全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

思いつきで

久しぶりに扉を開いて見た自由日誌

イメージ 1

会費の請求かなーとおもいつつ
開いた エ、ア、メー、ル、、、

そこには夢の国の出来事が。。

2018speedweekはレコード連発
motorcycleだけで60以上 車も合わせると160くらいのレコード樹立!
時間と距離を飛び越えマインドワープ。

team38 H2も209.442でレコード!
グレートでワンダフルワンダフルモーメント松崎しげるだったことでしょう。
実りの時、かたまった塩 またいつかそんな日が来ることを願いつつ。





イメージ 2
宇宙的な 純正塗り分けの
段差がきになる木

なくても良さそうな塗り分けがなければ 研ぎ上げる手間は不要でしたが。
研ぎます。
エッジの溜まりも 研ぎます。 どうせ溜まるにしても
諦めたらそこでゲームセットですとかなんとか

イメージ 3

たくさんあると 意外と手こずるルーシー ノリー



イメージ 4

動力パイプ内蔵型。
旧型か、、

いや 
最新型のようだ、、、




イメージ 5

懐かしのフォルム 




地に足ついてきたかな

この記事に

FAT

ロングタイイムノーシー アイムファイン。。

改良強化新型FAT WORK PANTS
企画中
イメージ 1
イメージ 2






イメージ 3

上がSLIM  下がFAT

イメージ 4



イメージ 5


カルシウムとかビタミンとか笑劇のクラッシュ2018とか 手伝ってくれたり助けてくれたり励ましてくれた人々の事も 書かなければと。。
がしかし時は誰も待ってはくれません。




イメージ 6
コマンドーが現れて 
東京owlsが 蘇ろうとしている
新型FATは 近いうちに こちらで買えるかも




RODS DESIGN
電話番号が変わりました。
043-377 7080
 
HPも試作中


ではーまたそのうちに。






この記事に

70's MAP 2017


やれることはやったから
明日は軽く1本走って帰ろうということになり
我々は眠りについた。


夜更けに目が覚めてからどうにも寝付けない

 頭の中を 思いが巡る


窓から見える 東の空は紫がかっていて その果てはうっすら白み始めてきた。


 最後の夜景でも見ておこうと思い ベッドを出て

裏の非常口に向かう。


   ドアを開けると!

ビュービューと!!

風が吹いているではないか!!!



風向きは??、、、


、、、、追い風だ!


わたしはみんなを起こして出発の準備を始めた。。。。


イメージ 1

*****************







思えば
ずいぶん長いこと勘違いをしていたようだ


勘違いでもしていないと、できないこともあるけどね。




イメージ 2



イメージ 3




関わっていただいた皆様
今年もありがとうございました

良いお年をお迎えくださいませ







この記事に

ハレローや

イメージ 1
ご無沙汰しています。


2デイズってどんなだろう

どうにも こうにも そわそわ  しますよね




Zを走らせられなくてスミマセん


皆の衆の幸運をお祈りいたします


ハレロや!


この記事に

イメージ 3





夕暮れ間近
夢見た大地に着くと 雨が降ったんだろうか 水たまりができていた。
がガーン。。
少し泣きそうになった。。
ただ その場にいた人々は準備を進めていた。

今後 これ以上降らなければ、走れない事はないらしい。
グッドスマイルのナイスガイが言っていた。
雨降るかな?と聞くと
指をペロッと舐めて風にかざして言う。
ummm わからん。。

このゲームをする人たちに聞いてはいけない事。

天気の事。




イメージ 5


ゲートクローズが迫っていたのでまた翌日。







ホテルの駐車場でセットアップ。
状況を見て レインタイヤに換装。
ステップ位置変更。
フォークスプリング変更。
増し締めチェック。

イメージ 1










翌日、車検を済ませ手続き完了。
そこで、用意していたガソリンが使えない事が判明。
準備段階でSCTAに問い合わせて 画像まで送って確認していたにもかかわらず。。。

そんなこんながあって
行ってみてはじめてわかった事ばかり

結局のところ 現地に行って
走ってみなければ始まらないという事。

ただ
現場の空気はとてもフレンドリー。
感謝感激でした。

なんだかんだの困難をみんなで克服して
どうにか走れるように。
感謝感謝。

イメージ 2


初めて走るボンネビルは
とてもとてもバンピーでスリッピー。
まっすぐ走らせる事だけで俺のキャパシティのほぼ全てを使い切り、
計器類も正確に確認できず、
なので回転数も保てず 
自信をなくしかけたのは事実。
それでも皆で知恵を出し合い
速度制限のライセンスを一つづつクリアしていって
2日目には200マイルを超えてもOK!のライセンスにたどり着いた。


最終日。
というか我々が帰る日、、だな。

13回目の走行
その日までの走行回数だけは1番だったと思う。
よくぶっ壊れないもんだと思った。



最後の走行なので、イチかバチかのサスセットにしてロングコースに出た。
ただし
この日に もし記録が出たとしても 1日車両保管して
翌日もう一度 記録越えで走らなければ記録として残らないので、
実質、記録はもう望めない。



ラストラン
今までより喰ってる感触 
スピードの乗りもいい
2マイル地点を越えて
タコメーターの針は12000を超え
ユーラユラー
上がったり下がったり
。。


12500近くに上昇したのは見た。。。
でてるのかな?と一瞬思ったんだが、、
速度感的には??
スリップ率高めなのか?

トップギア?だよな??
.
.
.
.
.




5マイル地点を過ぎ スロットルをじんわり戻す。

まさか??とおもいつつ、、
恐る恐るシフトペダルを踏むと、、、、

ガチャリ!

.........................................................................

なんと
4速だったというオチでした。

俺は完全に飲まれてしまっていたわけだな。。





 



イメージ 4

Z1326cc 
BLUETHUNDERスペシャルと
手を貸してくれた皆の衆
気にしていてくれた皆の衆
何より一緒に旅した皆の衆
くそまじさんくすっつうか

心の底から
ありがとうございました。




日記を書く事で
自分の中で消化できたようなきがします。

...........








さて
先に進む事にしよう

俺たちのあしたはきっと海の向こう
白い大地のその先にある 


この記事に

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事