TdorgC9qUkI




 細かく切れ込むブラスとハイハットに、ラリー・グラハムのベースが絡まないと
 全体に厚みが欠けた印象なのは否めないでしょうか。しかし、その事でスライの
 個性が強く反映された面も有りそうです。

      Let Me Have It All - Sly Stone
               https://youtu.be/QQpqDw1nBtw




 この曲では、ラリー・グラハムのベースが聞けました。意外なスタンダード曲を
 唄っていますが、スライの手にかかると全くの別曲に仕上がっていました。

      Sly and The Family Stone "Que Sera Que Sera
                    (Whatever Will Be Will Be)"
                 https://youtu.be/_Son_p6sPeI



 初期のサウンドほどの強烈さは有りませんが、緻密に組み上げられたサウンドは
 じんわりと良さが伝わって来そうです。明日は、神社にお参りに行くかな。



      Blues Jam In Chicago
               Fleetwood Mac

イメージ 1


 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 年末のTVと言えば昔は紅白を見ていましたが、近年は見る気にも成らずでした。

 今年は少しぐらいは見ようかと思いTVの音は消して、久し振りにホワイト・
 アルバムを聞いて居ます♪あ〜、椎名さんとユーミン以降は少し聞きましたが
 宮本さんが大暴れでしたね(笑)


 此処から少し、オーディオの話なので興味の無い方はスルーで。

 アンプにCDプレイヤーの光ケーブルを繋ぎ、ダイレクトにアンプのDACを
 通した音は本当にリアルで、ノイズに埋もれアナログでは気付かない微細な音も
 浮かび上がる様に聞こえて来ます。そして、アナログ以上の滑らかさは驚きです。

 これは、マスターテープを回して聞いて居る感覚に近くて、デジタル特有の硬さ
 や粉っぽい感じは全く有りませんし、柔らかさはアナログ音にしか聞こえません。

 ある程度のグレイドを持ったDAC回路が付いたアンプを所有されていたら
 是非一度試して下さい。アンプとの相性も有りますが、お勧めします♪



 大晦日と言う事で、まだパッケージを開けていなかった、このCDを聞きながら
 今夜は、鍋焼き天ぷらそばを作って頂きました。


イメージ 2


 これはピーター・グリーン時代のフリートウッド・マックがアメリカでツアーを
 行った時に、本場シカゴのブルースマンとのセッションを記録した音源です。

 ピアノのオーティス・スパンを始めウィリー・ディクソン等が参加していました。

 ラフなセッションを切り取った様なサウンドでしたが、結構楽しめました。
 新年の挨拶代わりに、やや地味ですが味わい深いブルースロックを。

 当時19歳のダニー・カーワンが書いた曲から。歌はピーター・グリーン。

    Fleetwood Mac - Like It This Way, from Blues Jam In Chicago
                 https://youtu.be/rVLC2B9WsUo




 Walter "Shakey" Hortonのブルースハープが渋い。正面からブルースマンと
 ジャムセッションが出来たのは、英国では稀な存在だったでしょうか。
 ヴォーカル&ハープのウォルター・ホートンが書いた曲です。

      Big Walter Horton & Peter Green's Fleetwood Mac ~
             ''Have A Good Time''&''Rock Me Baby'' 1969
                https://youtu.be/EEnuBp3ca6Q




 次は、ややポップなカール・パーキンスのロックナンバー。

       Fleetwood Mac - Homework (HD)
                 https://youtu.be/1NM2_3sWWoc




 締めは、ピーター・グリーンの泣きのブルースギターが暴れています。

      Peter Green's Fleetwood Mac - Sugar Mama  
                 https://youtu.be/ZYKV3Yy1ZuI





 新年早々に渋過ぎるブルースロックから始まりましたが、次はポップなモノで
 行くつもりでは居ます。多分ですが。


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事