全体表示

[ リスト ]

2018年5月20日(日)
鈴鹿セブンマウンテンのひとつ「釈迦ヶ岳」を友人達と登って来ました。
ちなみに、釈迦の寝姿に似ていることから「釈迦ヶ岳」と名付けられたと云われています。

肌寒い日曜日の朝8時に、三重県の朝明(あさけ)登山口前の駐車場に到着。
70台程度停めれる駐車場はもう少しで満車という盛況ぶりで、多くの人が登山準備をしていました。
(駐車料金は500円)
イメージ 1
朝明登山口横のバス乗り場

今回使用するのは、朝明登山口から中尾根新道です。イメージ 2
登山口からしばらく歩くと、滝の見れる川沿いの「庵座谷コース」と「中尾根新道コース」の分岐点があります。
川沿いの庵座谷コースを行く方の中には、クライミングロープを背負っている人も見えます。

イメージ 3
中尾根新道は、ほとんど木々にさえぎられて途中まで展望は良くありません。

イメージ 4
標高800mを越えたあたりから展望が良くなってきます。(見えるのは四日市から伊勢湾)

イメージ 5
南側の御在所岳も良く見えます。

イメージ 6
大蔭のガレ


イメージ 7
釈迦ヶ岳最高点の1097.1mですが、三角点のある山頂まではあと少し。

イメージ 8
景色の良い緩やかな尾根をしばらく歩いて・・・

イメージ 9
釈迦ヶ岳山頂1092.2mに10時45分到着。

山頂付近はチョット狭いので、少し戻って展望の良い場所にて昼休憩にします。


当初の予定では、猫岳から羽鳥峰峠を通って下山でしたが、友人の滝が見たい!という要望で急きょ変更。
最高点の場所から少し先にある「庵座谷コース」から下山します。
イメージ 10
こちらのコースは急斜面で、慎重に降ります。一応備え付けのロープがありますが、過信は禁物。(なんせ野ざらし放置ですから)

イメージ 11
急斜面は尾根から降りる時と、滝の横を通過する所にもあります。

イメージ 12
三段の滝

イメージ 13
見応えのある落差40mの庵座滝(あんざたき)

庵座滝のような落差のある滝は、ここら辺ではあまり見かけないのでほんと感動しました。
この後は、何度も川を横切ったりしながら沢沿いを歩き、最初の分岐点を通過して13時40分には駐車場に到着。

最近はぬるめの山歩きばかりだったので、庵座谷コースみたいなのはとても楽しめて良かったです。
次回は庵座谷コースを登りで使って、猫岳から周回ルートですかね。(^-^)



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事