ここから本文です
最近、QC3.0対応のUSB充電器が増えて来ましたねぇ、[TRUSTFIRE]や[XTAR]等。

書庫全体表示

昨年入手したのですが、なかなかブログに紹介出来てなくて一先ず簡単に一部の画像とUI図を。


イメージ 1

ヘッド径45mm。

本体色がなかなか渋い色ですが、この色は何色と言ったら良いのか? コヨーテとは違うのかなぁ?

搭載LEDは[CREE]XP-L HI、光色CW(COOL WHITE)、色温度6500-7000K(V2-1A)、リフレクターはスムースリフレクター、電池は18650リチウムイオン充電池専用、リバースクリッキースイッチ。

オークション出品の新品で、落札価格は2000円、なかなかお買い得でした。

切削加工が、かなり良い印象です。


イメージ 2

UIと設定方法。

取扱説明書は付属せず、出品説明に有った操作説明とUI図をコピーしておいて、それを見て設定します。

複数の設定が同時に替わるので、きめ細かな設定は出来ませんが、まとめて調光段階や調光方向(昇降)、点滅の有無や点滅の種類が替わるので、その辺の扱い易さは有ります。

設定は一先ず1番にしていますが、どれも良く考えて有り、各パターンでの光束値設定も使い易い印象です。

例えば最大出力を50%に制限して有るパターンなんかは、必要最小限ながら暗過ぎない1段目の明るさから始まるナローレンジの3段階で変化量を抑えつつも、ドン!と明るい4段目は、他の5段階調光の35%よりも明るく、しかし100%までは上げない、モードメモリー無効にしておけば、点灯状態から長押しで、どのモードからでも、より明るいモードや点滅を経由せずに直接1段目に引き返す事も可能・・実に良く出来ています。

モードメモリーは単独で有無の設定が出来るのがとても便利ですし、より豊かな使いこなしが可能になっています。

モードメモリーは、消灯直前のモードを記憶します、点滅モードも全ての点滅を記憶します。


【設定方法】

点灯中に半押し10回すると、直後に1回目の点滅(1回点滅した後に高速点滅 )が有り、次に2回目の点滅(2回目点滅した後に高速点滅)が有ります。

調光パターン変更は、1回目の点滅の高速点滅中に長めの半押し(3秒程度)をしてスイッチから手を放すと、次は設定番号と同じ数の点滅が1回〜12回まで順に有るので、希望する点滅を確認したら、長めの半押し(3秒程度)をしてスイッチから手を放すと終了。

モードメモリー有無の変更は、2回目の点滅の高速点滅中に長めの半押し(3秒程度)をしてスイッチから手を放すと終了。


出力100%時の光束は1200±100lm程度だったかと思います。

一旦消灯からの調光判定時間が1秒程しか無いので、有段階調光サイクルでは長押し2秒程度してスイッチリリースすれば確実に最初の段階に戻るので使い易く、特に調光サイクル後半に点滅系が有る場合は便利。


イメージ 3

出力100%で照射。

河原より少し高い位置に立ち、頭上から下方向を狙っています。

スポット周りにモヤっした帯域が少ない狭い中心光。


イメージ 4

出力100%で照射。

対岸の河川敷に光が到達しています(河川敷の手前位置で距離200m程度)。



色温度がもう少し低いと更に好みで
す、色温度6500-7000Kとの事ですが、近距離では目に刺激が強い印象。

5000Kくらいならベストかも。

この機種は色温度設定が3種類は有ったと思いますが、出品はCW(COOL WHITE)のみの繰り返し出品物件でした。

ヘッドキャップは手で回すと外れるので、散光フィルターやカラーフィルターも組み込めます。


.

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事