ここから本文です
最近、QC3.0対応のUSB充電器が増えて来ましたねぇ、[TRUSTFIRE]や[XTAR]等。

書庫全体表示

記事検索
検索

全278ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

TRUSTFIRE T3 〜 確認中

取扱説明書は英語と中国語で、かなりざっくりとしたもの。

かなり個性的で難解なUIに苦戦しましたが、自分なりに理解した気にはなっています。


イメージ 1

外観は典型的な範囲かと。


イメージ 2

[TRUSTFIRE]18650/3000mAh、[TRUSTFIRE]IMR14650/1000mAh、CR123A×2本等でテスト。

[TRUSTFIRE]18650 USB充電式 も確認しましたが、18650/3000mAh よりも全長が少し長いので、使えない可能性が有ります。


イメージ 3

画像左側は、ヘッド径25,4mmながら握り部分は少し細めの[ATACTICAL]A1、画像右側の[TRUSTFIRE]T3 は更にスリムで全長も短く、なかなかのコンパクトぶり。


ツイストスイッチ + プッシュスイッチによる操作ですが、今までの常識が通用しません。

点灯してから、ヘッドを回しても元の調光を維持(なぬっ!)。

更に、ヘッドを締め込んだ側が〔Turbo〕モード専用なのは他の多くのモデルと同じですが、ヘッドを緩めた側にも〔Turbo〕モードが存在します(!)。

ヘッドを緩めた側は、〔Low〕→〔High〕→〔Turbo〕→〔Strobe〕→〔SOS〕⇒繰り返し。

モードメモリー機能が有り、5秒以上点灯または点滅を維持したらスイッチを切るとメモリーされ、消灯して直ぐにスイッチを入れてもモード変更せずにメモリーされたモードが起動・・・これも変わっています。

つまり、確実なモードメモリー維持には5秒+余分2秒程度は点灯または点滅させる必要が有る訳です、直ぐに消灯してはいけない。

その代わりと言うか、消灯してから直ぐに点灯しても良い。

そして、面白いところも有るのです。

それは、〔Turbo〕と〔Strobe〕重視のUIだと理解しました。

説明が面倒になって来たので(笑)、これ以上の説明はレビューの時に行いたいと思います。

これは出品説明で事前に丁寧な説明を行っておかないと、ユーザーからの理解を得難いかも知れません。



気になる点が3点有り、[TRUSTFIRE]さんに伝えました。

現在、その内容は技術部門で検討されている様です。

より使い易くなる事を期待しています。



.

Amazonだと1180円、楽天市場は1280円ですが、楽天市場に出店した記念で500円割引クーポンが出ていて送料も無料。

惹かれます(笑)。

https://r10.to/hvagbi

但し、気になるのが〔Medium〕スタートで、キーチェーンライトでは珍しい〔Medium〕→〔Low〕→〔High〕の繰り返しと言うステップダウン調光が曲者。

以前、EDC01 の旧型にあたる WORM(アルミニウム版) を頂いて使った時には大混乱しました。

〔Medium〕から下って〔Low〕、上がって〔High〕、下って〔Medium〕、下って〔Low〕・・・

WORM から全長は短くなり、ヘッドの滑り止めは機能する様になり(WORM は片手操作が絶望的でしたが、片手操作可能になったと想像しています)、レンズはディフューザーになり散光(明るさムラと色ムラも減少していると想像ています)、紐通し穴も大きくなり、ランタン用のシリコンカバーまで付属するのは全て歓迎♪

LEDが[CREE]XP-G2からXP-G3になったのは素直に喜んで良いのか分かりませんが・・・。

テールスタンド可能なのもポイント高いです。

複数のEDCライトの大半を、モードメモリー無しの〔Low〕スタート仕様に統一しようかと考えているので、そんな中に EDC01 が入ると混乱するのかなぁ・・・?


【送料無料・五年保証】+LUMINTOP+EDC01+キーライト+LED懐中電灯+最大120ルーメン+実用点灯36時間+3モード+IPX8防水+1.5M耐衝撃+単4電池対応+【日本国内倉庫発送】

https://r10.to/hvagbi



.

新製品。

Fritz15、TLF、BLFによて設計されたとの事。

イメージ 1

18650、3眼、テールスイッチ、2800lm・・・。

かなりマニアックなモデルに違い無い。


.

密かに気になっています。


イメージ 1

各スロットの情報を同時表示!

放電機能を組み合わせた容量測定や長期保管の為の適切な放電機能も魅力に感じています。

現在、充電池は増え続けていて、かなりの本数になりました。

そうなると、使わない充電池や使用頻度の低い充電池も増えて来ましたし、充電池のレビューも有ったりして充電池の放電容量も測定してみたいし、単に容量確認もしてみたい事も有ります。

それ等の機能は何箇所のスロットで使えるのかは未調査、せめて2スロット以上で使えたら良いのですが・・・。

あとは内部抵抗を測定して充電電流が自動的に決められる様ですが、どれくらいの精度なのか気になるところです。

また、ちょっとした端子の汚れにより、それらが直接大きく影響してしまう様ではシビア過ぎて困ります。

それと、誤認されて過充電になる事はないのか?


http://www.xtar.cc



.

全278ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事